メンタルヘルス研修~セルフケア(半日間×2回)

メンタルヘルス研修~セルフケア(半日間×2回)

オンラインで集中!ストレスに気付き、ストレスを抱え込まないようにする

本研修は、企業内研修をオンラインで実施される方向けの専用プログラムです※カスタマイズも承ります。お気軽にご相談ください

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

対象者

  • 新入社員
  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・自分自身のストレスマネジメントの方法を学びたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 自分にとってのストレス要因を知りたい
  • 上手にストレスと向き合える対処法を教えて欲しい
  • 不安を感じた時や問題が発生した時、我慢してしまい、一人で抱え込む傾向がある

研修内容・特徴outline・feature

働くうえで重要となる健康を維持するには、風邪や怪我の予防といった体の管理だけでなく、精神(メンタル)の管理も不可欠です。本研修では、メンタルヘルス及びストレスに関する適切な知識を身につけ、自身のストレスをコントロールする方法を考えます。

大きなストレスや普段は無意識に流してしまっている小さなストレスについても深く、振り返りを行っていただきますのでオンラインで1人で集中してワークを行っていただけることはオンライン研修のメリットです。

研修プログラム例program

1日目
内容 手法
  • 1.メンタルヘルスの現状
    (1)メンタルヘルスについて考える
    【ワーク】メンタルヘルスと聞いて、思い浮かべることを共有する
    (2)メンタルヘルスに関する調査結果
    (3)ストレスチェック制度とは
    (4)メンタルヘルスに取り組む際の心構え
    (5)メンタルヘルスへの取り組みの3ステップ
講義
ワーク
  • 2.ストレスの要因とストレス反応
    (1)ストレスの要因
    (2)自分にとってのストレス要因を整理する
    【ワーク①】ここ数カ月を振り返り、「大きなストレス要因」となったものを洗い出す
    【ワーク②】日常生活で、「小さなストレス要因」となるものを洗い出す
    (3)ストレス反応
    【ワーク】こんな症状に注意 ~現在当てはまるものをチェックする
    (4)自分の思考のクセを知る
    【参考】ポジティブシンキングとネガティブシンキング
    【参考】誰にでもある「思考のクセ」
    【ワーク①】大きなストレスを分析する
    【ワーク②】小さなストレスを分析する
    (5)ポジティブな言葉を使うことのメリット
    【ワーク】職場で何気なく使ってしまっているネガティブな言葉を洗い出す
講義
ワーク


2日目
内容 手法
  • 3.ストレスへの対処(セルフケア)
    (1)ストレスへの対処方法
    (2)様々なストレス対処法と身体に及ぼす好影響
    (3)ストレスへの対処法を考える
    【ワーク】ストレスを感じた際、どのように対処しているか考え、共有する
講義
ワーク
  • 4.ストレスを一人で抱え込まない
    (1)エンロール・マネジメント ~他者を巻き込む
    (2)話すことの効果
    (3)自分も相手の話を聴く ~傾聴のポイント
    【ワーク】ストレスを感じた際の物事の捉え方・考え方をメンバーと共有し、聞き手は「傾聴」を意識して話を聴く
    (4)相談窓口を確認しておく
    【参考】他人に心療内科や精神科を勧める際の注意
講義
ワーク
  • 5.まとめ
    【ワーク】研修を通じて、重要だと思うことを整理し、明日からやることリストを作成する
ワーク

6298

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2021年10月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 傾聴のスキルに加え、ポジティブな言葉選びをするなど普段から意識することが重要だと感じました。否定しないことを心掛け、今まで以上に風通しの良い環境を作ります。
  • メンタルヘルスケアの意識を高めてもらうために緩衝要因に関する学びを活かします。人と関わりを持つことでストレスが軽減されることを若手社員に周知します。
  • ネガティブな要因をポジティブな言葉や考え方に変換するなど、自分のストレスとの向き合い方について大変勉強になりました。自分に負荷をかけないよう上手く気持ちを整理して、日々の業務に励みます。
  • ストレスは抱え込まず、周囲の意見を訊くことも大事だと思いました。ストレスに対する対策を増やし、社内の人や友人と共有を図ります。
  • ストレスに対するセルフケアと周囲へのコミュニケーションに役立てます。考え方・捉え方を変えて、ストレスを上手く解消できるよう頑張ります。

