睡眠研修

睡眠研修

なぜ、睡眠改善プログラム研修をおススメするのか

名だたるアメリカのビジネスリーダーが『睡眠』の果たす役割(重要性)について公の場で述べている現状があります。

インソースが目指しているのは『働くを楽しく』するための様々な研修。例えば、仕事に役立つスキルを習得したり、職場をいろいろな意味で働きやすい場所にするものだったりもします。

しかし、この習得したスキルを活用したり、働きやすい場を作り上げていくためには、そこで働く人々が健康であることが前提になります。

睡眠は、毎日の仕事で個人個人が力を発揮するために大切な要素のひとつ

睡眠研修

「働き方改革」が叫ばれる中、タイムマネジメントや業務改善が重要なのは言うまでもありませんが、一方で、限られた時間の中でこれまで以上のパフォーマンスを上げる、という視点も必要とされています。

質の高い『睡眠』を実現させることで、仕事の生産性を向上させ、睡眠不足が原因として起こるとされている、さまざまな病やトラブルの予防につながっていくことを目指していきます。

睡眠の質を高めることで、業務における事故の予防


睡眠研修

一般的に、睡眠障害になった場合、医療の力や、就寝の環境や寝具を変えたりして解消させていくことが一般的です。しかし、眠りは技術なのだから、技術を正しく習得することができれば睡眠の悩みが軽減されていき、質の高い睡眠へとつながります。

スマートフォンやパソコンを夜遅くまで使っていたり、仕事や生活上のストレスなどから心地良い睡眠が取れずに悩む人は少なくありません。

企業でも、従業員が十分な睡眠を取れずに仕事に向きあっていると、生産性が上がらなかったり、事故が起きやすくなったりするなどして、収益にも悪影響を及ぼしかねません。

睡眠改善プログラム研修について

<目的と特徴>

本プログラムの目的は「現代社会の働き方でも質の高い睡眠をとるための技術」を学んでいただくことです。良い睡眠といっても、「1日に7時間寝る」「22時に寝て6時に起きる」など理想の睡眠を実現するものではありません。

現代社会で働くということは、「忙しくて7時間なんて眠れない」「残業があった時はやむを得ず4時間しか眠れない」「交替制勤務で不規則な生活が前提」といったことが当たり前になっています。

本プログラムでは、そのような理想の睡眠をとれない現代社会の状況に合わせ、質の高い眠りをとる「技術」や睡眠の妨げになる身体への負担を最小限に抑える「技術」にフォーカスしています。

あるIT企業でのプログラム実施後3か月目のアンケートによると、66%の被験者の睡眠が改善されたとのデータが出ています。

<研修の流れ>

お申込み(研修実施の2ヶ月前程度)

研修実施(参加人数は○○人まで)

1か月ごとの追跡アンケート(3回実施)

最終レポート(研修実施後の変化の報告と、今後のご提案)


<研修カリキュラム>

1.睡眠の役割、自分の睡眠の振り返り
2.ビジネスマンの睡眠の典型例
3.生産性が高いビジネスマンの睡眠例
4.現代人に多い3つの睡眠のお悩み
5.一生使える睡眠の技術
6.【まとめ】学んだ事とコミット計画を発表

本研修導入の背景

1.生産性の向上

睡眠の改善は、一人一人の集中力や生産性の向上につながります。それを企業で実現できれば、結果的に売上・利益の向上にもつながるといえるでしょう

2.勤務中のリスク低減

工場勤務者や車両運転者など、睡眠障害が重大事故につながる仕事に就いている方々の睡眠改善を図り、社員と企業のリスク低減を図ります。

3.CSRや優秀な人材の確保

企業として社員の健康に配慮する姿勢を発信し、企業価値の向上や社会に対する責任を果たしていることを示す。国をあげて、働き方改革が叫ばれる中、企業が経営資源である「ヒト(=従業員)」の確保のために、健康増進を事業戦略の一部として考えていくことが求められてきています。

研修の導入事例

1.IT企業

長時間の座り仕事が中心で勤務中に眠くなってしまったり、夜は考え事をして眠れないという悩みなど、どこに問題があるのかを分析、解決策を提示しながら実態に即した研修を行っています。

2.外食関連企業

社内制度として研修を導入。基本は立ち仕事のため勤務中に眠気に襲われることは少ないのですが、眠気 自体は溜まっているので帰宅途中の電車内で眠ってしまったり、夜勤明けに朝日を浴びて体内時計がリセットされ睡眠リズムが崩れてしまったりもします。

3.物流企業(運輸事業者)

トラックなど労働時間のほとんどを運転に費やすドライバーが睡眠不足や睡眠に関する悩みを抱えている状態は、事故に直結したり、ドライバーの生命や積み荷の損害、企業のマイナスイメージなど、見過ごすことができない 切実な問題。睡眠研修を導入し、ドライバーの健康管理に役立てている。

※提携先パートナーのニューロスペースの研修事例です

良質な睡眠をとることで、仕事のパフォーマンスが向上し、企業の生産性が高まる

睡眠に関するアドバイスで多いのが8時間睡眠をとってください。とか数時間前から環境を整えてから寝ましょう。といった理想論ばかりで実生活にマッチしていない提案がほとんどです。それができないのが現代社会で、3時間しか寝られないとしたら、その短時間の睡眠でできる最も効果的な方法を見つけ出しアドバイスを行っていきます。

睡眠改善プログラム研修は、当社パートナー企業が大学および医療機関の監修に基づき実施致します。

※本研修は、良質な睡眠をとるための仕事の仕方や日常生活での行い、睡眠の仕方について考え方を掘り下げた研修であり、睡眠障害の克服を目的とした研修ではありませんことご了承ください

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)


お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報