loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(半日研修)アンコンシャス・バイアス研修~無意識の決めつけ・思いこみを打破し、 改めて職場風土を考える

グローバル・ダイバーシティ

(半日研修)アンコンシャス・バイアス研修~無意識の決めつけ・思いこみを打破し、 改めて職場風土を考える

自身の「思い込み」「決めつけ」を自覚し、排除することで、より本質的なものの見方を身につける

No. 8160102 9901047

対象者

  • 全階層

・最近注目されるようになった本テーマについて、「そもそもアンコンシャス・バイアスとは何か」を知りたい方
・自身のアンコンシャス・バイアスに気づけるようになりたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 「男性は〇〇だ」「女性は〇〇するべき」といった固定観念が多い組織風土がある
  • 決めつけや思い込みが激しいと自覚している(指摘される)
  • これまでとは異なるものの見方が必要だと感じてはいるが、具体的にどうしたらいいかが分からない

※リーダー層以上の方は「ハラスメント防止研修~基礎知識を習得する」、メンバーへの適切な配慮を学びたい管理職の方は「【全力解説】現代管理職のモノの言い方研修~ハラスメントリスクを低減する」もおすすめです

研修内容・特徴outline・feature

アンコンシャス・バイアスとは、無自覚の固定観念・決めつけのことを言います。「男性は○○であるべき」「新入社員は○○なはず」といった思い込みや、「ビジネスではこうするのが当たり前」「こういう時はこう対応するのが常識」といった考え方の背景には、これまでの学びや気づきから得た論理的な統計結果の蓄積があります。 一方、多様性が謳われる今、また、あらゆるビジネスシーンで“常識”を見直す必要性が高まる今、自身のアンコンシャス・バイアスに気づき、考え方や価値観を変える必要性が増しています。

本研修ではケーススタディやワークを通じて、固定観念ゆえに自分には見えていない現実・事実があることに気づき、より多様な視点をもつことの重要性やメリットについて学んでいただきます。

到達目標goal

  • ① 自身のアンコンシャス・バイアスおよび、自組織における関係者のアンコンシャス・バイアスを
      自覚できる
  • ② ①について必要に応じて改善を提案・提言できるようになる
  • ③ 多面的かつ多様な視点で物事を見られるようになる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】チームの中で、メンバー同士自己紹介をする
ワーク
  • 2.アンコンシャス・バイアスとは
    (1)アンコンシャス・バイアスとは
    (2)アンコンシャス・バイアスを持つことは悪いことではない
    (3)アンコンシャス・バイアスが問題になる場合
    (4)"常識"の中に潜むアンコンシャス・バイアスの種
    (5)アンコンシャス・バイアスの種、"常識"はどこから?
    【ワーク】プライベートや日常生活の中で、アンコンシャス・バイアスだと思われるような「決めつけ」「思い込み」はあるか考える
    (6)組織・職場における「決めつけ」「思い込み」のリスク
    (7)組織・職場におけるアンコンシャス・バイアス
    【ワーク】自身の職場(組織)にはどんなアンコンシャス・バイアスがあるかを話し合う
    (8)クリティカルシンキングという考え方
    (9)組織・職場にクリティカルシンキングを持ち込めるのは誰?
    【ワーク】自分の職場には新人メンバーが自由に気兼ねなく突っ込める風土があるかどうか考える
講義
ワーク
  • 3.アンコンシャス・バイアスを越えていくために
    (1)アンコンシャス・バイアスを越えていくために①
    (2)アンコンシャス・バイアスを越えていくために②
    (3)アンコンシャス・バイアスを越えていくために③
    (4)アンコンシャス・バイアスを指摘されたら
講義
  • 4.職場風土を変えていく
    (1)何故、今、アンコンシャス・バイアスが注目されるのか
    (2)「そういうものだ」という決めつけ・思い込みからの打破
    (3)職場風土について話し合う際の4つのポイント
    【ワーク】職場風土について思うこと、変えた方がいいと思うことを共有する
講義
ワーク
  • 5.改めてアンコンシャス・バイアスをきっかけに考える
    (1)誰かにのしかかる無言のプレッシャーを外す
    (2)改めて多様な意見に耳を傾けることで見えてくるものがある
    (3)「これについて、どう思う?」を訊き合える職場は強い
講義
  • 6.まとめ
    【ワーク】本日の講義を踏まえ、明日からご自身がなすべきことを具体的に書き出す
ワーク

企画者コメントcomment

組織を取り巻く環境は日々変化しており、ダイバーシティ推進や働き方改革などが謳われるようになりました。それらを阻むものは、実は一人ひとりの自覚なき決めつけや思い込みであることが多いものです。本研修を受講いただくことで、各々のアンコンシャス・バイアスに気づいていただき、これまでとは異なる視点で組織や課題を見直すことを始めていただきます。

