新作研修ができるまで-毎月新しい研修を生み出し続けるインソースの秘密にせまります!

第五回 新作研修ができるまで<WEBディレクター向け研修~CS向上編>

インソースでは、年間180本以上の新作研修が生まれています。新作研修が生まれるひみつとは? 今回は「WEBディレクター向け研修~CS向上編ができるまで」をお届けします!

WEBディレクター向け研修のご依頼

■WEBディレクターの課題とは

本研修は、ソーシャルゲーム業界で有名なWEBコンテンツ制作会社さまから、「顧客からのクレームが増えたため、WEBディレクター向けにCS向上研修を受けさせたい」というご要望を受け、企画されました。

この会社は設立10数年。働く社員も20~30代前半と若い会社です。自由な社風を重んじ、その多彩な取組みから、マスコミでも度々取上げられています。

本研修の受講対象であるWEBディレクターとは、営業兼チームマネージャー。メンバーをまとめつつお客さまとの折衝もこなす、チームの要となる存在です。

「良い商品の提供>お客さま対応」?

■クレームが増えた2つの理由

お悩みの発端はクレームの増加でした。では、なぜクレームが増えたのか? お客さまのお話から2つの原因が見えてきました。

まず1つ目は、WEBディレクターの「営業マインドの低さ」。

「初めて訪問する客先に、短パン姿で行ってしまうんです・・・。」

研修ご担当者さまのお話によると、会社にはスーツ着用といった服装の規定はなく、社員は全員私服。営業訪問時も、特に決まりはありません。

しかし、初めてお会いするお客さまに短パン姿でお伺いするのは適切でしょうか。礼儀やマナーを重んじる相手であれば、このいでたちは「無礼」と捉えられかねません。

では、なぜ営業マインドが低いのか?

WEBディレクターは、デザイナーや開発者出身の方がほとんどです。そのため、「質の高い商品、魅力的な商品をお客さまに提供すること」を重視し、マナーや服装といった面での顧客満足に関しては意識が低いという傾向があります。

2つ目は、会社の認知度向上による「顧客の期待の向上」。

マスコミに注目され、会社の認知度が上がるにつれ、顧客の期待も上がりました。

しかし、顧客の視線が変化しているにも関わらず、ビジネスマナーや作法、礼儀よりも「良い商品を出せばいいでしょ」というスタンスを続けてしまった結果、商品のクオリティとは異なる部分で、お客さまからクレームが来るようになったのです。

■現場に即したCS向上研修

研修ご担当者さまのお悩みを受け、CS向上研修の提案をしたところ、2つのご要望をいただきました。

1つめのご要望。

「こてこてのビジネスマナー研修はやめて欲しい」

研修ご担当者さまのお話によると、クリエイティブを求めている会社なので、マナーとはこういうもの!という型にはめるような教え方は、できればして欲しくない。あくまでも顧客に不快感を与えない程度の、最低限のマナーを身につけさせたい、というお話でした。

2つめのご要望。

「受講者には、主体的にお客さま対応について改善できるようになって欲しい」

お話によると、能力の高いWEBディレクターほど、自由でラフな格好をする。そうすると、他のWEBディレクターはそれを真似してしまうのだそうです。

立ち位置と影響力を考えた上で、自主的に自身の服装や振る舞いを見直して欲しい、というのが研修ご担当者さまの思いでした。

■お客さまのご要望を受けて・・・

課題とご要望を受け、研修のゴールを以下のように設定しました。

1.現場に即した、必要最低限のマナーの習得

最低限のマナーの習得のために、カリキュラムには「身だしなみのポイントは"こざっぱり"!」という新作パーツを組込みました。「こざっぱりしている」とは、「毎朝、必ず顔を洗う」「ヒゲを剃る」「髪型を整える」「お化粧をきちんとする」など、お客さまに不快感を与えない最低限のマナーを体現している状態です。

現場で必要とされるレベルでのマナーの習得を目指しています。

2.自主的なお客さま対応の改善方法の習得

自主的にお客さま対応を改善していただくために、「相手の立場に立って考える身だしなみ」という新ワークを盛込みました。顧客訪問の状況を細かく設定し、この場合「自分はWEBディレクターとして、どんな服装で訪問すべきか」を考えていただきます。

押しつけではなく、自分から、適切なお客さま対応について考え、判断できるようになっていただくことを目指しています。

この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です。また、研修効果を高め定着化を促進する 「研修呼び覚まシステム」や研修ご担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます。お気軽にご相談下さい。

ページトップへ

でき上がったカリキュラム

できあがったカリキュラムはこちらです。

顧客訪問時の服装を考えるワーク!実際にあった事例をワークにしました! 新パーツ身だしなみのポイントは「こざっぱり」していること☆ ロールプレイ盛りだくさんのカリキュラムになりました!
ページトップへ

お客さまの声

受講者さまからは、こんなご感想をいただきました!

  • 実践形式での研修で、普段の仕事で自分がどのように応対しているかを目の当たりにし、改めて振り返って考えることができました。
  • お客様の立場にたって考える、これはわかってたんですが、その方法論だったり、いかに相手の満足度をあげるのか、というところがわかっていなかったかと思います。
  • 楽しくも真面目にお客様について、自分たちの求められていることが再認識できました。
  • まずはお客様に想像力を働かせて、キッチリ仕事をしつつ、さらにプラスオンできたら最高だよねという考えの大切さを実感しました
  • 実際の打合せやプレゼンなどの交渉の場でも講師の立ち振る舞いを見習いたいと思いました。
  • お客様だけでなく、同じ現場のメンバーに対してもCSを意識しようと思いました。
  • 研修の終わりに、さっそく今週からやっていくアクションリストがいくつか出来、仕事にいかせております。
ページトップへ

営業担当者からひとこと

■WEBディレクターの課題とは

本研修は、お客さま向けにカスタマイズし、新しくワークやテキストを作成した新作研修です。

本研修に登壇した講師より、「この研修はこれからのCS研修の土台となるものですね!」と太鼓判をもらいました。

現場ですぐに活かしていただける、実践重視の自信作です!

ページトップへ


新作研修ができるまでバックナンバー


ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材・テキスト付きeラーニングレンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

直近の公開講座開催研修