インソース・ビジネスレポート
グローバル・タレント育成のためのフィリピン活用について

2.(2)韓国のV字回復 -インソース・ビジネスリポート(フィリピン英語研修/語学研修レポート)-

1韓国のグローバル戦略を支えたフィリピン

(2)韓国のV字回復

前節の話は、20世紀末の現代史として、日本でも比較的良く知られているところであろう。問題は21世紀に入り、韓国企業が今日の華々しいポジショニングを築き上げた礎が、いったいどこにあったのかということだ。昔から韓国をライバルとして認めたくない日本には、残念ながらその躍進に関する研究がきわめて少ない。この点、文部科学省官僚の岩渕秀樹氏が、在韓日本大使館駐在中の取材を基に著した『韓国のグローバル人材育成力』※10は、その大きなヒントとなる。結論を先にいってしまうと、この20世紀末の国家存亡の危機が、結果的には韓国とその国民に、革命活動への起動スイッチをオンにしたと筆者も考えている。

考えてみて欲しい、アジア通貨危機以前に韓国の存在をライバルとして意識した日本人はどれほどいただろうか。90年代の日本国内のムードも、韓国を意識する以前に、現代自動車のソナタがアメリカで売られ始めた報道を聞いても、それを脅威と感じる論調はほとんどなかったと記憶する。それどころか、事情通は韓国企業の借金体質を問題にしていたし、大半の一般人はそのような状況すら知らずに過ごしていたのではないだろうか。アジア通貨危機の最中に香港に居たような筆者でも、韓国というと日本よりもはるかに露骨な内需産業保護政策の規制に守られた、貝のように堅く閉じた国というイメージしか持ち合わせていなかった。

そのような国がわずか15年余でここまで変化し、グローバルの先端を突っ走るサムスンはアップルに堂々と対峙して、世界の景色を変えようとすらしている。韓国は日本や日本企業をこれまで冷静に観察し、研究し尽くしていたようであるから、日本も韓国から謙虚に学ぶ番が回ってきていると考えるべきである。

岩渕氏の著書を読むと、2000年代以降のサムスンやLGといった韓国企業の蘇生から、その後のグローバル・マーケットでの破竹の進撃に至るまで、それらが可能となった背景の一端をうかがい知ることができる。

韓国は以前から学歴競争社会ではあったが、アジア通貨危機以降はそれがさらに激化したと思われる。格差社会が日本の比ではないといわれる原因もここにあるが、人口5千万人の国内マーケットだけでは企業は成長できず、海外に活路を求めるより他に生き残る道はなかった。英語を学ばなければならないという危機感も、背水の陣の中で必然的に芽生えたと考えられる。

現在、韓国の一流企業には英語ができなければそもそも入社はかなわない。採用プロセスにおいてTOEIC900点で足切りが実施されるといわれているが、要するにこれがエントリーするにあたっての最低要件なのである。もっとも、このような状況が急に出来上がるわけがない。アジア通貨危機の前後、韓国人の英語力は日本人と変わらず低かったのである。

  1. 岩渕秀樹『韓国のグローバル人材育成力 超競争社会の真実』講談社現代新書。

目次

ご自身の目で滞在先・学習環境を確認できます!
現地見学ツアーのご案内

レッスン内容、講師、
大都会マニラ中心部にある教室、
宿泊設備、治安、など、現地でご確認ください。

・教室、宿泊施設見学  ・体験レッスン (指導の概要、流れ、現地講師によるレッスンなど)

参考費用  ¥50,000

(渡航はお客さま手配となり、成田-マニラ間で約¥60,000~¥70,000となります。)

→お問い合わせはこちら

InfomationInformation

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください


職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修