スケジュール・お申込み
(オンライン/セミナールーム開催)schedule・application

オンライン開催

セミナールーム開催

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります
  • カリキュラムは一部変更となる可能性があります。大幅な変更の際は、申込ご担当者さまへご連絡いたします。

事前のご案内

受講できそうな日時がない… 日程を増やしてほしい… 
そんな時には「研修リクエスト」

研修リクエストサービス

「研修リクエスト」とは、お客さまのご希望の日程、内容、会場で、1名さまから インソースの公開講座を追加設定するサービスです。 サービスの詳細や、リクエスト方法はこちらをご確認ください。

※受講者数1名以上の場合から、リクエストを受け付けております

※ご連絡いただいてから研修実施まで、通常2か月程度かかります(2か月以内での急ぎの実施も、ご相談可能です)

受講者の評価evaluation

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

100.0%

講師:大変良かった・良かった

100.0%

※2022年10月~2023年9月

実施、実施対象
2023年12月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.9%
講師:大変良かった・良かった
85.7%
参加者の声
  • 人事部から社内に発信する際に、アンコンシャスバイアスが誰かの不利益になっていないか確認していきたいと思います。
  • 思い込みによる固定概念にとらわれず、あらゆる視点から物事を捉えられるように少しずつ思考の習慣を変えていきたいと思います。
  • 自身の無意識の思い込みがないか疑問を持ち、他者とのよりよいコミュニケーションが取れるように活かしていきたい。
  • 物事の考え方を時代に応じて変えていく必要があることに気づかされた研修でした。男女での業務分担を考え直して、例えば電話対応を女性に任せない等対応していきたいです。

実施、実施対象
2023年11月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
84.6%
講師:大変良かった・良かった
84.6%
参加者の声
  • 自分の中でのアンコシャス・バイアスを越えていくためには自身の無意識の決めつけを自覚し周囲の意見に耳を傾け視野を広げていくようにしたいです。
  • 無意識に選択肢や自由を奪う、誰かを傷つている可能性もあるため、まず、「どう思うか」を相手の意見を聞くことを大切に行動したいです。
  • 長年の凝り固まった考えだけでなく、色々な意見や問題について、視点を変えて自分自身で疑問に持って改めて考えていきたい。
  • 業務上、衛生管理者として社員の健康相談窓口、コンプライアンス相談窓口、採用担当窓口などを担当しており、アンコンシャスバイアスは必須と考える。個人の経験値や見た目、直感に左右されず、フラットに対応できるよう意識する。

実施、実施対象
2023年10月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • アンコンシャスバイアスの存在や、種類について理解が深まりました。今後は自分自身の思考や判断に潜む可能性のあるバイスに気を付け、客観的な意思決定をしていきたいと思います。
  • グループワークでは異なる業種の方と会話することで、意図せず持っているバイアスについて自覚しました。他の人の考えや思いを聞く癖をつけ、話しかけやすい雰囲気づくりをしたいです。
  • 意見を聞く場を作り、相手の意見をまず聞き受け止めることが大事だと改めて感じた。自分の中でもアンコンシャスバイアスはたくさんあって、考え方を狭めてしまっていたんだと感じ、考え方を変えることが大事だなと感じた。
  • アンコンシャスバイアスに気づき、自身を疑ってみるところから始める。他社との関係において、それが偏見や思い込みかもしれないということをできるだけ、アサーティブに伝えていくことも必要と思った。

実施、実施対象
2023年8月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 偏見を無くそうと人それぞれ意識をしてはいるが、恐らく意識している「分野」や「領域」を無意識に選択してしまっているのではと感じたので、今後は広い視点を持って業務に臨む。
  • 否定をしないで、自分の意見を持って業務をしていきたいと思った。それぞれ個人の意見が異なる事を当たり前とし、その中からチームとしての最適解を見つけていく。
  • 決めつけ、思い込みがないかを意識し、仕事のミスがないようにしていきます。また、思い込みや決めつけを持たずに、お客様対応もしていきたいです。
  • アンコンシャスバイアスについて考える事がなかったが、組織の活性化、生産性向上に非常に有効・大切なものと認識できた。今後は相互をポジティブに尊重し合う風土作りをする。

お問合せ・ご質問

よくいただくご質問~お申込み方法や当日までの準備物など、公開講座について詳しくご説明

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
100.0
講師がとても良い・良い
100.0

※2022年10月~2023年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

同ジャンルの研修を探す

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

コンテンツクリエイターズワークス

生理の貧困対策支援PJ(企業向け)全力Q&A

生理の貧困対策支援PJ(自治体向け)全力Q&A

生理の貧困対策支援PJ自治体のお声

  • WEBins
  • 20周年特別タイアップ企画
  • モンシャン

公開講座からの新着メッセージ


    直近の公開講座開催研修