管理職向け

管理職が事務ミス防止の仕組みを考えるプラン

管理職が自部門の事務ミスを見直し、事業拡大や人員増加しても、事務ミスを防ぐ仕組みづくりについて学ぶ

対象者・期間

業界・業種・規模

全業界

対象者

管理職(事務職の上司)

期間

3か月(事前課題+研修+事後課題+フォロー研修を実施)

問題意識・課題

  • 人員が増え、事業が拡大にするにつれ、事務ミスによる事故が増えている
  • 事務ミスのほとんどは、ケアレスミスによるもの
  • 解決策としては、チェックリストの強化が多く、その結果、業務の生産性が落ちている

問題の要因

  • ミスが起きるのは仕方がないという意識がある
  • 業務量が多い結果、目の前の仕事に追われてしまい、発生したミスの再発防止策を練り切れていない(原因を見極めた上で、対策を打てていない)
  • 解決策の引き出しが少ない
  • 事務ミスのリスク評価を行ったうえで、リスクのコントロールをできていない

課題に対する解決策

  • 「事務ミスのリスク評価」、「発生原因の分析」などを考えるプログラムを実施する
  • 1回目の研修後に、ミスの再発防止計画を作成し、現場で実践する。その後、フォローアップ研修として、再発防止計画を立てる
  • 事前課題として、自部門の事務ミスを洗い出し、評価したうえで、研修に参加いただく(研修中の演習は実務上の問題を取り上げる)
  • 事務における業務改善策の事例を紹介することで、解決策の引き出しを増やす

研修の前後の課題は、実務者である事務職の部下を巻き込み、一緒に取り組むことを想定

本プランの内容

事前課題(30~60分)

  • 受講者の現状の課題や研修内容の要望を集める
  • 現場で発生しているミスを洗い出す
  • リスク関連図を作成する(リスクの評価)

事務職の部下と一緒に取り組む

研修1回目

オペレーションミス防止・事務ミス防止研修(1日間)

  • 事務ミスについて考える
  • 事務ミスに対する再発防止策を立てる
  • ミスがおこりえるリスクを発見する
  • 組織としてミス防止の仕組みをつくる

過去に発生したミスを題材に、改めて再発防止方法を使って防止策を考える

事後課題(1か月後)

  • ミス防止策を実践する
  • 実効性を確認する

事務職の部下と一緒に取り組む

フォローアップ研修

事務職のための業務改善研修 ミスの分析と対策検討編(1日間)

  • ミス防止策の実効性を振り返る
  • 事務ミスの要因の洗い出しと対策を考える
  • ルールの徹底方法を学ぶ

再発防止策のブラッシュアップをする

講師

業務改善研修の登壇経験が豊富な講師をご提案いたします。

さらに効果的な教育を実施するためには

研修前後にご利用いただける、アセスメントサービスもございます。
各階層の現状のスキルを「見える化」し、研修効果を確認することができます。

ビジネスで必要な「知識」と「活用力」を測定する「階層別テスト」

本プランについて詳細を知りたい方は、以下よりお問合せください。
担当の営業より、ご案内差し上げます。

お問合せ

似た課題をお持ちの方へおすすめのプラン

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

Copyright © Insource Co., Ltd. All rights reserved.