loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

SDGs研修

SDGs研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

17のゴールを目指し、組織の持続的成長を考える

「SDGs(エスディージーズ)」とは、Sustainable Development Goalsの略で、「持続可能な開発目標(ゴール)」と訳されます。2015年の国連サミットで発表された、社会・環境・経済などの17分野の社会的課題と169の具体的なターゲットが設けられており、国や企業、先進国や途上国、NPOや個人といったすべての人が一丸となって協力し、2030年までに解決することを目標としています。

組織がSDGsに取り組むことで、経済価値と社会価値、双方の創出が実現され、循環型の仕組みが生まれます。SDGsへの貢献を指針にすることで新規事業のアイデアが生まれるなど、ビジネスと社会活動の好循環が醸成されます。2030年のコミットに向けて目標を立て、自組織でSDGsを達成するためのPDCAを回していくこと、それが「これからの時代」の企業戦略です。

しかし、
・SDGsがよい指標であることはわかるが、いまひとつ内容を把握しきれていない
・組織としてSDGsに取り組むことになったが、何から手をつけてよいのかわからない
・SDGsと自社との関わりが薄く感じられ、現場に浸透させることが難しい
など、SDGsの組織への浸透は道半ば、というお悩みが多く見受けられます。

インソースの「SDGs研修」は、まずSDGsの基礎知識を学び、組織にとっての重要性をご理解いただきます。グループワークを通して身近な自分ごととしての「気づき」を得ていただき、自社における課題の洗い出しや施策の検討などを進めていただきます。さらには、実際の仕事のやり方に落とし込んで考え、ゴール達成までの目標管理・進捗管理までできるようになっていただくことを目指します。

【参考】インソースのSDGsの取り組み

SDGs研修のポイント

SDGsの基礎知識を学び、「サステナビリティ経営」の重要性を理解する

研修では、SDGsの17の開発目標の内容や、それぞれの絡み合いなどを学んだうえで、社会的責任と持続可能(Sustainable・サステナブル)な開発を循環させていく「サステナビリティ経営」の必要性を理解します。 SDGsは、近江商人の「売り手によし、買い手によし、世間によし」という意味の「三方よし」に例えられることがよくあります。「組織にとっても、顧客にとっても、社会にとってもよい」そんなSDGsの考え方を学ぶことは、事業の持続的成長に貢献する「経営者視点」を身につけるということでもあります。

自業種・自組織における「SDGs課題解決法と達成までの道のり」を探る

SDGsの知識を落とし込みながら、自社においてSDGsを実現するための課題の洗い出しや分析を行い、解決策の策定まで行います。フレームワークに沿ってグループワークを進め、SDGs達成に向けて実際に取り組む施策内容を詰めていきます。「自業種ならどうする?自社製品では?」といった身近なテーマでSDGsを深掘りしていくことにより、業務改善や新規事業のアイデアを柔軟に生み出すことがねらいです。自組織を想定したワークを通して考えることにより、SDGsとの関わりを自分ごととして捉えることもできます。

また、研修では、ゴール達成までの進捗管理手法も習得します。自組織におけるSDGsのゴール達成を目指すうえでの、仕事における目標設定と軌道修正のやり方を身につけていただきます。

SDGsの視点から自組織を見直すことで、「誇り」を醸成する

SDGsに貢献する組織であることは、人材の定着や採用においても効果が見込めます。ワーク・ライフ・バランスの価値観が多様化する昨今では、自身が満足する「正しさ」に働きがいをもとめたい、というビジネスパーソンも多く存在します。組織が目指すゴールをSDGsにすることにより、自社事業や製品がSDGsに貢献しているという誇りが生まれ、従業員のモチベーション向上が期待できます。SDGs研修を通して、自組織における多様性の理解や職場環境の改善といった課題解決を目指すことは、従業員の働きがい・生きがいにも影響し、組織に対する愛着(エンゲージメント)を醸成します。

SDGs研修ご検討のお客さまからのご質問

SDGsの重要性を社内に浸透させる手段として、効率の面から、eラーニングなども検討しているのですが、ありますか?

SDGsを基礎から学べるeラーニングをご用意しております。

社会価値を向上させるための課題解決の指針となるSDGsを具体例を交えながら学び、サステナビリティ経営に自分の業務・役割をとおしていかに寄与すべきかを考えることができます。できるだけコストを抑えて効率的に学びたいというお客さまにご好評いただいております。

サステナビリティ経営とSDGs入門講座

SDGsに取り組むにあたって、何から行えばよいか迷いが多いです。支援してくれるコンサルティングサービスなどはありますか?

はい、ございます。

インソースグループのミテモ株式会社提供のコンサルティングサービスでは、組織のトップによるサステナビリティ経営宣言から従業員への理念浸透まで、SDGsを実現するためのフロー実行をお手伝いさせていただきます。

理念に基づくサステナビリティ経営(CSV経営)コンサルティング

SDGsとESGはどう違うのですか?

「ESG」(イーエスジー)は、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の頭文字をとったものです。企業としてどう取り組んでいくかという基準ですが、社会に対してというよりも、企業の経営に対して利害関係のあるステークホルダー(投資家や株主)に対して説明するための指針になっています。

インソースでは、管理職向けのラインナップとして、ESGに関する基本的な知識を習得しつつ、それを職場でのマネジメント業務にいかに結びつけていくかを学んでいただくための実践研修もご用意しております。

管理職のためのESG研修~自部署で取り組む「環境」「社会」「企業統治」の課題(1日間)

SDGsの前提として、まずは社内のコンプライアンス意識を高めたいと思いますが、おすすめの研修はありますか?

はい、ございます。

コンプライアンス研修や、コンプライアンス違反を発生させないためのガバナンス(内部統制)強化に注力する内部統制研修がございます。また、SDGs目標の項目にある「ジェンダー平等の改善」や「働きがい」に大きく影響するハラスメント防止研修などもございます。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

SDGs研修のおすすめプラン

半年間で新規事業立案スキルを学び、計画を発表するプラン

管理職の変革意識を醸成するために、半年間で「組織のビジョン共有」と「組織づくり」「環境分析」「企画発想」スキルを強化し、最終成果として新規事業を立案してもらう

6か月で、全社員のエンゲージメントを高める研修プラン

エンゲージメントを高めるために、管理職は部下との接し方やマネジメント方法を学び、一般職は成長意欲と主体性を高め、今後のキャリアを描く

多様性を尊重する近年の理念浸透コンサルティングプラン

「個の多様性を活かしつつ組織の理念を浸透させ、組織の力を高める」。矛盾しそうなこの課題に正面からぶつかり、理念の策定から浸透、ツール制作までオールインワンで支援

SDGs研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

◆管理職として組織のSDGs課題解決に向けた目標管理スキルを高めたい

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!