loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

リスクマネジメント研修

リスクマネジメント研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

脅威(ピンチ)と好機(チャンス)のリスクマネジメント

リスクマネジメントとは、リスクを組織的に管理し、調整を図る活動やプロセスのことを言います。この場合のリスクは、マイナスの影響をもたらすもの(=脅威)と、プラスの影響をもたらすもの(=好機)のいずれも対象とするものですが、一般的には、組織の損失を回避または低減する施策としてのマネジメントを指すことが多いです。

近年、コロナ禍による社会の大きな変化、AI・人工知能などの技術革新、社会が企業に求める価値の変化などにより、リスクの種類や顕在化した際の影響度、必要な対策レベルなども、どんどん変わってきています。リスクマネジメントは、これら状況に応じてアップデートされていくべきものであり、組織や部署を牽引するマネージャーは、日々変化に適応し続けていくことが求められています。

インソースのリスクマネジメント研修では、リスクマネジメントのプロセスを「顕在化前」と「顕在化後」に分け、それぞれ、具体的に何をどこまで行うかを考えていただきます。また、先述の好機に関するリスクについて詳しく言及する研修もございます。リスクマネジメントの第一要件は、リスクに気付くことができるようになることではありますが、実際に現場で動けるようにならなければ、効果は0に等しいです。そのため、皆さまには、組織や自分の状況を踏まえて、研修後に具体的に実施することを決めて、持ち帰っていただくことを特に重視しています。


リスクマネジメント研修のポイント

インソースのリスクマネジメント関連研修の最大の特徴は、研修時間の半分を占める豊富な演習です。標準的なリスクマネジメント研修を中心に、演習の特徴は以下の3点です。

これ以上は出ない!というほどリスクを洗い出す

リスクの洗い出しワークでは、実際に自分が所属する組織のリスクに対し、6つの視点から徹底的にアプローチします。これ以上は出ない!というところまでリスクを洗い出します。

対応の方向性(優先順位・対応方針)を理解する

洗い出したリスクを評価し、優先順位をつける、対応方針を決めるなど、判断軸や方針の種類を理解することも必要です。ワークを通じて実践することで、理解を深めていただきます。

リスク対策を立て、リスクに対処する

所属する組織のリスクを洗い出したら、「リスク対策会議」を演習で行います。現状を正確に捉え、周囲を巻き込み、確実に実行できるリスク対策の企画書をグループで作成していただきます。洗い出したリスクについては、コストやスケジュールまで、具体的に打つべき対処方法を考えます。

行政におけるリスクマネジメント

また、行政(自治体・官公庁)に向けた研修では、以下の3点をポイントに考えております。

予防的リスクマネジメント

自治体におけるリスクは、マイナスの影響をもたらす脅威に対するリスクが中心です。組織での共通リスクについては、リスクの分析・評価などの分類がされていることがほとんどで、これを研修などで取り上げ、浸透させていく施策を取ります。

インソースの研修では、受講者の皆さまにも、リスクを未然に防止するために考えうるリスクをひたすらに洗い出し、対策の優先順位をつけていただきます。リスクを察知する感度を高め、また部署レベルでのリスクマネジメントレベルを向上させていきます。

クライシスマネジメント(危機管理)

予防策の策定が中心となる「予防的リスクマネジメント」とは異なり、クライシスマネジメントはリスクが顕在化した時の対応策の策定が中心となります。ここでは、二次被害の発生など損失の拡大を防止し、被害を最小化することが目標となります。この段階では人命の救助や安全確保といった道徳・倫理、法令を踏まえた行動が最優先されます。その次に考えるべきことが、復旧の早期化を図る対策です。

研修では、不測の事態に直面した時に迅速に対応するための対策や行動マニュアル、さらに平時からの周知と訓練など、個人やチームで具体的に考えていただきます。

事業継続マネジメント(自治体における業務継続)

災害復旧(DR:Disaster Recovery)から発展してきたものが、事業継続(Business Continuity)です。コンピュータ西暦2000年問題や9.11同時多発テロがきっかけとなり、コロナ禍でもこの問題は発生しました。

災害・危機発生時、システム始め自治体組織や企業の重要業務を中断なく継続させるため(中断した場合は迅速に復旧させるため)の枠組みが事業継続計画(BCP: Business Continuity Plan)です。

リスク対策企画書の策定をいただくワークも準備しております。


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

リスクマネジメント研修のおすすめプラン

2年間で全社員のコンプライアンス意識を刷新するプラン

1年目は管理職の意識改革・体制づくりから始め、変革の土台をつくる。そして2年目に全社員への教育を階層別教育やeラーニングで 一気に行い、組織風土全体を変革していく

リスク管理のレベルを向上させタフな組織をつくるプラン

主に管理職を中心として、今の時代にそれぞれの立場で必要な「リスクマネジメントスキル」を習得してもらい、全社のリスク管理レベルの向上や業績の拡大、安定を目指す

コンプライアンス遵守・ハラスメント防止の職場改善プラン

全4回で管理職と一般職でコンプライアンス遵守とハラスメント防止が守られる職場づくりを目指す。それぞれ、リスク管理や気持ちの持ち方などの内容も踏まえて研修を行う

リスクマネジメント研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!