改めて「生産性向上」を考える

改めて「生産性向上」を考える

そもそも、なぜ生産性向上が求められているのか

「はたらけど はたらけど猶 わが生活 楽にならざり ぢつと手を見る」石川啄木は100年以上前に、このような歌を詠みました。働くことの大変さと、生活とのバランスのとり方は、いつの時代の人間にとっても変わらぬ課題であるでしょう。加えて近年の日本では少子高齢化が進み、人口減少によって働く人それぞれの負担が大きくなっています。ワーク・ライフ・バランスを実現するには、ますます厳しい社会を迎えようとしているのです。すなわち現代とは、働く一人ひとりが自らの働き方を見直して「限られた時間の中で、最大の成果をあげる人」になることが最も求められる時代であり、「労働生産性の向上」はビジネスパーソンにとって喫緊の課題として現出しているのです。


「生産性向上」って、何をすればいいの?

生産性を向上させる、と一言で表すのは簡単です。具体的に何をすれば生産性向上につながるのか、その方法を学ばなければ、「頑張る」という精神論で終わってしまいます。


具体的な生産性向上の方法とは、「効率がよい仕事術」です。組織における立場によって、習得すべきスキルは異なります。組織で働く個人、プレーヤーの立場であれば、「一定の時間内で高い成果をあげる技術・知識の獲得」が求められています。PDCAサイクルの活用方法や、自分の仕事のムリ・ムダ・ムラをなくす分析方法、自分の仕事の流れを書き出して業務状況の把握・問題点の洗い出しを行う方法などを学ぶことが適切でしょう。マネージャー・リーダーの立場であれば、「限られた資源で最大限の成果をあげること」が求められます。そのためには、不要な業務を廃止するための見直し方法や、数値化や工程分析によって業務を「見える化」する管理方法などを学ぶことが大切です。


改めて「生産性向上」を考える


生産性向上がつくり出す明るい未来

働き方改革に加えて展開することを政府が検討している「生産性向上と人づくり」改革では、製造業の有する生産性向上ノウハウをサービス業や地方の中小零細企業にも活用するとされています。ブルーカラー・ホワイトカラーといった職種の垣根を超え、生産性向上という課題に取り組むことが、これからの世の中では期待されています。


生産性向上への取り組みが成功することによって、組織には多大な利益と、事業規模の成長がもたらされます。そして恩恵は組織にとどまらず、個人も多くの得るものがあります。高い成果を出すことによる報酬アップ・昇格のチャンス拡大、適切な時間管理によるワーク・ライフ・バランスの実現など、仕事面・生活面、それぞれでプラスがあるのです。 仕事の大変さを嘆くだけではなく、業務改善のために一歩でも多く歩を進めた先に、輝く明日が待っています。生産性向上、さっそく今日から取り組んでみませんか。


インソースの関連研修のご紹介

▶生産性向上研修

▶管理職向け生産性向上研修 かんばん方式を応用した管理職の生産性向上

▶メンバー向け生産性向上研修 ~仕事の見直しと明文化による生産性向上(1日間)

▶組織のタイムマネジメント研修~管理職の立場から組織の効率化を目指す

▶タイムマネジメント研修~仕事を効率的に進めるための時間管理を学ぶ

▶業務改善

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。


おすすめリンク

人財育成パッケージプラン

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修コスト削減サービス

全力Q&A

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修


PAGE TOP