インソースが考える「奥の手・猫の手」

インソースの「テキスト」の特徴―お客様に合わせたリアルな内容で作成

インソースの「テキスト」の特徴―お客さまに合わせたリアルな内容で作成

先日、お客さまからテキストについてお褒めの言葉をいただきました。「インソースさんは外部の会社なのに、うちの実情を知っているかのようなテキストを作りますね」。これを聞いたとき、本当に嬉しい気持ちになりました。まさに、このようなこういうテキストを目指して作っているんです!!

 

事前課題を分析して作っている

研修当日の2~3週間前に、受講者の皆さまに「事前課題」をご協力をいただきます。事前課題には、お客さまのお悩みを200字程度で具体的にお書きいただきます。ここで、受講者の真のニーズを把握し、必要なことはテキストに盛り込むように調整しています。具体例を挙げますと、わかりやすいのは「タイムマネジメント研修」です。「タイムマネジメント研修」に対して、関係者は三者三様のニーズを持っています。

  • 人事部は「残業削減」させたい
  • 受講者は「今の仕事の悩み解消」したい
  • 研修会社は「時間管理手法」を講義したい

 

このような場合に、実際に受講する皆さまがどのようなニーズをお持ちなのか、事前課題で明らかにします。この回答を整理すると、受講者の皆さまには「事前準備」や「優先順位づけ」のほかに、「判断力」や「トラブル対応力」「調整交渉力」についてニーズがあることがわかります。

テキストが受講者のニーズに合っているかどうか、また研修ご担当者さまのねらいに合っているかどうか、必要あればテキストを調整する形で、1件1件確認をしながら作成しています(もっと詳しくはこちらをご覧ください。→事前課題をテキストに反映させた「業務改善研修」の例)。

 

業界の特性を踏まえて作っている

テーマは同じ研修でも、業界によって異なること、ご存知でしたでしょうか? わかりやすいのは、特に「営業研修」や「クレーム対応研修」などです。当社では、この違いを大切に受け止め、一社一社のお客さまに合うように確認をしながら作成しています。当社の社員は様々な業界出身者が揃っているため、業界の特性も理解しています(ご担当者さま向け無料セミナーにて、テキストを約50冊ご用意し、自由にご覧いただけるようにしています)。

企画開発部のメンバー紹介

 

ちなみに、テキストを作成している「企画開発部」のご紹介

テキストの特徴をご理解いただいたところで、作成者をご紹介いたします。テキストは、インソースにある5つの部署(営業部・企画開発部・業務部・教務部・管理部)のうち、「企画開発部」が作っています。正直、ちょっとコワイ部署です。

何がコワイかといいますと、毎日パソコンに向って黙々と(集中して)仕事をしていることです。そして、物凄く頭が良いことです。文章を書かせたら「質」が違います。私(入社3年目中島)が営業だった頃は、よく相談に行きました。話し下手な私が、断片的な言葉で話をしても、何を言いたいのか、すぐにわかってくれます。そして、解決策もぱっと提案してくれます。どちらかというと、静かな感じの人たちが集まっているでしょうか。皆、すごく優しいです。仕事を抱えて忙しいときや、行き詰っている時は迷惑になりそうなので、話しかけるタイミングには気を遣います。

 

この後は、もっと具体的にテキストそのものの特徴をお伝えいたします。

 

テキストの全体的な特徴は?~具体的・充実・盛りだくさん

インソースのテキストに対して、多くいただく褒め言葉は「かゆいところに手が届く」です。理由は、全体的に詳細で具体的、かつ盛りだくさんであり、充実しているから、と言われます。当社のテキストはWordで作成しており、1日間研修の場合35~40ページに渡ります。

 

職場で使っていただけるテキスト

「研修の場で使用するための資料」であれば、もっと簡潔でも良いと思うのですが、それよりは、「研修終了後に参考にしていただくための資料」という考えで作成しているので、自然と充実してきてしまうのです。とはいえ、多すぎると、研修に対するモチベーションを下げますので、研修で触れられる分の量を、できるだけ濃い中身でご提供しております。

 

テキストの具体的な特徴は?~入り込みやすく・理解しやすく・実践しやすい

上の考え方を踏まえ、以下のように「計算して」作っています。

1.研修自体に入り込みやすい作りになっている

研修時間や講義とのバランスを細かく計算してワークを入れています。また、冒頭で概要を説明し、その後、具体的な内容を盛り込んでいたり、抽象的な講義の後は具体的な事例を用いたりしています。これらの細かい仕掛けで、研修自体が盛り上がりやすく、受講者が入り込みやすいテキストになっています。

2.理解しやすい作りになっている

「この章の重要ポイント」「必ず行うべき3点」などのポイントを列挙する、ノウハウ・コツをお伝えする、わかりにくい事柄は丁寧に解説する、事例をつける、などの工夫から、研修の場で腹落ちできるテキストになっています。

3.終わってからも活用してもらえる作りになっている

何ができたら“○(マル)”なのか、到達目標を具体的な数値や行動で記載しています。また、職場で“できていること・いないこと”や“やるべきこと・してはいけない行動”などをチェックリストで記載しています。最後は持ち帰れる目標設定や宣言をおこない、研修後に職場で実践できるような仕掛けを作っています。

 

テキストのノウハウ、ご覧いただけます

ご担当者さま向け無料セミナーにて、テキストを約50冊ご用意し、自由にご覧いただけるようにしています。ぜひ見にいらしてください。 また、インソースのテキスト作成ノウハウを多く盛り込んだ、「社内研修テキスト作成研修」という講座もございます。
■【公開講座】社内テキスト作成研修
■「仕事の考え方」から理解させる研修テキストの製作法
(『月刊 人事マネジメント2009年9月号』掲載)

■研修内製化のお悩み相談(6)「研修テキストの作り方」

 


お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報