研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

DX(デジタルトランスフォーメーション)

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面で、より良い方向に変化させること」を一般的には指します(※英語では「Trans」を「X」と訳する習慣があります)。 そして、組織においてのDXは、「データとITを活用し、破壊的イノベーションを実現すること」と表すことができます。具体的には、ビジネスのデジタル化の推進やAI・RPAなどによる生産性向上やコスト削減を目指し、データとIT技術を活用して新たなビジネスモデルや新商品・新サービスを開発する、といった取り組みを指します。

◆何故DXが必要なのか?
働き方改革や、昨今の世界的な不況の波を乗り切るためには、組織における業務の効率化や成果向上の道を模索することが不可欠です。そのためには、これまでのビジネスで蓄積してきた自社に眠る膨大なデータを駆使してAI・RPAを活用することや、最新のIT技術をふまえた革新的なビジネスアイデアの企画・実現に取り組んでいく必要があります。

組織内部にIT・デジタルに明るい人材が多ければ、それだけスピードをもって組織のDX化ができますが、IT人材・デジタル人材の採用が難しい中、これからますます採用競争は激化し、人材が足りなくなることが予想されます。また、情報セキュリティやコンプライアンス遵守の側面からも、組織全体にITリテラシー教育を徹底しておくことが、現代社会における企業の姿勢として期待されます。

◆それにはどうしたら?
ITの専門知識が必要なのは「IT独特のモノづくり力」だけで、それ以外のスキルは高度な知識が不要なため、誰でも身につけることができます。そこで、理系・文系を問わず、育成によって基礎的なIT知識・スキルを身につけることが肝要です。専門的なシステム開発を行える「プロ」の人材獲得はもちろんのこと、組織内の人間の苦手意識を取り払い、DX化を推進できる人材を増やすことが望まれます。

システム開発者でなくとも、簡単な要件定義ができるスキルを習得していれば、プロジェクトの方針やイメージを可視化し、メンバーと認識をすり合わせる場面でも非常に有用です。また、自身の業務内でデータを扱い、仮説構築や検証ができるデータ分析スキルなども大きな戦力となります。企画・管理部門では、RPAやExcelマクロといった自動操作を扱うスキルがあれば、人材不足を補うことやヒューマンエラーを無くすことにも大きく寄与します。

DXは、その組織の事業や業務に精通した人材が関わることで精度を上げることができます。初歩的なステップとしては、全従業員がIT・デジタルへの苦手意識を捨て、人任せにしない姿勢を持つ、といった裾野を広げる取り組みを、組織のどこまで徹底できるかが重要です。また、組織内のデジタル化は様々な側面があります。各部門・職種に、どのレベルのIT知識・スキルが必要かをまずは定義して、対象者ごとに教育施策を打っていく必要があります。そして、データやデジタル技術の活用の取り組みをサポートするDX推進部門の設置や、DXの取り組みを先行して実行する人材の育成・確保を進めることが必要です。組織のDX実現は、全社的な基盤と対象者ごとの知識・スキル付与、推進体制構築がカギを握っています。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

キーワード一覧


ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材・テキスト付きeラーニングレンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

直近の公開講座開催研修