研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

バランススコアカード

バランススコアカード(BSC)は、1990年代にアメリカのキャプラン教授とノートン博士が発表した業績評価システムです。戦略的目標管理制度と呼ばれることもあり、業務評価だけでなく、戦略を現場レベルで組織内に共有し、実行させるマネジメントシステムでもあります。

それまでの業績評価と違うことは、財務数値に表される過去の業績だけではなく、財務以外の経営状況や経営品質などを評価し、現在・未来における企業価値をバランスよく評価する点です。それだけでなく、株主や顧客満足度などの対外的な評価と、現在の業務プロセスや従業員の満足度・成長といった組織内の評価のバランスも考慮します。

以下の4つの視点から関連が強い数値データを選択し、評価や戦略立案に使います。
1.財務の視点:財務数値データ
2.顧客の視点:企業と顧客の関係を示す数値データ 
3.業務プロセスの視点:ビジネスの状態を示す数値データ
4.学習と成長の視点:中・長期的な強み、従業員のモチベーションなどの数値データ
このような数値をモニターすることで、戦略を立案し、達成状況測定にも活用します。

今までのトップダウン的な戦略実現ではなく、長期的なビジョンや戦略を現場レベルでのアクションプランにかみ砕きます。
具体的には、目標を実現するための具体的要因(重要成功要因)の設定、戦略の達成度を測定・評価する指標(業績評価指標 KPI)の設定、ターゲットKPI数値(業績評価指標)の設定などを行います。そのうえで、目標達成の為にどんな行動をおこすか短期的行動目標(アクションプラン)を決めます。

BSCを利用すると、戦略の遂行状況を測りながら組織力・成長力・競争力を強化していくことができます。経営層は視覚的、実質的に経営状態を把握でき、戦略に基づいた目標達成までのプロセスを継続的に管理することができます。現場の従業員は、日々の業務がどのように目標達成に影響するのかを意識できるという良さがあります。
数値データを利用することだけに偏らず、自組織が何を基準にどのように行動するのかを、明確に把握して進めることが大事です。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    今すぐダウンロード

  • 研修会社で実施される社内研修を紹介

    2020年度 社内教育のご紹介
    コロナ禍での全社階層別研修

    今すぐダウンロード

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

キーワード一覧


ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

動画百貨店ランキングページ

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

直近の公開講座開催研修