【通信教育】宅地建物取引士講座

不動産取引のエキスパート。活躍の場が広い国家資格!
人気度・活用度とも抜群!取得メリットが大きい。

こんな方におすすめ

target

  • 不動産に興味がある方
  • 人とコミュニケーションを取る事が得意な方
  • 注意力がある方
  • スキルアップ・キャリアアップを目指したい方
  • ニーズが高い資格がほしい方

コース概要

outline

宅地建物取引士講座とは

宅地建物取引士(宅建)は、不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な資格。不動産が資産として重要視される日本において、常にニーズが高く、数ある国家資格の中でも抜群の知名度と活用度を誇ります。

その理由は、宅建の資格取得者なしには、不動産業者が宅建業を営むことができないから。不動産業界の仕事で大いに活かすことができるのはもちろんのこと、銀行、信託会社など金融業界や建設業界でも幅広く求められています。

また、これだけのメリットがありながら、受験制限がなく、初めての方でも比較的取得しやすいのもうれしいところ。 知識は暮らしにも役立つから、チャレンジする価値ありです!

標準学習期間

6ヵ月

宅地建物取引士の試験はどんなもの

初学者でも合格が目指せます

宅建試験は年齢・学歴・実務経験などの受験制限がなく、誰でも取得を目指せる資格です。
宅建試験に出題される問題は、実は7〜8割が過去問の焼き直し。きちんと準備をすれば、法律の知識が全くない方でも合格しやすい試験です!
毎年数多くの有資格者が誕生しています。

試験はマークシート!約7割の正答で合格に

試験は4つの選択肢から、正しいものを選ぶマークシート方式。 論文や記述問題は一切なく、解答しやすいのが魅力です! 約7割以上の正答(50点満点中35点前後の得点)があれば合格を狙えます。

受験資格

年齢、学歴等の制約はなく、どなたでも受験できます。 (試験合格後、登録を受ける際に一定の要件を満たす必要あり)

申込受付

・インターネットの場合…例年7月上旬~中旬ごろ

・郵送の場合…例年7月上旬~末頃

試験日

毎年1回、10月の第三日曜日

試験地

在住の都道府県

出題形式

択一式/50問/四肢択一(マークシート方式)

試験科目

・権利関係(14問)

・宅建業法(20問)

・法令上の制限(8問)

・税・その他(8問)

受験手数料

8,200円

合格者数/
全国平均合格率

【令和3年度(12月実施分)】

・受験者数:24,965名

・合格者数:3,892名(合格率15.6%)

※合格基準点34点

【令和3年度(10月実施分)】

・受験者数:209,749名

・合格者数:37,579名(合格率17.9%)

※合格基準点34点

【令和2年度(12月実施分)】

・受験者数:35,261名

・合格者数:4,610名(合格率13.1%)

※合格基準点36点

【令和2年度(10月実施分)】

・受験者数:168,989名

・合格者数:29,728名(合格率17%)

※合格基準点38点

※詳細な情報は 一般財団法人 不動産適正取引推進機構のホームページでご確認ください。

教材・テキスト

material

“迷わせない“カリキュラムで、一気に合格圏内へ!

ユーキャンの教材はページ数を削り倒し、学習ボリュームが絞り込まれ、ムリなくムダなく試験対策が進められます。中には、教材ボリュームの少なさに驚かれる方もいらっしゃいますが、ご心配はいりません。経験豊富なユーキャン講師陣が、常に過去問研究や出題予想を行い、出題傾向に沿って学習内容を厳選。ミニマムながら、着実に合格力が身につくカリキュラムを実現しています。

毎日の学習をぐっと楽にしてくれる「合格デジタルサポートパック」に対応

宅建士講座は、動画講義やWebテスト、デジタルテキストがお手持ちのスマホやパソコンから学習いただけます。資格取得に不可欠な効率の良い学習の土台となるスケジュール・課題管理、弱点対策まで充実の機能を搭載!毎日の学習がスマホひとつで行えます。※デジタルテキストの対象はメインテキスト6冊(基礎テキスト3冊・実戦テキスト3冊)、完成テキストです。

講師陣は15名以上! 私たちにお任せください

当講座で教えている講師陣は、なんと15名以上! 1年中宅建のことを考えている、まさに宅建のプロです。試験の傾向をしっかりつかんでいるので、頻出ポイントを押さえてムダなく学ぶことができます。
わかりやすく丁寧な解説で好評を得ている講師ばかりですので、安心してお任せください!

