インソース・ビジネスレポート
グローバル・タレント育成のためのフィリピン活用について

4.(2)現地の課題 -インソース・ビジネスリポート(フィリピン英語研修/語学研修レポート)-

4現状と課題

(2)現地の課題

現状、日本人のフィリピン英語留学はセブとマニラを中心に、既存の韓国資本系英語学校への留学が主体となっている。

これら韓国資本系の大半は、お世辞にもアコモデーションが快適とはいえず、食事の面などでも日本人には合わない要素がたくさんある。発音面でのなまりや英語の質の問題もさることながら、ビジネススキル、ナレッジやリテラシーのレベルも学校によりバラつきがあるようだ。これらはビジネス英語として学ぶ場合は本質的な問題でもあり、気になるところである。

正直なところ、日本人のニーズに自信を持って推薦できる英語学校が豊富に存在するという状況にはまだない。もちろん、多少の不便はグローバル人材育成の一環としてむしろ歓迎できるという考え方もあるが、一般的ではない。

一部に日本人留学生向けにサービスをアレンジする学校なども現れてはいる。また、日系資本の英語学校も登場し始めている。これらは始まったばかりの動きであるため、日本人を大量に受け入れる流れができていないのが現状である。

もっとも、仮に英語学習需要が本格化すればだが、今のこの状況はフィリピンでの英語教育ビジネスにあらたに参入するチャンスがまだ残っていると考えることもできる。

目次

ご自身の目で滞在先・学習環境を確認できます!
現地見学ツアーのご案内

レッスン内容、講師、
大都会マニラ中心部にある教室、
宿泊設備、治安、など、現地でご確認ください。

・教室、宿泊施設見学  ・体験レッスン (指導の概要、流れ、現地講師によるレッスンなど)

参考費用  ¥50,000

(渡航はお客さま手配となり、成田-マニラ間で約¥60,000~¥70,000となります。)

→お問い合わせはこちら

InfomationInformation

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください


職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修