loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

タイムマネジメント研修

タイムマネジメント研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

時間の使い方を見直し、「業務」や「行動」を変える

働き方改革により、生産性向上や残業削減が求められる中、コロナ禍をきっかけに一気に拡大したテレワークの導入により、決められた時間内で、主体的に業務に取り組み、成果を出すことがこれまで以上に期待されています。

タイムマネジメントときくと、魔法のような時短テクニックを期待しますが、時間そのものは増やしたり延ばしたりすることはできません。コントロールすべきは、時間ではなく「仕事」なのです。限られた時間の中で成果を最大限にするために、メンバー向け研修では自身の時間の使い方を分析し、個々の具体的なスキルアップを図るプログラム、管理職向けにはメンバーそれぞれの力を最大化する業務配分やシステムの導入などの仕組みづくりの力を身につけるプログラムをご提案します。

その他、リモートワーク下で相手の姿が見えない中での進捗管理を学ぶ研修、タイムマネジメントに効果のあるオペレーションミスを防止する研修、総務・人事の業務を代行するサービスなど、お客さまの組織内のお悩みをヒアリングし、様々な角度から最適なソリューションをご紹介可能です。


タイムマネジメント研修のポイント

演習で自身のワークスタイルを知る

まずは「スケジュールの見える化」や「仕事の洗い出し」を行い、自身のワークスタイルを振り返ります。突発的に発生するものばかりを処理している場合、そもそもその発生を抑制する工夫が必要であるとか、ミスによる手戻りが多い場合には、ミスを起こしにくい業務手順を考えるべきではないかといった個人ごとの課題を洗い出します。仕事にかかる必要時間をできるだけ短く、かつ、自分のパフォーマンスを最大限に発揮にする意識の醸成を図ります。

仕事の進め方のフレームワークやスキルを習得する

QCDRSや優先順位の付け方など、仕事の進め方に関する枠組みをもう一度再確認し、「事前準備」「トラブルの対処法」「コミュニケーションの取り方」などのスキルを習得します。新人・若手階層の方には、報告・連絡・相談の重要性を説き、チーム全体のリスクマネジメントに貢献する必要性を解説します。自分に与えられた業務とその進捗状況をタスクをいつでも見える化しておくことで、イレギュラー対応を可能にし、チーム全体の効率化にもつながることを学んでいただきます。

組織のタイムマネジメントをリーダーが主導する

個人のタイムマネジメントはもちろん重要ですが、その取り組みをチームや部署の垣根を越えて組織全体の最適解にまで昇華させるためには、リーダークラス以上の働きが欠かせません。既存の業務フローを疑い、廃止・撤廃に踏み切る、分業で起こるデメリットを検証するなど、抜本的な業務の改善を進めるノウハウをお伝えします。

受講者同士で知識やノウハウを共有する

研修内では受講者同士で業務を進める際に工夫している点やノウハウを共有いただきます。理想的な時間管理の概念だけではなく、すぐに現場で実践できるノウハウを持ち帰ることができるように促します。


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

タイムマネジメント研修のおすすめプラン

全階層の業務改善スキルを強化するプラン

「仕組みの改善」や「組織の変革」を目指し、役割に応じた業務改善スキルを習得する

実務のスピード向上に!レベル別OAスキル向上プラン

実務のスピード向上やミス防止で生産性を高めるために、社員のOA(Excel・PowerPoint)スキルをそれぞれのレベルや業務内容に応じて、強化する

中堅社員が生産性の高い業務を行うためのスキル強化プラン

中堅社員のスキル強化により、全社の生産性を高めることを目指す。具体的には、1年間で「業務改善力」「業務整理力」「調整力」「仕組みづくり力」などを強化していく

RPAを使った業務改善活動を社内に定着化させるプラン

一般社員、改善推進担当、RPA開発担当の3階層に分けて、各々の立場で必要なIT・RPAスキルを強化する。全社員を対象とすることで、改善活動の定着化を一気に進める

タイムマネジメント研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

【個人向けタイムマネジメントを知りたい】

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!