【お届けする教材】

基礎テキスト 3冊、実戦テキスト 3冊

副教材:完成テキスト、本試験問題・解答解説、ガイドブック、添削関係書類

※画像はイメージです。実際の教材・テキストとはデザイン・仕様が一部異なる場合がございます

【添削・質問】

添削:あり 7回(模擬試験1回を含む)

質問:あり(1日3問までとさせていただきます)

標準学習期間:6ヵ月(受講開始から試験月までが標準学習期間に満たない場合は、翌年の試験月まで指導します)

主催団体

host

本コースは株式会社ユーキャンが主催しております。

学習の流れ

flow

宅建合格のカギは「重要過去問」の徹底的な攻略につきます。例年、出題される問題の7~8割は、過去に出題された問題の「焼き直し」。また、本試験でのひっかけパターンや問われ方を最も効果的に知ることができるのは過去問です。

しかし、いきなり過去問から入ってしまうのはハードルが高いもの。段階的にステップアップしていく学習法が効果的です!

【STEP 1】
まずは基礎テキストと動画講義で基礎学習

まずは基礎テキストで基礎知識を確認します。

テキストはよく出る分野に的を絞っているので、限られた時間のなかでも効率的な学習が可能!専門的な言葉や複雑な法律も、図表を使い解説するので、すんなり理解できます。

【STEP 2】
過去問を使って「実戦力」を養成

次のステップは徹底的な過去問の学習。「実戦テキスト」は、四肢択一式の過去問を選択肢ごとに徹底分析・解説し、さらに重要度の高い肢のみ、過不足なく厳選しました。

不要な捨て問を解くことなく、必要な知識に直結した良問を解き続けることで、どんどん理解が深まり、ムダなく着実に合格力が身につきます。

【STEP 3】
本番試験を想定した「総復習」を!

本試験直前期の学習では、実際の試験のシミュレーションと弱点の発見・克服が不可欠です。引き続き「実戦テキスト」を活用しつつ、副教材の「完成テキスト」「過去問題集」や添削課題の「模擬試験」など、本番試験と同レベルの問題を時間内に解く訓練をしていきましょう。

【STEP4】
いよいよ試験本番!

試験は例年10月に実施。解答しやすいマークシートのみで、およそ7割以上の正答が合格の目安です!学習したことや講師からのアドバイスを思い出しながら、落ち着いて解答していきましょう。

留意事項・備考

notice

必要な機材 / 動作環境

■スマートフォン・タブレット

・iOS 15 × Safari 最新版

・Android 11 × Google Chrome 最新版

■パソコン

・Windows 10 × Google Chrome / Microsoft Edge 各最新版

・macOS 12 × Safari / Google Chrome 各最新版

【合格デジタルサポートパックについて】

●推奨環境

最新の推奨環境こちらをご確認ください。(https://www.u-can.co.jp/topics/digital/

利用規約はこちらをご確認ください。(https://www.u-can.co.jp/topics/digital/tos/

●ご利用上の注意

・ご利用には、メールアドレスの登録が必要です。

・ご利用にはインターネット回線の契約が必要です。インターネット接続料金等はお客様のご負担となります。特に動画をご視聴の際には大量のデータ通信が発生することがありますので、通信量の上限のない、または上限に余裕のある回線でのご利用をお勧めします。

・受講期限内でのみご利用になれます。

・紙で提供されるすべての教材が、デジタルテキストとしても提供されるわけではありません。

・画面のイメージは変更になる場合があります。

注意事項

※法改正や試験に関する情報の変更があった際にはお知らせし、写真の教材と併せて学習していただく場合があります

※内容・仕様は変更になる場合があります

お申込み

apply

受講料

58,000円(税込)

