インソース・ビジネスレポート
グローバル・タレント育成のためのフィリピン活用について

3.(2)フィリピン英語の奥深さ -インソース・ビジネスリポート(フィリピン英語研修/語学研修レポート)-

1フィリピン人の英語力とその活用

(2)フィリピン英語の奥深さ

前節では、ネイティブ以外の英語スピーカーの中で、フィリピン人の英語能力が最も高い部類に入ることを、客観的にもあきらかであることが見て取れたと思う。

実際、第2 章の韓国のケースのみならず、英語が母国語ではない欧州各国やロシア、最近では他のアジア諸国など、フィリピンへ英語学習のために訪れる外国人は、その数のみならず多様性に広がりを見せている。イギリスやスイスなどに留学するにはまだ及ばないだろうが、フィリピンのグローバル環境は確実に進化しており、単なる英語学習に留まらず、ダイバーシティの観点からもグローバル・タレント育成のための留学地として、その条件を整えつつあるといえる。

一方、ネイティブ・スピーカーの英米人などから見ると、現地語であり英語とともに公用語であるタガログ語※16が混じる通称Tagalishは理解に苦しむことも多いようだ。たとえば、コストの安いフィリピンでの英語学習が注目されていることを報じたBBCニュースを見れば、その現実が良くわかる。

この記事に付録する映像報道の動画を見ると、マニラの名門私立であるデ・ラ・サール大学工学部に留学するロシア人女子学生のインタビューや実際の講義風景などが映し出されている。インタビューではこのロシア人留学生が、他の英米圏の大学へ留学する場合と比較して、学費が4分の1程度で済むことなどを強調している。こうした面ではフィリピン留学のメリットは高そうに感じられる。

この記事に付録する映像報道の動画を見ると、マニラの名門私立であるデ・ラ・サール大学工学部に留学するロシア人女子学生のインタビューや実際の講義風景などが映し出されている。インタビューではこのロシア人留学生が、学費が他の英米圏の大学へ留学する場合と比較して、4分の1程度で済むことなどを強調している。こうした面ではフィリピン留学のメリットは高そうである。

しかし、この動画の途中ではBBCのレポーターがTagalishは理解しづらいと顔をしかめる場面もある。また、この映像には出てこないが、WEB記事のほうにはICE BLoKeと称して何かを販売している奇妙なローカル小売店の写真が掲載されている。

この記事には、上の写真についての詳しい解説がないため、以下は筆者の推測である。

おそらくIce BlockがTagalish化してこうなったものと思われる。Ice Blokeのままだと、イギリス英語なら「冷たい野郎」だが、アメリカ英語のスラングでは「冷製コカイン」と訳すことも可能だ。記事の注釈にもあるように、まさにunexpected outcome(予期せぬ結果)であろう。

さらに細かいことをいうと、「そもそも、Ice Blockとは何だ」ということである。「氷の塊」を意味しているのならBlock IceかBlock of Iceとなるが、Ice Blockが「アイスキャンディー」を意味しているのなら、通用するのはオーストラリアやニュージーランドなど南半球の話となる。「アイスキャンディー」は英米ではIce LollyやLollipopになるからだ。

よって、英国人には間違いの元が何なのかも理解できず、上述のBBCのレポーターが「外国人がここで英語を学ぶのはとても難しい」とコメントしてしまうのも理解できる。

もっとも、これはネイティブ・スピーカーの視点では当然こうなるという話であり、英語話者人口のなかでは圧倒的多数派であるノン・ネイティブ・スピーカーにとっては、大きな問題にはならないだろう。日本国内でも、初対面の津軽人と沖縄人の間で、相手に正確な意味が伝わる会話を直ちに成立させる状況は想像しがたい。同じ言語でもローカル間で壁のある例は枚挙に暇がないのである。

たとえば、アジアではビジネス英語力が最も高いイメージがあるシンガポール人でさえ、話す英語はSinglishと呼ばれる。実際、文末に付ける「lah」「leh」(日本語で「~だよ。」「~だよね。」のニュアンス)が耳に引っ掛かる。また、節操なく短縮形を好み、語尾の最終子音が良く飛ばされる独特の発音は、正直なところフィリピン人の英語よりもはるかに聞き取りにくい。筆者も米系大手銀行に勤めていたシンガポーリアンの友人とクラーク・キーで食事をしながら話していたとき、帰り間際の会話の中で出てきたCar Parkを最初は「カッパッ」としか聞き取れず、かたわらを流れるシンガポール川にも河童の伝説があるのかと真面目に勘違いした経験がある※17

しかし、この程度のことを「笑い話」だと寛容に考えられることは、グローバル・ビジネスの世界で生きていく上では必要な資質でもある。グローバル・タレントとなるためには、異物や派生物に対して違和感を持たないことが、ダイバーシティの観点からも重要だからだ。むしろ、どんなことに対しても貪欲に学ぶ姿勢が、基本的な資質として要求されていると考えるべきである。

  1. タガログ語は首都マニラを含むルソン島南部でおもに用いられている言語。憲法に定められた国語はフィリピン語 (Filipino) と呼ばれるが、実質的にタガログ語と同一と考えて良いようだ。
  2. シンガポールでは国語がマレー語、公用語が英語、中国語、タミル語と複数の言語が共存しており、それぞれの言語のなまりが融合し、Singlishとして独特の英語が話されている。シンガポール政府はこのなまりを無くすことに取り組んでおり、公共放送機関でのSinglish使用を禁止しているほどである。もっとも、TVのニュース・キャスターが話す英語が、英米圏のネイティブとは異なるとの指摘も受けている。

目次

ご自身の目で滞在先・学習環境を確認できます!
現地見学ツアーのご案内

レッスン内容、講師、
大都会マニラ中心部にある教室、
宿泊設備、治安、など、現地でご確認ください。

・教室、宿泊施設見学  ・体験レッスン (指導の概要、流れ、現地講師によるレッスンなど)

参考費用  ¥50,000

(渡航はお客さま手配となり、成田-マニラ間で約¥60,000~¥70,000となります。)

→お問い合わせはこちら

InfomationInformation

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください


職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修