若手社員研修

若手社員研修

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修の目的・特徴

若手社員研修の特徴

若手社員の育成は組織の生産性を高めるためにも重要です。しかし、各年次で成長目標を細かく設定し、育成を行うことができていないという組織も多いのではないでしょうか。

インソースでは「若手社員」を2~5年目社員と定義しています。早期育成を掲げ、各年次ごとに教育プログラムをご用意しております。

2~3年目社員向け研修

業務を1人で遂行できるようになるのはもちろんのこと、主体的に仕事に取り組むことが期待されています。また自身の業務だけでなく、新人・後輩指導への積極的な関与も求められます。

主体性発揮

指示通りにこなすだけでなく、自ら考え一歩先を見据える力をつける

仕事の進め方・業務遂行

1人で業務を遂行し、質の高い仕事の進め方ができるようになる

後輩指導

適切な業務指導を行い、後輩の成長を促す

意欲・モチベーション向上

仕事に対する意欲を向上させ、主体的に自身のキャリアを築く

4~5年目社員向け研修

既存のやり方に縛られることなく、主体的に問題解決に取り組む姿勢が求められます。そして5年目には現場リーダーとしてチームを牽引する存在となることを目指します。

問題解決

問題を発見する視点と、問題解決に不可欠な論理的思考法を身につける

コミュニケーション

周囲と協力して円滑に仕事をするためのコミュニケーションスキルを身につける

リーダーシップ

一担当者の視点から脱し、チームを率いるリーダーとしての視点を持つ

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

研修のプロがお答え人気研修TOP5

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

若手社員研修のご提供コンテンツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!