【保育業界】2階層向け(管理職・一般職)

多様な子供達を受け入れ職員も働きやすい園をつくるプラン

プランNo.406

多様な家庭環境で育つ児童の個性を受け止めるために必要なダイバーシティ・インクルージョンの考え方を全職員が理解し、組織内の職員の活躍・成長促進にも応用させるプラン

対象者・期間

業界・業種・規模

保育園・幼稚園・児童養護施設など

対象者

全職員

期間

約3カ月

問題意識・課題

  • 【スキル】母子家庭や父子家庭の環境で育っている、外国籍である・障がいがあるなど多様な個性を持っている子供たちにどのように向き合ったらいいか分からないときがある
  • 【組織】男性保育士がなかなか定着しない。また、保護者から男性保育士へのクレームが寄せられることがあるが、どのように指導すべきかに悩んでいる

問題の要因

  • それぞれの家庭での常識や子供たちの個性を受け入れる重要性、自身の「普通」を押し付ける危険性が理解できていない
  • ダイバーシティ推進がもたらす利益と、推進しないことで組織にどのような影響が出るのかがよく分かっていない
  • 男性保育士をはじめとして、臨時職員・時短職員といった多様な職員を受け入れ、輝かせる運用体制や支援方法が確立されていない

課題に対する解決策

  • 全職員に対し、ダイバーシティの考え方を改めて学ばせ、無意識の思い込みや偏見によって子供達や保護者・職員に不利益を与えていないかを考えさせる機会を設ける
  • 男性保育士がその希少性を前向きに捉え、保護者からの信頼を得るためのふるまい方や考え方を習得する
  • 管理職は、利用者の多様性を認めるだけでなく、多様な部下をうまくまとめ成果を上げさせる仕組み作りや業務支援の方法を身につける

本プランの内容

一般職向け・管理職向け共通のダイバーシティ研修を計4回、管理職向けには追加で2回のダイバーシティ推進の体制づくり・部下指導研修を実施します。利用者である多様な個性をもつ子供達やその保護者からの信頼を得て競争力を高め、組織内でもすべての職員が業務に前向きに取り組み活躍できる環境づくりを実現させます。

プランの概要

一般職・管理職共通

  • 4回目:男性保育士向け研修 保護者の信頼を獲得する編(半日間)

    これまで女性の職場として認識されることの多かった保育園でも、近年は男性保育士の活躍が進んでいます。とはいえまだまだその割合は低いことから、こうした変化に戸惑う保護者や保育園の同僚も少なくありません。本研修では組織の希望となり得る男性保育士の心構えやプロの保育士として信頼を得る身だしなみやふるまい、保護者との関係構築について学びます。男性保育士のみならず、男性保育士を同僚に持つ職員や管理者にも参加いただきたいプログラムです。

管理職向け

講師

お客さまの業界や受講者の業種・職種や学んでいただく内容に応じて、おすすめの講師をご提案させていただきます。

研修のプロがお答え 全力Q&A


                

さらに効果的な教育を実施するためには

「キャリアタイプ志向性」や「モチベーションの源」「チームでの役割」「判断志向」など、社員一人ひとりの分析や組織の分析、自組織にとって今後必要となる人材像・人物像の分析ができるアセスメントツールもございます。オンラインで106問の設問に回答いただきます。

一人ひとりの特性と組織全体の傾向を「見える化」giraffeアセスメント


研修との併用でさらなるスキルアップが可能です。また、買い切りプラン、レンタルプラン、定額制プランの3つを、教育の目的、人数、期間に合わせて使い分けることで、コスト削減や効率的な教育を行うことができます。

eラーニングサービス~動画百貨店


研修前後にご利用いただける、アセスメントサービスもございます。各階層の現状のスキルを「見える化」し、研修効果を確認することができます。

ビジネスで必要な「知識」と「活用力」を測定する「階層別テスト」

本プランについて詳細を知りたい方は、以下よりお問合せください。
担当の営業より、ご案内差し上げます。

お問合せ

似た課題をお持ちの方へおすすめのプラン

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

Copyright © Insource Co., Ltd. All rights reserved.