新入社員~管理職向け

ニューノーマル時代の主体性を発揮できるチーム作りプラン

プランNo.321

主体性を発揮できるチームをつくるために、既存の型を守るための「情報」を、型を破り始める「経験」を、さらに型から離れるための「教育」で、各々の視座・スキルを高める

対象者・期間

業界・業種・規模

全業界

対象者

新入社員、若手社員、中堅社員、管理職

期間

1年間

問題意識・課題

  • 【組織】日々変化する外部環境に対して、前例踏襲にとらわれず、「今やるべきこと・できること」に率先して取り組める風土を醸成したい
  • 【意識・スキル】管理職の指示を待つメンバーが多い。若手・中堅層の視座を高め、積極的に業務範囲を広げ、戦力化させる必要がある
  • 【意識・スキル】メンバー同士が情報を共有しあい、アイデアや意見を活発に出せ、チームとしての成果を最大限出せる体制をつくりたい

問題の要因

  • コロナの影響により、組織の事業自体の消滅や業務改善の強化が求められている
  • 従来は管理職が部下の横について指導をすることができていたが、リモートや在宅ワーク下では物理的な距離があり、管理職が部下を1から100までをサポートすることが難しくなった
  • 今後は仕事のプロセスではなく「成果」が重視されるようになり、メンバーの強みを引き出す業務アサインや進捗管理など、管理職のマネジメント能力が一層問われている

課題に対する解決策

  • 新人~中堅社員には、情報・知識のインプット→経験→新しい業務への挑戦という、サイクルを繰り返しながら、自信を持ってもらい、業務範囲を広げてもらう
  • そのために、「チームのナレッジの可視化と知識を共有し合えるチームづくり」→「部下の成長を促す業務采配」→「教育を通じた判断軸の強化」といステップをもとに、新人~中堅を育てる風土を醸成する
  • 行動経済学を取り入れた各プログラムで、管理職は「部下の視座を高める」スキルを、新人~中堅は「人を動かす」スキルを習得してもらう
プランの概要

本プランの内容

本プランでは、チームメンバーが主体性を発揮できるように、「情報」「経験」「教育」という面からアプローチし、新入社員~管理職向けの研修を各階層に行います。以下の3ステップを行います。

1.「情報」を積極的に共有する体制づくり・・・属人化を防ぎ、経験者からメンバーへ「知識・ノウハウ」を共有し合える雰囲気をつくる
2.「経験」を増やす業務采配・・・上司がメンバーの成長を考えた、業務アサインを行う
3.「教育」を通じて増やす判断軸・・・経験と上司・先輩からの指導で、若手社員の判断力を強化する

プランの概要

1.「情報」を積極的に共有する体制づくり

管理職向け

属人化防止研修~システム開発担当者のナレッジマネジメント実践編(1日間)

本研修は、自部署やプロジェクトの属人化の課題を整理し、属人化解消のために必要な情報(ナレッジ)をどのような目的で、どのような成果物を作成し、またそれをどのように活用・展開していくかといった、ナレッジマネジメントの職場での実践を具体的に考えていただく研修です。

若手~管理職向け

マニュアル作成研修 基礎編(1日間)

業務マニュアルは、単なる仕事の内容を説明するドキュメントではありません。 作成すること自体が、業務の標準化や見直しのきっかけにもなります。本研修では、マニュアルの作成要領を習得すると共に、業務の標準化や業務改善への活用にもつなげていただきます。

メンバー全員受験

一人ひとりの特性と組織全体の傾向を「見える化」giraffeアセスメント

「キャリアタイプ志向性」や「モチベーションの源」「チームでの役割」「判断志向」など、社員一人ひとりの分析や組織の分析、自組織にとって今後必要となる人材像・人物像の分析ができるアセスメントツールもございます。オンラインで106問の設問に回答いただきます。

管理職向け

管理職向け従業員エンゲージメント向上研修~働きがいのある職場づくりでチームの活性化をはかる(1日間)

従業員エンゲージメント向上の施策は当人へのアプローチも重要ですが、「会社に入り、上司から去る」という言葉もあるように管理職に対するアプローチが欠かせません。本研修は、エンゲージメントという言葉に対する理解と、現場で実践できる「風通し」「見通し」「一体感」の3つのポイントを習得いただきます。

2.「経験」を増やす業務采配

管理職向け

仕事の任せ方研修~業務采配で部下を成長させる(1日間)

部下や後輩がいる人にとって、「どの業務」を「誰に任せるか」を考えることは、組織で働くうえで逃れることはできません。本研修では、やみくもに任せる仕事を選ぶのではなく、効果的に仕事を任せるスキルを身につけていただきます。

中堅社員向け

チームワーク入門研修~信頼・責任・疾走・勝利で高めるエンゲージメント(1日間)

チームワークは、働きがいやエンゲージメントを高めるうえで欠かせない要素です。本研修は、「信頼」「責任」「疾走」「勝利」をキーワードにチームへの関わり方を学びます。仕事における充実感と達成感を、受け身に待つのでなく、主体的に高めるスキルを習得いただきます。

新人~若手向け

(若手向け)主体性発揮研修~行動経済学を活用し、主体的に行動できるようになる(1日間)

本研修では、2~5年目の若手社員を対象に、人を動かすための手段として注目の集まる行動経済学を活用して、主体性を発揮して活躍するためのポイントを学びます。行動経済学のEASTというフレームワークにしたがって、自分と相手の動かし方を学びます。

3.「教育」を通じて増やす判断軸

管理職~中堅社員向け

行動経済学を活用した部下指導研修~EASTで部下の主体性を引き出す(1日間)

本研修では、人を動かすための手段として注目の集まる行動経済学を活用して、どのように部下指導を行えばよいのか、お伝えします。行動経済学のEASTのフレームワークにしたがって、部下の主体性発揮を促すポイントを学びます。

管理職向け

1対1面談研修~部下のキャリア開発支援編(1日間)

本研修は、実際に面談をする管理職・リーダーが、1対1面談でどのように部下の特徴・キャリア志向を把握していくか、フレームワークをお伝えしていきます。さらに、ワーク、ケーススタディでの実践を通して、部下のキャリア開発を促す1対1面談ができるようになることを目指します。

若手向け(OJT指導者)

OJT研修 ~部下指導編(1日間)

OJTの目的は、「実務能力」の習得と、自ら考えて行動するための「考え方の軸」の確立であり、それを実現するためにはOJT担当者による「準備」「継続」「計算」が不可欠です。本研修では、その前提のもとに、正しい育成計画の作り方と正しいOJTの進め方を学んでいただきます。

OJTフォローアップ研修~関係構築・フィードバック編(1日間)

本研修では、これまでの育成計画・指導、後輩の成長や課題を振り返っていただき、残りのOJT期間での指導をより充実させるため、改善点を明確にしてもらいます。さらに、後輩の自信を高める質問の仕方、後輩を動機づけるための効果的なほめ方、フィードバックに必要な要素を習得し、より高い指導スキルを身につけていただきます。

講師

お客さまの業界や受講者の業種・職種や学んでいただく内容に応じて、おすすめの講師をご提案させていただきます。

さらに効果的な教育を実施するためには

研修前後にご利用いただける、アセスメントサービスもございます。各階層の現状のスキルを「見える化」し、研修効果を確認することができます。

ビジネスで必要な「知識」と「活用力」を測定する「階層別テスト」


本プランについて詳細を知りたい方は、以下よりお問合せください。
担当の営業より、ご案内差し上げます。

お問合せ

似た課題をお持ちの方へおすすめのプラン

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

Copyright © Insource Co., Ltd. All rights reserved.