IT研修(情報技術研修) | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

IT研修(情報技術研修)

IT研修(情報技術研修)

研修の特徴・目的

ITスキルとは

ITスキルは「ユーザーとして使いこなすこと(ITリテラシー)」と「開発者として使用しプロダクトを作ること」の大きく2つの意味を持ちます。近年、ICT(情報通信技術)の普及により、ITスキルはシステムエンジニアだけのものではなくなりました。そのため、ビジネス上でも、これらの明確な線引きができないことが多くなってきています。

ユーザーは、以前であれば開発者に必要だったレベルのITスキルが求められることが増えてきています。また、開発者は、より専門的なITスキルや、ユーザーの視点をより深く考えるスキルが求められてきています。近年のIT研修では、この両者の橋渡しをする人材の育成も、新しい要件として求められています。


IT人材育成のポイント

このような背景を受けて、インソースは、2019年に、デジタル人材育成をミッションとして「インソースデジタルアカデミー(IDA)」を設立いたしました。プログラマー、SE、情報システム部担当者などを含めた、IT・情報システムに関わるすべての皆さまに対して、人材育成のご支援をさせていただいております。その中で、重視しているポイントは、以下4点です。


基礎的なIT技術力の強化

基本的なアルゴリズムの書き方を理解していなければ、プログラムは書けません。プログラムに関しても、コンパイルエラーやバグの修正など、自ら悩み、解決しなければ技術力はつきません。技術力とは積み重ねであり、研修での学びを現場で活かすためには、基礎的な部分を習得することが重要です。

技術研修においては、簡単に答えを提示することはしません。机上の問題解決のみに終わらせることもしません。自らの手を動かし、失敗し、失敗を克服することで、技術力を身につけていただきます。もちろん、失敗を克服するために、弊社の講師がサポートします。

インソース公開講座では、IT研修のラインナップを1,500種類以上ご用意しております。また、プロジェクトマネジメントに特価した研修ラインナップや、eラーニングで学べる動画教材もございます。

<IT技術力を強化するプログラム>

IT研修ラインナップ一覧 プロジェクトマネジメントの極意 DX動画百貨店 Javaコース

<【公開講座】IT開発スキル集中強化プログラム>
WEBアプリ開発人材育成コース(12日間)
AI開発人材育成コース(14日間)

<4月~5月は新人IT研修も実施しています>
新人IT研修 Javaコース(37日間)
新人IT研修 PHPコース(24日間)
新人IT研修 C言語コース(15日間)


ITを深く理解し使いこなす力の醸成

ITリテラシーとも呼ばれ、近年、特に求められるようになりはじめたスキルです。リスキリング(学び直し)の主要テーマになることも多く、あらゆる仕事において、ExcelをはじめとしたITツールを使いこなすことが必須の要件になってきています。加えて、世の中に情報がデータとして溢れていることで、これらのデータをビジネスで適切に扱い、活用していくスキルが、企業にとって非常に重要なスキルとなってきています。

また、最近では、DX推進(デジタルトランスフォーメーション)として、ITとデータを活用して組織や社会の変革を推進していく人材が求められています。インソースでは、このDXを推進するDX人材育成に特化した研修プログラムも多数ございます。


<ITを深く理解し使いこなすスキルを強化するプログラム>
パソコンスキル・OAスキルアップ研修 ラインナップ
データサイエンティスト研修 ラインナップ
DX(デジタルトランスフォーメーション)研修 ラインナップ

<【公開講座】データ活用スキル集中強化プログラム>
データ活用人材育成コース(12日間)
データサイエンティストコース(14日間)


ユーザーとしての業務理解の深耕

お客さま(ユーザー)の業務を知ることは、システム開発にとって必要不可欠です。しかし、システム開発プロジェクトにアサインされたプログラマー・SEは、実際には、システム全体のほんの一部のサブシステムを担当し、ユーザーの業務や視点を知らないまま、開発を進めていることが多くあります。

例えば、弊社の代表が銀行システムのセンター処理システムを開発していたころ「"役席承認"というプログラムは何をしているのだろう・・・」と疑問に思いながら開発をしていました。あとから、役席承認の業務の仕組みを知ったときには、システムの動きについては一流でも、お客さまの業務がわからないと本当の一流にはなれないのだと感じたのだそうです。

このような現場の声から、開発担当者にユーザー視点を身に付けていただく研修や、ユーザー自身が開発業務を一部担い、開発業務をスピードアップするための研修を数多く開発いたしました。


<要件定義研修>
(システム担当者向け)要件定義研修(1日間)
ユーザー部門とSEが一緒に受ける要件定義研修(半日間)

<業界を知る研修>
業界知識研修 ~銀行業界(半日間)
業界知識研修 ~製造業界(半日間)
財務研修 ~販売業務管理を理解する編(1日間)


<オンラインで1から学べるPythonプログラム>
ユーザー自身が、Pythonを深く理解・活用できるようになります。

Python学院 Python学院ブログ 【無料セミナー】Python体験会~Pythonで実用的なプログラムを作成する

社会人に必要なビジネススキルの習得

プログラマーもSEも、IT技術だけでは仕事はうまく進みません。開発に必要な、問題解決力、ロジカルシンキングはもちろんですが、特に、話す技術や、人と折衝する技術も必須のスキルとなります。これらのビジネススキルは、どこで仕事をするにしても活用をすることができ、ポータブルスキル(持ち運び可能な能力)とも呼ばれています。

また、近年はITの指し示す範囲が非常に幅広くなっており、IT技術者は、あらゆる業界から、あらゆる範囲の業務改善や新規事業に関する仕事を受けています。従来であれば、ベンダー企業でのシステム開発の上流工程で必要だったようなコンサルタントスキルが、様々なところで求められ始めています。


<IT人材におすすめのポータブルスキル例>
ロジカルシンキング研修
OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編
ファシリテーション研修~オンライン会議編
業務削減研修~自動化(RPA)に向けて業務フローを見直す
マニュアル作成研修~改善・合理化を促す業務マニュアルの作り方
図解力向上研修~情報を整理し、分かりやすくする編
ソリューション提案力向上研修~顧客視点で最適解を導き出す
パワーポイントプレゼンテーション研修
調整力発揮研修
プレイングマネージャー研修~時間・チーム・リスクをマネジメントし、走りながら成果を出す


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

IT研修のおすすめプラン

ITエンジニアとしての基本知識を2か月で習得するプラン

新人やSEへの職種転換者など、SE未経験者を対象に、2か月でIT知識やプログラミング言語を学んでもらう。最後の開発演習はPHPかJavaのいずれかを選択可能

IT業界 中堅社員の関係構築・問題提起力を鍛えるプラン

2年間で、PM・リーダーを任せられる人材を育成する。そのために、中堅社員の「人と関係を構築する」「人を動かす」「人が絡んだ問題を解決する」ためのスキルを強化する

社内人材から「データサイエンティスト」を育てるプラン

社内人材から、データ分析が得意な「データアナリスト」を育てる。さらに、一部のメンバーは、多岐に渡りデータをビジネスに活かす「データサイエンティスト」を目指す

IT研修(情報技術研修)のおすすめ動画教材・eラーニング

IT研修(情報技術研修)のご提供コンテンツ

【ネットワーク・サーバ・仮想化】

【プログラミング】

【要件定義・ソリューション】

【プロジェクトマネジメント】

おすすめリンク

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!