【公開講座】監査役・監査(等)委員が責任を問われないための実務と応用

1名さまから参加できる研修サービス・公開講座

  • 研修プログラム例
  • お問合せ

セミナーの趣旨

平成 27 年 5 月1日から施行となった改正会社法・改正法務省令、同年6月1日から実施されているコーポレートガバナンス・ コード、いずれも監査役・監査(等)委員の役割がこれまで以上に重要視されています。そこで、監査役監査の位置づけを再確認 するとともに、定時株主総会対応を含めた期末監査実務、監査役として特に重要な個別項目についてまとめて解説いたします。

関連カテゴリ

総務・法務 会社法 経営・監査 コンプライアンス

受講対象者

監査役・監査(等)委員およびそのスタッフ、グループ企業に監査役やスタッフを派遣しているグループ会社統括部等のコーポレート部門の方、監査役・監査(等)委員との連携の必要がある内部監査部門の方

講義内容

  • Ⅰ.監査役監査の位置づけ
    • 1.三様監査
    • 2.会社機関による監査役監査の相違
    • 3.監査役の権限と義務
    • 4.監査役の責任
  • Ⅱ.期末監査実務
    • 1.期末監査業務の内容と対応
    • 2.事業報告の監査
    • 3.計算書類の監査
    • 4.期末における会計監査人との連携方法と相当性判断
    • 5.監査役(会)監査報告作成の工夫と留意点
  • Ⅲ.定時株主総会対応
    • 1.株主総会の法的位置づけと監査役等の実務
        ・本年特有の留意すべき想定問答
        ・監査役に特化した想定問答の具体例と検討
    • 2.株主総会当日の実務
        ・総会での口頭報告の位置づけ
        ・監査役の回答者
        ・社外監査役に質問があったときの対応
    • 3.株主総会直後の実務
  • Ⅳ.留意すべき個別実務
    • 1.監査役選任同意実務
    • 2.会計監査人報酬同意実務
    • 3.会計監査人選解任・不再任決定実務
    • 4.親会社等との利益相反取引開示実務
    • 5.常勤の監査(等)委員の有無と開示実務(監査(等) 委員会固有実務)
    • 6.取締役選任・報酬意見陳述実務(監査等委員会固有実 務)
  • 注1.監査(等)委員監査の扱い
    監査(等)委員については、上記の監査役(会)を置き換え てください。監査(等)委員が監査役と異なる実務について は、都度、解説の中で、対比して個別説明します。
    注2.最新の状況を念頭におくため、一部、講義項目の変更 もあり得ることを予めご承知おきください。

お申込みに際してご留意いただきたいこと

  • ・反社会的勢力と判明した場合には、セミナーへのご参加をお断りいたします
  • ・講義内容・趣旨等を考慮のうえ、講師と同業の方などセミナーへのご参加をご遠慮いただく場合がございます
  • ・大地震発生等の諸事情により、セミナーを中止・延期する場合がございますので予めご了承願います

お申込み後のキャンセルにつきましてはこちらをご覧ください

【事前に必ずご確認の上お申込みください】
*事前のお席の確保などのご対応致しかねます。
*お申込み内容は、翌営業日以降に確定いたします。
*お申込み後、満席などでご受講できない場合がございますので、あらかじめご了承ください。満席の場合は、別途ご連絡申し上げます。

スケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

講師

高橋 均 氏
獨協大学法科大学院教授、博士(経営法)
略歴:一橋大学大学院博士後期課程修了。博士(経営法)。1980年新日本製鐵株式会社(現、新日鐵住金㈱)入社。平成22年より現職。専門は、商法・会社法、金融商品取引法、企業法務。企業法学会理事、国際取引法学会理事、一般社団法人GBL(グローバルビジネスロー)研究所理事。 主著『株主代表訴訟の理論と制度改正の課題』(同文舘出版、2008年)、『コーポレート・ガバナンスにおけるソフトローの役割』共編著(中央経済社、2013年)、『グループ会社リスク管理の法務(第2版)』(中央経済社、2015年)』、『監査役監査の実務と対応(第5版)』(同文舘出版、2016年)他多数。法理論と実務の双方に精通しており、企業内の個別研修からセミナーに至るまでの講師多数。

定員

50名
※定員になり次第、申込みを締め切らせていただきます。(最少催行人員5名)

主催団体

本コースは、株式会社プロネクサスが主催しております。

お問合せはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:https://www.insource.co.jp

E-mail:[email protected]

お問合せ

お問い合わせフォームへ

※お問合せ内容ご記入欄に「監査役・監査(等)委員が責任を問われないための実務と応用」とご記入のうえお問合せください

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

公開講座LINK
公開講座の年間実績
  • 受講者数※1
    • 75,654
  • 開催数※1
    • 9,618
  • 講座数※2
    • 2,743種類

インソースの実績

  • 総受講者数※1
    • 63万
  • お取引社数※3
    • 31,883

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

※3 2003年6月から2020年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

お申込みの流れ
お申込み後の流れ
FAQ
活用事例

ラインナップ
管理職研修
中堅社員研修
若手向け研修
新人研修
CS向上のためのスキル
コールセンター向け研修
SE向け研修
土曜日研修

豊富なサービス
受講したい研修を受講者自身が選べる公開講座申込みシステムです
公開講座をかんたん&お得にお申込みできる無料のWEBサービス
公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております
公開講座のカリキュラムや開催スケジュールなどの情報をカンタンに検索・ダウンロードができます!
公開講座おすすめ研修
月間 人気研修ランキング
(階層別お申込み数)
階層別研修 おすすめプラン
(若手・中堅・管理職)
新作研修
(研修一覧、最新トレンド)

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

お問合せ急増中のテーマ

新人研修2020

お問い合わせ

おすすめリンク

人財育成パッケージプラン

全力ケーススタディ

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

新作研修~こんな研修できました

コンサルティング事例集

人材育成の7つのポイント

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

LMS・研修管理

eラーニング・映像制作

交流型無料セミナー

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修