全社員向け

組織のDXを推進するために社内人材を育成する支援プラン

プランNo.271

DX推進に向けた体制づくりから、「全社員へのDX知識付与」「既存業務を整理するDX推進人材の育成」「AIを活用できるスペシャリストの育成」までを長期的に支援する

対象者・期間

業界・業種・規模

全業界

対象者

全社員、DX推進担当者

期間

1年間~

問題意識・課題

  • 【組織】DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進したいが、何から始めてよいのかが分からない
  • 【組織】組織のDXを進めようと声は上がっているが、一部の声にとどまっている
  • 【組織】DXを推進できる人材がいない

問題の要因

  • そもそも、経営層を含めて、DXが何かを理解できていない
  • 明確なビジョンや経営戦略がなく、全社としてDXを推進する体制がつくれていない
  • IT人材は慢性的に不足しており、かつ外部から人材を確保するとなると、コストがかかってしまう

課題に対する解決策

  • 3つのSTEPをもとに、社内のDX推進者・スペシャリストを育成し、組織の業務改善、向上をはかる。まずは、経営陣含めて、全社でDXを理解する機会をつくる
  • 次に、部門内にDXの推進者(業務を知っており、IT化を検討できる人材)をつくり、既存の業務整理を行う。同時に、将来DXを担う人材として、一部の新人・若手社員を対象に、ITスキルを付与する(簡易的なシステムを開発できるレベルを目指す)
  • 本格的なAIの活用やシステム化に向け、DXスペシャリスト(選抜者)を対象に、より専門的な教育を行う。需要予測結果をもとに、実際の業務への実践を進める
プランの概要

本プランの内容

STEP1.DX推進の体制づくり ~経営陣含む全社でDXを理解する

全社員対象:DX理解研修(1日間)

DXを推進する体制をつくるために、まずは全社員への共通認識として1日間の研修を通じて、「システムの仕組み・原理」を大まかに学んでいただきます。

時間 内容 手法
1日間 1.DX人材とは
2.システムの違いを知る
3.システム活用/開発の手順
4.業務の整理と業務改善
5.システムを活用してみる
6.インターフェース(画面)設計を行う
7.システム化の下準備をする
8.実際の開発を行う
講義
ワーク
事後課題 既存のITツールやAIを活用し、現状できる業務改善を考える
STEP2.既存業務を整理する ~DX推進者を育成する

管理職対象:DX推進研修(3日間)

各部門から、DX推進人材を指定し、「AI・IT(システム)化を検討し、優先度を決める」ために、AI・統計の基礎スキルを習得いただきます。DX推進者は、現場の業務に精通していなければならないため、業務の全体像を把握している管理職の方々を推奨いたします。

時間 内容 手法
1日間 ・ワークショップ
プランの概要
ワーク
2日間 1.AIの活用事例
2.AIの基本知識
3.AIの仕組み
4.AI導入について
5.社内の眠ったデータを活用する
6.相関係数、回帰分析
講義
ワーク
事後課題 具体的に、どのようなデータを活用して、業務を改善できそうかを考える

新人~若手対象:開発基礎研修(2週間~3か月)

中長期的視点で、DXを推進する人材を育成するために、新人から若手社員を対象に、IT教育を行います。本プログラムを通じて、簡易的なシステム設計ができるようになり、業務への理解があれば、システム開発の上流工程を担えるようになります。

時間 内容 手法
16~52日間 1.プロトタイピング研修
2.データベース研修
3.HTML/CSS/JavaScript研修
4.要件定義研修
5.開発言語(PHP、Python、Angular)研修
講義
ワーク
事後課題 実際の業務に開発できそうな、AI・ITツールを探す
STEP3.AI・IT活用を実践する ~DXスペシャリストを育成する

選抜者対象:AI導入研修(2日間)+実践支援

DXスペシャリストを対象に、データ分析の基礎スキルや、業務にAIツールを応用するための考え方や方法を習得いただきます。

時間 内容 手法
2日間 1.AIの活用事例
2.AIの基本知識
3.AIの仕組み
4.AI導入について
5.社内の眠ったデータを活用する
6.相関係数、回帰分析
講義
ワーク
事後課題 似た事例のデータを用いて、実際に需要予測を行う
3時間~ ・ワークショップ
※AIツールを実際に活用した際の課題に対して、アドバイスを行います
プランの概要
ワーク

インソースが考えるDX人材育成の4つのポイント

DX推進のためには、「ITやAIの専門職の採用が必須であり、現状は困難である」と考えている企業が多いのが現状です。しかし、まずはDXを理解し、できることからDXを実現していくことが大切です。また、プログラミング言語を書ける人がDX人材というわけではありません。ITの知識をある程度持ち、業務を通じてデータやITを活用できれば、DXを推進することができるのです。

1.DX人材は短期間の教育で、育成できる

プログラミングができる人材だけがDX人材ではありません。ITの活用知識を持ち、事業全般にデータやITを活用できればDX人材であり、短期間の教育で育成できます。

弊社では、2019年に以下の研修体系をもとに、全社員を対象とし、IT教育を行いました。また、8名の若手社員をITエンジニアとして再教育(1か月ほど)いたしました。上流SEとしてだけではなく、プログラミングスキルまでを養成し、現在システム開発の部署で活躍している者もおります。それぞれが各部署の業務経験者であるので、現場の声を踏まえ、的確に、スピード感をもったシステム設計・開発を実現しております。

<DX人材育成研修体系>

プランの概要

2.ITスキルを分解すれば、担い手を増やし、DXを推進できる

ITスキルを因数分解してみると、システム開発の上流工程においての技術知識は僅かでも、行えます。

  • 現状把握、分析力
  • IT活用の知識
  • ITの特性を踏まえた設計力
  • 他者(利用者)視点でのデザイン力
  • IT独特のモノづくり力(プログラミング力etc.)
  • 3.上流工程を内部化すれば、企業のDX導入は大きく前進する

    上記のスキルを高コストのITコンサルや上流SEに担ってもらうより、業務を知る社内人材が自らスキルをつけて担った方が早く、低コストで、かつ高品質(現場のニーズに合わせることができる)な開発を行えます。勘定系業務や手のかかるプログラミング、テストなどの下流工程は引き続き、専門職のエンジニアが担うと、全体コストを低く行えます。分業を取ることがDX推進への最短の近道です。

    <システム開発の分業イメージ>

    プランの概要

    4.IT開発は簡単かつ廉価に行える

    近年、簡単に、低コストで活用できるデザインツールやプログラミング言語、AIツール(クラウド)などが数多くあります。

    貴組織のDX推進にぜひ、本プランをお役立てください。まずはご要望やお悩みなど、お伺いいたします。お気軽にお問い合わせください。

    講師

    お客さまの業界や受講者の業種・職種や学んでいただく内容に応じて、おすすめの講師をご提案させていただきます。

    さらに効果的な教育を実施するためには

    研修前後にご利用いただける、アセスメントサービスもございます。各階層の現状のスキルを「見える化」し、研修効果を確認することができます。

    ビジネスで必要な「知識」と「活用力」を測定する「階層別テスト」

    本プランについて詳細を知りたい方は、以下よりお問合せください。
    担当の営業より、ご案内差し上げます。

    お問合せ

    似た課題をお持ちの方へおすすめのプラン

    お問合せ

    まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

    メールでのお問合せ

    お電話でのお問合せ
    0120-800-225

    ※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
    公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
    その他お問合せ→②を選択してください

    Copyright © Insource Co., Ltd. All rights reserved.