【DVD】組織を危機から守る クライシス・コミュニケーション

【DVD】組織を危機から守る クライシス・コミュニケーション

ダメージを最小限にとどめるための方策を開設

  • 発行:日経BP 日本経済新聞出版本部
  • 監修:電通パブリックリレーションズ、田中正博(電通パブリックリレーションズ専務)
  • DVD(約60分)+テキスト

商品No.DN917154

対象者TARGET PERSON

管理職層
部長・経営層
広報担当者

研修内容・特徴OUTLINE・FEATURE

いくら危機管理のためのマニュアルや制度づくりをしても、欠陥商品、工場の火災や爆発、従業員の不祥事など、不測の事態の発生はさけられないことです。起きてしまった以上、逃げ隠れやうそ、ごまかしをせず誠意ある対応をする? ?これがクライシス・コミュニケーションの基本です。

人は起こしたことで非難されるのではなく、起こしたことにどう対応したかによって非難されるのです。経営の基本であるコミュニケーションを中心に置いた危機管理の最も大切な行動の仕方を解説します。

おすすめポイントPOINT

  • リスクマネジメントの最も新しい考え方、クライシス・コミュニケーションの重要性についてわかりやすく説明します。
  • 欠陥商品発生や工場の火災・爆発、クレーム対応の失敗など、それぞれの局面 でのクライシス・コミュニケーションの方策と、よくある失敗例を具体的に解説します。

収録内容DETAIL

第1巻 クライシス・コミュニケーションとは(約20分)

■クライシス・コミュニケーションとは何か

■クライシス・コミュニケーションの進め方


第2巻 クライシス・コミュニケーションのための対応1(約20分)

■欠陥商品発生時の対応

■工場の火災・爆発事故発生時の対応


第3巻 クライシス・コミュニケーションのための対応2(約20分)

■クレームに対する対応不備、トラブル発生時の対応

■従業員の事件・犯罪発生時の対応

■マスコミの誤報、風評リスク発生時の対応

価格PRICE

■DVD(コピー不可)にて購入~DVDプレーヤーにて再生できる形式

  • 本DVDに関しては、社内のイントラネット・LMSへの搭載ができません
  • その他、本DVD利用上の注意事項・禁止事項について、詳しくはこちら

本研修に関連する全力Q&A

~様々なeラーニングサービスについて詳しくご説明

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!