ダイバーシティ推進を強力に進めたい組織向け

ニューノーマル時代の多様な「人」と「働き方」推進プラン

プランNo.311

ニューノーマル時代における企業の経緯続的な成長には、多様な「人」と「働き方」に適応することが強く求められている。この推進に必要な、意識の順応やスキルの強化を行う

対象者・期間

業界・業種・規模

ダイバーシティ推進を強化したい組織

対象者

全社員

期間

ご相談に応じて、プログラムを構築いたします

問題意識・課題

  • 【組織】コロナ禍によりテレワークなどの新しい働き方も導入され、多様な働き方ができる組織づくりが急務である
  • 【組織】ダイバーシティ推進を掲げるも、なかなか進んでいない
  • 【意識・スキル】経営層や現場の管理職がダイバーシティ推進の重要性を理解していない

問題の要因

  • 多様なメンバーが、同じ空間で働くことができず、その分、業務のしわ寄せがいく優秀なメンバーや手のかかる材がいる
  • ダイバーシティ推進は制約や事情をもち働く従業員のための救済施策と見ていることが多く、経営層や管理職がその必要性と利点を自分ごとにできない
  • メンバーそれぞれが、「女性は管理職に向いていない」「シニアは柔軟性に欠ける」などのバイアスを持っており、それらのバイアスによって業務配分の偏りが生まれる→経験の幅が限られる→本人の意欲・モチベーションが下がるという悪循環に陥ってしまっている
プランの概要

課題に対する解決策

  • ニューノーマル時代の働き方や仕事の進め方の変化を踏まえ、組織の成長戦略として、ダイバーシティ推進を掲げる。「多様な視点を持つ人たちと一緒に働くのは工夫が必要で、面倒くさい」という認識をあらため、今後はダイバーシティ推進を「多様な人と働き方で業績を上げること」を目的とする
  • まずは経営層含めて、全社員で自身がもつアンコンシャス・バイアスを認識し、どのようなバイアスが組織・自身にあるか理解する
  • 現場で求められる「成果を出すスキル」を標準化・可視化し、業務アサインを容易にする。また、不足するスキル、活躍する人材の育成方法を明確にする。メンバーそれぞれの「個」をみて、マインドとスキルの両方にアプローチできる教育を実施する

本プランの内容

多様な人や働き方で、「成果」を追求しなければ生き残れない時代に突入いたしました。本プランでは、階層別、年代別という枠を超え、多様な社員に対して、マインドとともに現場で即活用できるスキルを与え、現場社員にダイバーシティ推進の成功体験をつくります。

プログラム例~貴社のご状況に応じて、構築いたします

プランの概要

1.経営層向け ニューノーマル時代のダイバーシティ推進を考える

【講演やワークショップ】ニューノーマル時代の経営・人事戦略を考える変革プラン

経営者・経営層の意識改革を目指し、アフターコロナ・ウィズコロナ時代の組織の方向性を考えていただくことを目指しております。「一度経営層のマインドを統一したい」「グループ会社間で同じ危機感や認識を持ちたい」組織におすすめです。プログラム内容はご要望に応じて柔軟に対応いたします。

2.全社員向け アンコンシャス・バイアスを理解する

(半日研修)アンコンシャス・バイアス研修~無意識の決めつけ・思いこみを打破し、 改めて職場風土を考える

アンコンシャス・バイアスとは、無自覚の固定観念・決めつけのことを言います。多様性が謳われる今、また、あらゆるビジネスシーンで“常識”を見直す必要性が高まる今、自身のアンコンシャス・バイアスに気づき、考え方や価値観を変える必要性が増しています。本研修ではケーススタディやワークを通じて、固定観念ゆえに自分には見えていない現実・事実があることに気づき、より多様な視点をもつことの重要性やメリットについて学んでいただきます。

3.組織が求めるリアルスキルを可視化する

人事評価制度・研修制度構築するためのスキルマップ作成ワークショップ

組織で活躍するためのリアルスキルを「標準化」 「可視化」し、企業が公表していけば、業務アサインは容易になるとともに、不足する必要スキルと活躍人材の育成方法が明確になります。現場で成果を上げるスキルを明確にし、人材の流動性を高めていきます。

