loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

内部統制研修

内部統制研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

個別業務の小さな仕組みから、会社・組織全体の仕組み作りまで

内部統制とは、会社・組織の業務で、ミス、エラー、違法行為、不正などが行われないようにルールやプロセスの整備・運用を図ること、あるいはその仕組みそのものを指します。

小さな仕組みでいうと、ミスやエラーを発生させないようダブルチェックをすることや、現金の管理の担当と、金庫にあるお金をチェックする担当を分けるのも立派な内部統制です。
会社法で定められているコンプライアンス、情報管理、リスク管理といった全社を挙げて業務の適正を確保する体制づくりも内部統制です。さらには、金融商品取引法で定められている正しい財務諸表や計算書類を作成し外部に提出することも内部統制に紐づいています。

個々の構成員やトップの意識が低ければ、内部統制は機能しません。「内部統制は法律で決められたから仕方なく行うもので、必要最低限の対応でよい」という姿勢では、組織の信頼を失墜させる不祥事が起きかねないのです。

インソースでは以下のような目的に沿う研修を取り揃えております。
・今後上場を控えており、内部統制の構築のための教育を企画したい
・内部統制はすでに行っているが、更なる整備・検証・改善を行うための教育をしたい
・管理職や役員に改めて内部統制における役割、リスク管理やルール徹底の取り組みについて学んでほしい
・内部監査、総務、法務、システムといったコーポレート部門の内部統制担当に内部統制の実務を学ばせたい
弊社のソリューションをぜひお役立てください。


内部統制研修のポイント

内部統制とは何か。なぜ重要視すべきなのかを理解する

規制緩和が進んだことで自己責任によるマネジメントが求められていること、事業の急激な変化とステークホルダーの発言力が大きくなったことによるリスクの多様化、会社法と金融商品取引法の施行により、内部統制の整備が義務づけられることになりました。
研修ではこの一連の流れをまずはおさえ、組織内の体系整備をどのように行うかをフレームワークに基づいて解説します。業務の有効性の確保・財務報告の信頼性といった目的を達成する、統制環境やリスク対策の必要性を認識します。

内部統制の目的としてのコンプライアンス

研修ではリスクマネジメントをフェーズ毎に分解し、リスクの洗い出し、それらのリスクの評価、予防策の立て方を学びます。部署やチームの内部統制の責任者となる管理職が業務の見える化を推進し、適正なプロセスで進行されているかを適正に管理できる体制づくり、リスク発生をすぐに把握できるコミュニケーションスキルの習得も欠かせません。自らがルール違反を起こさないよう自分を律すること、仕事の管理や実績に責任をもつという覚悟についてもお伝えします。

内部統制研修ご検討のお客さまからのご質問

当組織の状況を踏まえたケーススタディは作れますか?

A.作成可能です。受講者が頭を悩ませがちなシーンを事前にご教示いただくことで、貴社オリジナルの「リアル」なケーススタディを作成できます。現場の実態に即したケースで演習を行うことで、普段困っていることやその解決策などについて受講者同士で考え、共有することができ、そのまま現場の実践につなげられ、高い研修効果が見込めます。

また、ケーススタディの作成にあたっては、受講される方々にあらかじめ事前課題アンケートを実施することを推奨いたします。受講者の悩みや課題を具体的にくみとり、ケーススタディやテキスト内に事例として組み入れることも可能です。

事情があり、とにかくすぐに研修をやりたいんですが、対応してもらえますか?

A.対応いたします。
大至急であれば、最低一週間を目安にお時間をいただくことで、研修を実施いたします。
その場合、細かいプログラム内容のカスタマイズはお受けすることはできず、弊社において実施実績の多い標準版テキストの中からお選びただくという点をご了承ください。
研修効果が最大限高まるよう、弊社の総力を挙げて研修のクオリティ向上に尽力いたします。まずは弊社営業担当までご相談ください。迅速対応をお約束します。

従業員は全国にある事業所に所属していて、人数も多いのでなかなか集合させることが難しいのですが、集合研修以外でおすすめの教育の手法はありますか?

A.一人ひとり個別に受講させてもよい研修であれば、異業種交流型の「公開講座」にご参加いただくのがおすすめです。全国の会場で、複数の開催日程からご希望に合うクラスを選択いただけます。

短時間で効率的に、画一的な教育をしたいという場合にはeラーニングをおすすめしています。動画教育のプラットフォームも弊社にて開発していますので、あわせてご検討ください。

公開講座ラインナップ
動画百貨店 動画教材・eラーニング一覧

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

内部統制研修のおすすめプラン

コンプライアンス遵守・ハラスメント防止の職場改善プラン

全4回で管理職と一般職でコンプライアンス遵守とハラスメント防止が守られる職場づくりを目指す。それぞれ、リスク管理や気持ちの持ち方などの内容も踏まえて研修を行う

リスク管理のレベルを向上させタフな組織をつくるプラン

主に管理職を中心として、今の時代にそれぞれの立場で必要な「リスクマネジメントスキル」を習得してもらい、全社のリスク管理レベルの向上や業績の拡大、安定を目指す

2年間で全社員のコンプライアンス意識を刷新するプラン

1年目は管理職の意識改革・体制づくりから始め、変革の土台をつくる。そして2年目に全社員への教育を階層別教育やeラーニングで 一気に行い、組織風土全体を変革していく

内部統制研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!