実施、実施対象
2021年5月     17名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.1%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 日々の生活の中で、気がつけていないストレス要因を見つけ、豊かな生活にできるよう、食事や行動から意識していきます。
  • 研修を受講して、メンタルヘルスの重要性を改めて確認することができました。自分の思考のクセを知り、物事の捉え方を変えることによって、今より楽しく毎日を過ごすことができるようになることがわかり良かったです。
  • ワークをしていく中で、ストレスがかなり溜まっていることを改めて実感した。筆記開示をやってみて、まずは自分の心の健康を第一に考えるようにします。日頃の自分の認知の癖を、少しずつ変えていきます。
  • 相手にストレスを感じさせる態度や言葉などに、十分に気をつけて接します。自分自身のストレスに関しては、書き出すことで軽減を図ります。
  • 自分にとってのストレスの要因を整理し、ネガティブな言葉や考えをポジティブなものに変えるワークは、今後の業務で悩んだときや立ち止まった時に使えそうだと思いました。

実施、実施対象
2021年2月     26名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ストレスをためやすく感情に波がある方ですが、考え方や捉え方を変えたり、様々な解消法でゆとりのある心理状態を保てるようにしたいです。
  • ストレスに対してネガティブな印象を持っていたが、成長につながることやメリットも多くあり、週末・1か月後・2か月後目標を決めて頑張っていきたいと思うようになった。
  • 業務の中でストレスを感じることが非常に多かったので、自分の「思考のクセ」を理解する努力をして、ポジティブな考え方に変えられるように、意識していきます。
  • ネガティブに感じることは決して悪いことではなく、それをポジティブな考えに変換していくことで、仕事に関する姿勢やとらえ方が変わると感じた。
  • なんでも面倒と思うのではなくポジティブに考え、毎日の業務を自分の糧になっている思えるようにしたい。セルフケアのひとつとして挙げられていた、趣味を増やすことを実践する。

実施、実施対象
2021年1月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.3%
参加者の声
  • グレーな部分は自分も相手も許す、「~すべき」という言葉を減らす、起きていないことは考えないで今を精一杯生きる、ポジティブリストアプリをみるといったことを実践していきます。
  • 今後やるべきことも整理でき、自分のメンタルコントロールの道筋が見えました。自分の短所は他人の出番と認識し、まずは自分の短所の整理から進めていきたいです。
  • ミスすることを気にしすぎて少し消極的になっているところがあったと思うので、心配や不安といったストレスの対処の仕方を生かして自分から行動できるようになっていきたい。
  • 自分の考えは必ずしも正しいわけではなく、人の考えはそれぞれであるということを心に留め、受け入れるようにしていきたい。言動を変えることで心を変えていけるとのことだったので、言動を変えていこうと思った。
  • ポジティブワードを意識して使う、笑顔を多くする、睡眠の質向上のため、食べ過ぎないの4点に気を付けて、職場の環境改善と自分自身のストレス軽減に取り組んでいきます。自分はメンタルが強いと思っていましたが、自分でストレスを抱えこむ性質があることを認識できました。

実施、実施対象
2020年10月    16名
参加者の声
  • まず事実のみに集中して、感情に振り回されず客観視しながら業務を遂行していきたい。今日の講義を思い出しながらストレスと上手に付き合っていきたいと思う。
  • ストレスの受け止め方などの自己分析と相手にストレスを与えにくい対話方法を身につけ、円滑に業務をこなせる環境を作りたい。
  • ストレスを上手くコントロールしながら、達成感を得られる業務への取り組みを意識していきたい。講義を聴きながら、職場で陥りがちなストレス要因をイメージすることができた。
  • 自分の思考のクセを掴むことの大事さを実感しました。テキストに記載されている思考のクセの中に、自分も本当に当てはまりました。自分だけでなく、同僚の方のストレスケアもできるようになれればと思います。
  • 思考のクセを分析するということを意識したこともなかったので、まずは自分で自分を分析し、セルフケアをして楽しく仕事ができるようにしたいと思いました。また、部下の思考のクセも分析することで、相手に合った効果的な指導・教育をしていくことが結果的に自分、部下、職場にとって良い結果をもたらすと思うので、活用していきたいです。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

初めての方はこちら

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

テレワーク・リモートワーク導入支援コンサルティングサービス

オンラインセミナー支援サービス

Remote-Plants(リモートプランツ

オンライン通信教育

remonade~メンバーの心が見えるリモートワークツール

無料で始めるクラウド勤怠管理システム「IEYASU(イエヤス)」

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

モンシャン 福祉施設で作られた素敵な商品をお届けするショッピングサイト

インソース採用情報

営業・エンジニア・コンテンツクリーエーター中途採用中

オンライン研修ZOOMオペレーター募集中

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!