新入社員 成功のヒケツ36話

ビジネスで良い関係を築くマナー・コミュニケーション

新入社員研修の成功・失敗談等々、企業や担当者様の生の声をお届けします。

<休刊中です>

教育・研修会社のインソースが、豊富な研修カリキュラムを踏まえて状況別・動作別など、シチュエーションに応じて、 実践的かつ具体的にマナー・コミュニケーションをご説明します。新入社員、若手、接客業等々、幅広い皆様に向けてお送りしています。「目の前のお客様を最優先すること」や「電話メモの取り方」など、基礎的な仕事の仕方を学んでいただける豊富な内容です。

 

サンプルマガジン

【ビジネスで良い関係を築くマナー・コミュニケーション メールマガジンサンプル】

2011/05/02
「皆さんに教えていただいたおかげです」と添える ◆Vol.150~ビジネスで良い関係を築く

■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□〓■〓□
──Vol.150─110502
─────────────────────────
  ビジネスで良い関係を築くマナー・コミュニケーション
────────────────────── 株式会社インソース提供

お世話になっております。
インソース高橋でございます。

これまでインソースにおける「節電」は「電気をつけっぱなしにしない」「エ
アコンの設定温度を○度に」程度のものでした。そして昨年のクールビズはお
客様に失礼のない程度、真夏限定で控えめに行っておりました。

でも、今年は違います!

社長自らが「節電プロジェクト」を立ち上げ、業務改善を意識した本気の「節
電」を行っております。よって去年より2ヶ月も早く「クールビズ」がスター
ト、そして今年の夏は扇風機を15台導入し、ダブルの節電効果を狙っている
そうです。

きっと皆様のオフィスでも夏の準備が始まっていらっしゃることと思います!
インソースの節電プロジェクトを是非参考にしてくださいね!
https://www.insource.co.jp/contents/setsuden0.html

★ツイッターでリアルタイムの情報をお届けしています!!
http://twitter.com/webinsource


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01 やり過ぎぐらいでちょうどいい!印象に残るビジネスマナー+α
【場面19】
 ほめられたときの対応~「皆さんに教えていただいたおかげです」と添える 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

ビジネスコミュニケーションにおける「やりすぎ」とは、何を伝えるにしても、
常に「相手をよい気持ちにさせる」ことです。よってコミュニケーションをと
る相手のタイプ、状況によって、注意すべきポイントも変えていかなければい
けません。

【大前提】
対お客様:常に相手をたてて恥をかかせない/指摘しない
対上司:何を言われてもムッとせず素直に受け止める
対同僚:後輩:公私混同をしない

このシリーズでは、いろいろなシーン別に、レベルに合わせた動き方をお教え
いたします。自分がどこまでできているか確認してみてください。自分は周り
よりがんばる必要があると思う人は、周りより気をつけるべきことも多いもの
です。


■今日のテーマ
 ほめられたときの対応~「皆さんに教えていただいたおかげです」と添える 
------------------------------------------------------------------------
レベル1:ビジネスパーソンとして気をつけるべき事項(当たり前)
レベル2:普通より頑張る必要があると思う人が気をつけるべき事項
------------------------------------------------------------------------

レベル1
(1)素直な態度で「ありがとうございます」
(2)謙遜はしても、相手の言葉を否定しない
(3)嬉しそうに笑顔で受ける

レベル2
(1)「皆さんに教えていただいたおかげです」と添える
(2)「前までできていなかったがこういうことができるようになった」を伝
 える

■解説

上司や先輩にお褒めの言葉をいただいたら、難しく考えず、素直に「ありがと
うございます」と受け止めます。もちろん社会人として、謙遜は必要ですが、
過度な謙遜は相手の言葉を否定することにつながるので、「そんなことありま
せん」など全否定するのではなく、いったん相手の言葉を受け止めてから「ま
だまだです。」程度の謙遜にとどめておきます。

また、嬉しい気持ちを伝えるためにも笑顔で受けます。さらに「○○さんのお
かげで・・・」「ご指導いただいたおかげで・・・」のように、第三者の方へ
の感謝の意を盛り込むと、さらに印象がよくなります。「以前はできなかった
のに、努力してこんなことができるようになった」と言えると、「自分なりに
工夫して努力している」という印象も与えられます。

ページトップへ

リンク集

 


職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー