業務伝承研修~シニアのナレッジを組織知として伝承する(1日間)

業務伝承研修~シニアのナレッジを組織知として伝承する(1日間)

来たる団塊の世代ジュニアの退職、ノウハウの流出。組織として専門機能の維持・強化に備える

研修No.B KNW104-0000-4280

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

対象者

  • 中堅層

・50代の方
・役職定年を控えた方
・再雇用者

よくあるお悩み・ニーズ

  • シニア人材の仕事が属人化しておりブラックボックス状態になってしまっている
  • シニア人材の方が「次の世代に伝えよう」「後輩たちに教えよう」「他の人でもわかるようにしておこう」という考えをもって仕事をしていない
  • 後進への教え方がわからない

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、シニア層の思考や感情を踏まえた動機付けを図り、業務伝承に対して前向きな気持ちを作りだしたうえで、苦手な方が多い形式化の方法や教え方についてのテクニックを学習していただきます。ワークでは、自身が持つノウハウの棚卸を行い、構造化し、よりわかりやすく業務を伝承するポイントを押さえていただきます。

到達目標goal

  • ①業務伝承の意義を知り、前向きな気持ちで取り組めるようになる
  • ②経験則かつ感覚的に仕事を進めていた中にあるノウハウを棚卸・整理・構造化できるようになる
  • ③業務の知識やスキルについて、相手が理解・実行できるような教え方を身につける

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.業務伝承について考える
    【ワーク】自分の職場において、世代間における知識や技術の格差でどのような問題が発生しているかを考える
    (1)なぜ業務伝承が必要なのか~ナレッジに関する職場の状態チェック
    【ワーク】自分の職場において、ナレッジに関する対策が必要と思う点を確認する
    (2)組織のシニアに対する期待
    (3)シニアにとって教えることの意義
講義
ワーク
  • 2.業務伝承によって何を実現するのか
    (1)業務伝承を進める手順
    (2)業務伝承を進めるうえでの注意点
    【ワーク】伝承したい知識・ノウハウを洗い出す
    【ワーク】影響度(緊急度・重要度)・頻度の2軸で優先順位を付ける
講義
ワーク
  • 3.ナレッジの抽出
    (1)暗黙知と形式知
    (2)ナレッジのタイプと伝わり方
    (3)教える内容の棚卸・整理
    【ワーク】2章のワークで洗い出し、優先順位付けを行った伝承したい業務内容をロジックツリー・プロセス・連関図のいずれかを用いて分解する
    (4)業務の目的と具体化
    【ワーク】指導のフレームワークを踏まえて情報を整理する
講義
ワーク
  • 4.ナレッジの保存~教える内容のドキュメント化
    (1)分かりやすい資料にするためのポイント
    【ワーク】これまでに見た資料で、分かりやすい・分かりにくいと感じた資料について、意見交換する
    (2)資料作りの流れ
    (3)STEP1「目的・ねらい」のポイント
    【ワーク】3章で作成した「業務の指導内容」について、ドキュメント化するためのシナリオを考える
    (4)STEP2「構成」のポイント
    (5)STEP3「分かりやすい表現方法」のポイント
講義
ワーク
  • 5.教える力① ~心構え・考え方
    (1)教える目的とは ~職場の生産性を高めること
    (2)立場を変えて考える「良い教え方とは」
    【ワーク】自分が教わる側の立場であれば、どのような指導を求めるかを考える
    (3)「ともに働く」を楽しむ
    (4)お互いの価値観・考えを伝え合い、違いを認め合う
    (5)固定観念と価値観の押しつけに気をつける
    (6)個人として接する~「対話」の重要性
講義
ワーク
  • 6.教える力② ~スキルとテクニック
    (1)指導における伝え方のポイント
     ①言いたいことをシンプルにする
     ②わかりやすく伝え方~PREP法・ホールパート法
     ③教わる側のニーズ・メリットを考える
     ④話すスピード
    【ワーク】2人でペアになり、わかりやすく伝える練習する
    (2)質疑応答の受け方
    (3)考える力を高める指導法~コーチングの活用
     ①ティーチングとコーチングの違い
     ②指導者に求められる「傾聴力」「質問力」「承認力」
    (4)指導におけるコミュニケーション~フィードバックする
    【ケーススタディ】これまでの研修内容を踏まえて、ケースに基づき、部下・後輩の指導方法について考え、共有する
講義
ワーク
  • 7.まとめ
    【ワーク】今回の研修で学んだこと、気づいたことなどを踏まえて、明日から実行していくことを共有する
ワーク

6470

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

企業が、ノウハウを持つシニアの方のノウハウを若手に伝承したい/組織知として伝承したいという考えは分かります。ただ、ノウハウだけ会社に提供して欲しいと依頼しても、シニア層の方に進んで行なっていただけますでしょうか。重要なことは、まず、シニア層の方にこれまでの功に対して感謝を示し、これからの期待を伝え、協力をお願いすることではないでしょうか。そのうえで、シニアの方が苦手とする形式化や教え方についてのテクニカルスキルを伝えば業務伝承が推進していくのではないかと考えます。そのような想いから本研修を開発いたしました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ナレッジマネジメント研修 ~「組織の知」を活用する
年間総受講者数
735
内容をよく理解・理解
92.6
講師がとても良い・良い
92.3

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia OJT教育のやり方

部下・後輩指導研修の選び方

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia メンター制度

優秀な人材の流出を防ぎ、定着率を高める 離職防止(リテンション)を考える研修

ストレスチェック支援サービス

あなたの組織の中堅社員はどのタイプ?9つのタイプ別おすすめ研修

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!