スキルマップのイメージ

プランの概要

4.現場の管理職の育成スキルを強化する

(リーダー向け)ポストコロナ・ウィズコロナ時代の働き方研修~ 「主体者」 と「新たなゼネラリスト」の育成

コロナ禍を機に働き方は一変し、同時に求められる人材も変化しています。本研修では、ポストコロナ時代どのような人材が求められ、あるいは評価されていくのか、コロナ禍で生じた「仕事ができる」の定義の変化を演習を通して捉えながら明らかにしていきます。「主体者」と「新たなゼネラリスト」の育成をキーワードに、行動経済学を用いた具体的な育成手法を学んでいただきます。

5.戦略的な教育で多様な人材が輝く組織をつくる

ニューノーマル時代には、「個」を見て、それぞれに対して戦略的なマインド醸成・スキル強化で、組織力を向上させていくことが至上命題です。インソースでは多様なプログラムをご用意しておりますので、貴社のご状況やスキルマップをもとに、最適な教育施策をご提案いたします。

多様性におけるキーワード

・多様化する女性 ・多様化する男性 ・LGBTQ+ ・多様な年代 ・異文化出身者
・障害のある人材 ・空間をともにせず働く人材 ・介護をする人 ・闘病をする人


女性活躍推進プログラム例 ~マインドとスキルの両方にアプローチする

各年代のライフステージや課題感に合わせ、取り組みにおける足並みを揃える階層別研修です。

プランの概要

その他女性活躍推進研修はこちら


シニア教育プログラム例

管理職向けコミュニケーション研修 シニア人材と良好な関係を築く編(1日間)

本研修は、シニア社員・職員と良い関係を築き、その豊富な経験・知見を業務に活かしてもらう手立てを学んでいただきます。シニア社員・職員の直面するロスや、コミュニケーションで陥りがちな課題を理解し、実践形式で「日常のコミュニケーション」「効果的な面談」についてお伝えします。

業務伝承研修~シニアのナレッジを組織知として伝承する(1日間)

本研修では、シニア層の思考や感情を踏まえた動機付けを図り、業務伝承に対して前向きな気持ちを作りだしたうえで、苦手な方が多い形式化の方法や教え方についてのテクニックを学習していただきます。ワークでは、自身が持つノウハウの棚卸を行い、構造化し、よりわかりやすく業務を伝承するポイントを押さえていただきます。


その他シルバー人材・高齢者活躍推進研修はこちら


キャリア教育プログラム例

20代向けキャリアデザイン研修~Must・Can・Willでキャリアを考える

30代向けキャリアデザイン研修~主体的かつ戦略的にキャリアを考える

40代向けキャリアデザイン研修~ワーク・ライフ・マネーバランスを考える

50代向けキャリアデザイン研修~人生100年時代のマネー戦略を立てる

50代活動(いそかつ)研修 ~これからのワークスタイルを考える

マスターズ(ベテラン世代向け)研修~好奇心をもって仕事人としての「芸」を磨く

講師

お客さまの業界や受講者の業種・職種や学んでいただく内容に応じて、おすすめの講師をご提案させていただきます。

さらに効果的な教育を実施するためには

「キャリアタイプ志向性」や「モチベーションの源」「チームでの役割」「判断志向」など、社員一人ひとりの分析や組織の分析、自組織にとって今後必要となる人材像・人物像の分析ができるアセスメントツールもございます。オンラインで106問の設問に回答いただきます。

一人ひとりの特性と組織全体の傾向を「見える化」giraffeアセスメント


お客さまが今、紙やExcelでお使いの人事評価シートをそのままWEB化して、運用を効率化していただく人事評価シート WEB化サービスがございます。過去の評価結果や、今まで受けてきた教育の履歴がシステム上で一元管理することができます。

人事評価シート WEB化サービス

本プランについて詳細を知りたい方は、以下よりお問合せください。
担当の営業より、ご案内差し上げます。

お問合せ

似た課題をお持ちの方へおすすめのプラン

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

Copyright © Insource Co., Ltd. All rights reserved.