秘密保持契約書(NDA)の基礎知識、交渉のポイント、最近の傾向とNDAの戦略的活用

1名さまから参加できる研修サービス・公開講座

  • 研修プログラム例
  • お問合せ

受講対象

法務部門、知的財産部門、総務部門、R&D部門など関連部門のご担当者

講義のねらい

日頃見慣れたNDAですが、実は多くの落とし穴があります。また、NDAは万能ではなく、その法的効力には限界があります。これらを正確に押さえた上で、有利なNDAの締結と管理を行うべきです。 また最近では、外国企業と英文のNDAを締結するケースが増えています。

本セミナーでは、NDAの基本的な理解を押さえた上で、日本語NDAの一般的なサンプル書式を説明し、主要条項のポイント、交渉の留意点を押さえます。つぎに、NDA神話の崩壊、NDAの落とし穴や限界と対応を検討します。

講義の後半は英文契約書のNDAへ話しを移しますが、まずは、英文契約書の基本的な考え方や基本的な言い回しについて説明し、初学者にも分かりやすい解説をします。

法務・知財部門、事業部などを始め、経営者や管理職の方々も知っておくべき内容をカバーします。

研修プログラム例

1.NDA (Non-Disclosure Agreement)やCA (Confidentiality Agreement)の基本的な理解
      (1)なぜNDAを締結する必要があるのか~営業秘密の保護
      (2)NDAの形態(覚書とセット/単独/取引契約書へ一般条項として)
      (3)Unilateral (One Way)とBilateral (Mutual)のいずれの書式を使うべきか?
               外資の日本法人とNDAを締結する場合に3社契約にすべきか?
               秘密保持義務の例外開示相手として処理すべきか?
      (4)どの種類の秘密情報がどちらから他方へ開示されるのか~まず質と量を評価せよ     
      (5)自社が秘密情報の開示と受領でどのような立ち位置になるか判断した上でNDAの交渉方針を決める
      (6)NDAは常に進化(変化)している。とくに英文のNDAには新しい条項が登場してくる

2.日本語NDAの一般的な書式(サンプル雛形)を見てみよう
      (1)対象となる秘密情報の範囲をどうするか
                  (口頭を含むか。人の記憶を含むか。独自開発と同じ秘密情報を含むか。)
               対象外であることの立証責任はどちらが負担するのか?
      (2)NDAの契約期間はどうすべきか。秘密保持の期間をどうすべきか。
               NDAの契約期間と秘密保持の期間との関係をどう理解すべきか
      (3)損害賠償の範囲
               ・ペナルティーを設けるか?
               ・見積もり方法・基準は?
               ・具体例は?
               ・上限を設ける規定
               ・当方は上限を設けたい場合に、相手方から例外的に故意・重過失の場合は上限を適用しないと
                  主張する対案が出てきた場合、どのように対応すべきか
               ・間接損害を排除する規定
      (4)秘密保持義務者の範囲

3.NDA神話の崩壊~NDAの落とし穴や限界と対応
      (1)なぜNDAは万能ではないのか?

4.英文契約書の基本的な考え方や基本的な言い回しについて
      (1)基本的な構成
      (2)英文契約書の考え方(日本語の契約書との違い)
      (3)(NDAのサンプルから)重要な基本表現・言い回しのポイント
      (4)一般条項を理解しよう
               ・準拠法
               ・紛争解決条項(裁判管轄、仲裁合意)
               ・完全合意
               ・分離可能性
               ・譲渡禁止条項など

5.英語NDAの一般的な書式(サンプル雛形)を見てみよう
      (1)秘密保持義務の存続期間が終了すれば秘密保持義務を完全に失効させてよいか
      (2)開示情報の正確性の保証条項
      (3)Non-Solicitation(引き抜き禁止)条項
      (4)Residuals(残留記憶)条項
      (5)Feed Back条項
      (6)NDA違反に関する救済手段

6.不正競争防止法改正(「限定提供データ」の新設)に伴う NDA の見直しのポイント

7.演習・シミュレーション
         取引の相手方から送られてきた日本語NDAについて、対案(カウンタープロポーザル)を
         検討してみましょう。

注意事項

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。

※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

【事前に必ずご確認の上お申込みください】
*事前のお席の確保などのご対応致しかねます。
*お申込み内容は、翌営業日以降に確定いたします。
*お申込み後、満席などでご受講できない場合がございますので、あらかじめご了承ください。満席の場合は、別途ご連絡申し上げます。
*オンライン開催の場合、Zoomを使用いたします。お申込みの前に以下2点ご確認ください。
①【回線速度環境 確認のお願い】
URL内の「GO」を押していただき、下記以上の数字が表示されていれば視聴可能な環境です
https://beta.speedtest.net/
DOWNLOAD Mbpsが「50~80」以上
UPLOAD MPSが「30~50」以上
②【動作確認 確認のお願い】
下記URL内「参加する」を押していただき、動作確認をしてください。
https://zoom.us/test/

お申込み後のキャンセルにつきましてはこちらをご覧ください

スケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

講師

芝綜合法律事務所 弁護士・米国弁護士・弁理士 牧野和夫 氏

主催団体

本講義は、一般社団法人企業研究会が主催しております。

お問合せはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:https://www.insource.co.jp

E-mail:[email protected]

お問合せ

お問い合わせフォームへ

※お問合せ内容ご記入欄に「秘密保持契約書(NDA)の基礎知識、交渉のポイント、最近の傾向とNDAの戦略的活用」とご記入のうえお問合せください

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

動画百貨店ランキングページ

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

直近の公開講座開催研修