※金額には、教材費、指導費、消費税などが含まれます

申込方法

お申し込みの流れ

flow

STEP

1

提供団体へ申込み

お申込いただきました翌営業日に、インソースから申込担当者様へ、教材送付先について確認のメールを送らせていただきます。

教材の送付先ご住所は原則、ご受講者様のご自宅住所です。

STEP

2

教材のご送付

お申込から10日前後で、提供団体からご指定の送付先に教材・商品(初回送付物)をお送りします。

送料のご負担はございません

教材に同封されている「ガイドブック」に学習全般についての説明が記載されております。必ず内容をご確認ください。

STEP

3

受講開始

ご案内に沿って、ご受講を開始ください。
添削課題の提出期限につきましては「ガイドブック」にて必ずご確認ください。

受講者の声

voice

●30代・女性

不動産業界では、有資格者である限り、自分で判断してお客様に物件を提供することは当然なんですね。自分の考えで仕事を進める事ができる。そして、資格があることで、信頼していただける。とてもやりがいがあって、充実しています!資格を取るために勉強したことは、今かなり活かせていますね。

●40代・男性・Tさん

添削課題の解説をいただいたことや、疑問に思ったことがあれば質問をして回答してもらえるというシステムがあるのは何よりも心強かったです。
通信教育というと、一方通行的なイメージが強いですが、ユーキャンは違いました。おかげ様で合格することができました。本当にありがとうございました!

●20代・男性・Sさん

テキストは、どこにでも携帯できるくらいの大きさで手軽さがあり、仕事の合間などスキマ時間を有効活用して勉強量の確保ができました。それでも、受験を終えて自己採点するまではドキドキでしたが、効率的な学習ができたおかげで合格することができました。
ユーキャンのカリキュラムは無理なく続けやすいものだったので、とても助かりました。添削課題などを定期的に提出することで、自分のペースで学習しつつ、ほどよくアドバイスをいただけるので、“通学講座は受けられないけれどある程度学習ペースは作って欲しい…”という方にはオススメです!
あとは、模擬試験があったことが良かったです。通学でなくとも、自分の現在の実力を意識しながら最後の追い込みをかけられました。

よくあるご質問

faq

  • 資格を取ったら、すぐ宅地建物取引士になれるのですか?

    確かに、宅地建物取引士になるためには、まず宅建試験に合格することが必要です。しかし、合格した途端に宅地建物取引士になれるわけではありません。宅建試験合格後、宅地建物取引士登録を受け、宅地建物取引士証の交付を受けたら、晴れて「宅地建物取引士」です!

  • 試験はいつまでに申込めば間に合いますか?

    毎年申込み期間は異なります。ユーキャンなら、教材・指導だけでなく受験のサポートもバッチリ!

    宅建の試験日や願書申込日などの試験情報を、正式な日程が決まり次第お知らせいたします。

  • 独学で宅建試験に合格することは難しいのでしょうか?

    独学で合格を狙うことも不可能ではありませんが、リスクがあります。

    疑問点が出てきた時に行き詰ってしまう点は、独学の恐いところ。また、宅建試験で重要になる、最新の法改正情報や統計情報に関しても、ご自身で調べて整理しておかなければ、その分失点してしまうことも。

    さらに、勉強を楽にするのもつらくするのも、使用する教材の質に大きく左右されます。効率よく&ストレス少なく学習されたいなら、プロのさまざまなサポートを受けられるユーキャンの「宅建講座」がおすすめです。

  • 仕事と学習を両立して、合格を目指すためのポイントは?

    とにかく、スキマ時間を見つけて少しずつでも継続して学習することが合格への近道!当講座のテキストは「全く初めての方でもわかりやすく」をモットーに作られているので、安心して学習いただけます。

    また、スキマ時間を活用できる副教材も充実!時間に縛られず、朝でも夜でもご都合のよいお時間に学習いただけます。

関連リンク

related links

関連研修・サービス

通信教育全力Q&A

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

コンテンツクリエイターズワークス

生理の貧困対策支援PJ(企業向け)全力Q&A

生理の貧困対策支援PJ(自治体向け)全力Q&A

生理の貧困対策支援PJ自治体のお声


公開講座からの新着メッセージ


    直近の公開講座開催研修