インソースが考える「奥の手・猫の手」

代表の舟橋より ~すべての管理職に絶対必要な4スキル

代表の舟橋より ~すべての管理職に絶対必要な4スキル

先般、経営者としての4つの基礎能力について書きました。今回は、あまねく管理者に必要な、職務遂行の前提となる4つの実務能力についてお話します。

当然ながら、管理者としてこの4つのスキルは大前提です。これだけできれば平時の組織リーダーは充分務まるといえます。しかし実際は、これらのスキルはなかなか教わる機会が少なく、自己研鑽に委ねられています。

昇格し、管理者となった人には、これらの基礎能力は十分にあるというご意見もあるかと思いますが、弊社は、役職に就くことはゴールではなく"スタートライン"と考えております。

管理者として正しいスタートラインに立ち、大きく成長するためには、これら4つの実務能力を意識して鍛えていく必要があるのです。

【管理者としての4つの実務能力】

  • 1.ミッション構築力
  • 2.人材育成・マネジメント力
  • 3.業務マネジメント力
  • 4.業務リスク管理能力

1.ミッション構築力~目標をブレイクダウンする力

経営陣が示したビジョンを、自部門を取り巻く環境を踏まえて理解し、組織から何を求められているのか、具体的に何をするべきなのか、を部下に説明できることです。その上で、自部門の目標を高い目線で設定し、その達成に向けて具体的な施策を立案する。これがミッション構築力です。

2.人材育成・マネジメント力~ゼロから組織を作る力

言い換えると、チームメンバーが突然入れ替わっても、すぐに戦力化できる力です。最近、部下育成について"レベルが上がっているのに育てきれない"というお悩みを耳にします。自部門の人員構成と各メンバーに求められる役割を明らかにし、適切な目標を示しながら部下を計画的に育成することが大切です。
【部下指導(OJT研修)】

3.業務マネジメント力~改善できる力

職場の業務推進リーダーである管理者には、業務改善力が求められます。業務のあり方を見直し、着手すべき課題は何か、を見極め、徹底して推進するために、効率的かつ効果的に業務を進める手法を身につける必要があります。
【業務改善研修】

4.業務リスク管理能力~リスクを洗い出し対策できる力

リスクを洗い出し、優先順位をつけて対策を立てられる力が業務リスク管理能力といえます。さらに管理者には、自部門にリスク管理を徹底することも求められます。
【リスクマネジメント研修】

◎強い管理者となる4つの基礎能力を習得するにはこちらが最適です。特に新任の管理者候補におすすめします。
【段取り研修】

◎そもそもの研修体系を見直しされるという方には、こちらの無料セミナーをどうぞ!
【階層別研修体系再構築セミナー】

★次回は、優秀なビジネスパーソンとしての4つの基礎力についてお話します。


インソースフォーラム2019 全国7都市で開催決定!

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報