若手~管理職向け

属人化解消に向け、業務を整理するスキルを習得するプラン

プランNo.146

属人化されている業務を解消するために、論理的思考力の強化や、業務フローの見直し・マニュアル作成のポイントを習得する

対象者・期間

業界・業種・規模

全業界

対象者

若手~管理職まで

期間

3か月(全4日間)

問題意識・課題

  • 事業を拡大させたいが、属人化されている業務が多い
  • 異動や退職時の引継ぎに時間がかかっている
  • 図解化が苦手な社員が多い

問題の要因

  • 目の前の成果を優先してしまう傾向があり、持続的な成果を出す長期的視点を持てていない
  • そもそもマニュアルがなく、後任者のことを考えずに仕事をしている社員が多い
  • 目の前の仕事に時間を取られ、業務フローの見直しやマニュアルを作成する時間を確保できていない

課題に対する解決策

  • 「業務の見える化」の重要性を認識する
  • 「論理的思考力の強化」→「業務フロー作成のポイントの理解」→「マニュアル作成」と、業務の見える化スキルを段階的に、確実に強化する
  • 研修の間に、研修の内容をより定着させるために、事後課題に取り組む
  • 研修内の演習として、業務フローやマニュアルを作成し、受講者同士で意見を出し合い、ブラッシュアップする

本プランの内容

プランの流れ

プランの流れ

第1回目

ロジカルシンキング研修 ~基本編(1日間)

本研修では、まず、ロジカルシンキングの意味と目的を解説させていただきます。その後、講義によるフレームワークの知識付与→フレームワークを使ったワークの実践を繰り返し行い、ロジカルシンキングのフレームワークを徹底的に身につけることを目指します。

→研修後の課題 「自業務の改善点、課題を洗い出す」

第2回目

業務フロー作成研修~業務フローの作成から見直しまでを行う(2日間)

本研修では業務フローの基本的なスキルを習得することに加え、研修の中で実際にフローを作成していただきます。また、作成したフローについてはリスク管理や業務改善の観点から見直し項目を洗い出していただき、見直しまでを研修の中で行っていただきます。

→研修後の課題 「研修の演習で作成した業務フローに対して、業務改善を行う」

第3回目

マニュアル作成研修 基礎編(1日間)

本研修では、「現場に伝わるマニュアル」が作れるように、グループワークでマニュアルの改善作業を体感していただきます。マニュアルの大切な点は、「意図したとおりに伝えられるか」「伝えたことが確実に理解されるか」です。客観的に読みやすいマニュアル作成に必須のポイントを習得いただきます。

→研修後の課題 「研修の演習で作成したマニュアルをブラッシュアップする」

プランの特徴

演習による実践的な学びを重視したプログラム

演習7割・講義3割の構成のため、眠くなることなく、学んだことが「実際にできるようになった!」という実感を得ていただくことができます。

演習内容は「分かりやすさ」「取り組みやすさ」を重視

演習で取り扱う課題は極力難易度を下げます。また、全員もしくはグループでなるべく共通の課題に取り組みます。そうすることで苦手な受講者も取り残されず学んでいただくことができます。

学習内容のレベルを徐々に上げていくため学びやすいプログラム構成

「論理的思考力の基本(1回目)⇒業務フロー作成(2回目)⇒マニュアル作成(3回目)」という徐々にレベルを上げていくプログラム構成で、「見える化」スキルを着実に強化します。

講師

業務改善やマニュアル作成などの分野において、登壇経験が豊富なプロをおすすめいたします。

さらに効果的な教育を実施するためには

研修前後にご利用いただける、アセスメントサービスもございます。
各階層の現状のスキルを「見える化」し、研修効果を確認することができます。

ビジネスで必要な「知識」と「活用力」を測定する「階層別テスト」

本プランについて詳細を知りたい方は、以下よりお問合せください。
担当の営業より、ご案内差し上げます。

お問合せ

似た課題をお持ちの方へおすすめのプラン

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

Copyright © Insource Co., Ltd. All rights reserved.