insource

出張開催
公開講座の年間実績
受講者数※1
62,700
開催数※1
8,158
講座数※2
2,504
インソースの実績
総受講者数※1
51.6
お取引先数※3
27,097
  • ※1 2018年4月~2019年3月
  • ※2 2019年3月末時点
  • ※3 2003年6月から2017年3月までに
      当社サービスをご利用いただいた
      お取引先累計
インソースのサービス情報配信
(無料)

下記情報を無料で配信中

無料セミナー、新作研修、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツ

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

登録はこちら

デジタル人材養成講座~「クロス表作成・リスト作成コース(プログラミングつき)」

本プログラムの概要

近年、人材不足、中でもIT人材不足に関するお悩みを伺う機会が増えています。

業種を問わず発生している人材不足を解消する切り札として注目されるITですが、ITを導入・活用するためのIT人材根本的に不足しており、いかにIT人材を確保するかが経営課題・人事課題の大きなウェイトを占めるようになっています。

IT人材の採用が激化する中、弊社では、既存の非IT人材にITスキルを付与するために「インソースデジタルアカデミー」よりデジタル人材養成講座をご提案いたします。

PDFファイル👉本講座のチラシダウンロードはこちら!

<Point1>非IT部門の方がITスキルを身につけるうえで、必要最低限の知識・スキルに厳選

<Point2>実際にシステムの開発体験ができるので、システムの仕組みが理解できる

<Point3>複雑なプログラミングやアルゴリズムの知識は不要。プログラミング演習は穴埋め式・改造式

本プログラムの習得目標

・システムの仕組み・原理を大まかに理解することができる

とくに、近年のウェブシステムで標準的に使われている、データベース、ウェブアプリケーション、SPA(Single Page Application)の仕組みを理解することができる。

・指導者の下、既存のシステムを修正することができる

IT人材の4レベル

  • ◆レベル1:システムを知り、おおまかにIT設計ができる
  • ◆レベル2:自らの業務で必要なデータ活用ができる
  • ◆レベル3:システム部門でエンジニアとして働く際に最低限必要なスキルを持つ
  • ◆レベルX:自らの業務でシステムを組み合わせて使いこなせる
レベル1 レベル2 レベル3 レベルⅩ
・OA
・システム・IT理解
・プロトタイピング
・データベース
・HTML/CSS
・JavaScript
・Angular
・Python
・PHP
・RPA

本講座の開催スケジュール

No 研修名 日数 日程 お申込み
・システム・IT理解研修 1日間 8月1日(木) お申込みボタン
・データベース入門研修 1日間 8月2日(金) お申込みボタン
・HTML/CSS基礎研修 2日間 8月5日(月)~6日(火) お申込みボタン
・JavaScript基礎研修 2日間 8月7日(水)~8日(木) お申込みボタン
・Angular入門研修 3日間 8月9日(金)~14日(水) お申込みボタン
・PHP入門研修 5日間 8月15日(木)~21日(水) お申込みボタン

合計:14日間
まとめ申込みはこちら→お申込みボタン

システム構成(本研修で想定するシステムの仕組み)

システム構成(本研修で想定するシステムの仕組み)

データベース入門研修
③、④HTML/CSS基礎研修、JavaScript 基礎研修
Angular入門研修
PHP入門研修

企画担当者の声

これまでも事業スピードにシステム開発のスピードが追いついていませんでしたが、これからはIT人材・デジタル人材の不足により、その傾向がより顕著になります。

その結果、企業の成長はおろか、存続すら左右するようになります。IT人材・デジタル人材の採用が難しい中、自社従業員にITスキルを身につけさせることが、人材確保の近道です。

ITは決して難しいものではなく、また「作る喜び・動かす喜び」もひとしおです。ITの知識・仕組みを少し理解するだけで、IT人材・デジタル人材として活躍できるようになります。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

フリーダイヤル0120-800-225

メールでの
お問合せ

お知らせ

リクエスト開催
役員向け企業交流型サロン「オープンボード」 新人2020 安藤講師特集 ラテラルシンキング研修 KIYOラーニング インソースの営業研修 連休企画

申込者数人気ランキング

※直近1ヶ月