ビジネス文書講座

ビジネス文書講座

ビジネスパーソンに必須の文書スキル基礎

商品No.DM100002

対象者TARGET PERSON

  • 新入社員
  • 若手層

研修内容・特徴OUTLINE・FEATURE

相手に伝わる文書を作成できることは、ビジネスパーソンとして必須のスキルといえる。本動画では、まずはその文書が誰に何を伝えることを目的とした文章なのかを明確にすることの重要性を説いている。この「文書の目的」が理解できると、その後に紹介される良い例と悪い例の文書の違いが明らかになるだろう。ビジネス文書の書式に決まりきった「型」が存在するのも、すべては相手に分かりやすく情報を伝えるためなのだ。

★2021年3月12日(金)~4月30日(金)の期間限定★
動画5本セット『新人「4つの壁」対策パッケージ』買い切り割引キャンペーン実施中!

【動画データ】1本目82MB、2本目27MB、3本目36MB(本動画コンテンツは、計3本の動画データで納品いたします)
【WEBinsource研修コード】DM100002

サンプルの視聴SAMPLE MOVIE

収録内容DETAIL

収録時間: 0:19:14

■文書制作の基礎

プログラム
内容
  1. はじめに
  2. ビジネス文書の目的を明確にする
  3. ビジネス文書の種類
  4. 読みやすい文書を書く
  5. レイアウトを見やすくする
  6. 読みやすい表現で文章を書く
  7. 本文内容が想定できる課題
  8. ひとつ一つの文を短く
  9. 主語と述語を対応させる
  10. 内容は具体的に詳しく
  11. わかりやすい言葉を使う
  12. おわりに

■メールの定型レイアウト

プログラム
内容
  • 1.メールの定型レイアウト
    (1)ひとつの案件につきひとつのメールにまとめる
    (2)長すぎず読みやすい簡潔なメールを心がける
  • 2.ビジネスメールのレイアウト
    (1)ビジネスメールの構造
    ①わかりやすい件名
    ②宛名
    ③書き出し
    ④本文
    ⑤署名
    (2)本文を書く
    ①文章量は絞り、コンパクトにまとめる
    ②一行は30~35文字程度が望ましい
    ③引用は最低限に収める
    ④段落と段落の間は一行空ける
    ⑤本文の終わりには「以上」を忘れずに
    (3)署名をかく

■報告書の定型レイアウト

プログラム
内容
  • 1.報告書の作成にあたって
    (1)A4一枚に簡潔にまとめる
    (2)報告すべき案件が起きたらすぐに作成する
  • 2.報告書のレイアウト
    (1)日付
    (2)宛先
    ‥‥署名・役所名を併記すると丁寧な印象を与える
    (3) 差出人(場合により押印する)
    (4)標題(一行)
    (5)本文
    ‥‥定型文を活用すると書きやすい
    (6)記書き
    (7)報告事項(状況説明)
    (8)内容要旨(50~100字)
    (9)詳細内容
    (10)所見
    ‥‥この部分にのみ自分の意見を書くことができる
    (11)添付資料
    (12)右詰め「以上」

価格PRICE

本コンテンツについては、以下のパターンから購入・視聴プランをお選びいただけます。

■eラーニングコンテンツ購入プラン ~買い切りプラン

eラーニングコンテンツを購入できるプランです。
自社内で長期的に、繰り返し、複数の社員が視聴する場合は、こちらのプランがおすすめです。
納品方法は、データ、USB、DVDからお選びいただけます。

会員サイトWEBinsourceからお申込みいただくと「お得に(割引適用)」かつ「後払い」で購入いただけます。WEBinsourceの詳細・ご登録はこちら

HPから直接お申込みいただくと、納品前に入金いただく必要がございます。サービスご提供までにお時間をいただきます旨、ご了承ください。

クラウドデータにて買い切り

DVDにて買い切り~動画データをDVD-Rに書き込んだ形式(DVDプレーヤーでの視聴不可)

USBにて買い切り

■eラーニングコンテンツ1週間レンタルプラン ~期間限定視聴プラン

¥1,870(税込)~/人  
  (※設定費込み)

期間限定で1週間の間に1回、インソースのeラーニング配信システムに接続して、コンテンツを視聴いただくプランです。

  • ご受講者さまのメールアドレスにて、コンテンツの視聴状況を管理させていただきます。個人アドレスがない場合は、複数人で使用している「共通アドレス」を受講者情報の登録時に、記入ください

STEP

1

お申込み・ご入金

お申込みの方法(経由)によって、請求のタイミングが異なりますので、ご確認ください。

■先払い:動画百貨店ページからお申込み

ホームページからのお申込みについては、サービスをご提供する前に、お振込み・ご入金をしていただく必要があります。お申込みを確認し次第、請求書をお送りいたします。ご確認ください。

■後払い:WEBinsourceからお申込み

WEBinsource経由のお申込みについては、月末にまとめてご請求さしあげますので、事前のお振込み・ご入金は不要です。

STEP

2

eラーニングシステムID発行

インソースからご受講者さま

インソースからご受講者さま宛に、メールにて視聴用のサイト情報、ログイン情報をお送りいたします。メールは、レンタル視聴開始の前週金曜日に届くよう設定しております。

STEP

3

動画視聴…指定された月曜日~日曜日の1週間

ご受講者さま

ご受講者さまにて、動画視聴専用サイトにログインいただき、eラーニングをご視聴いただきます。

STEP

4

視聴レポート送付 ~視聴終了後2~3営業日

インソースからご担当者さま

視聴期間を終えた後、インソースよりお申込み担当者さま宛に、各視聴者さまの視聴状況を記したレポートをCSVファイル(Excel)でお送りいたします。

会員サイトWEBinsourceからお申込みいただくと「お得に(割引適用)」かつ「後払い」で購入いただけます。WEBinsourceの詳細・ご登録はこちら

HPから直接お申込みいただくと、納品前に入金いただく必要がございます。サービスご提供までにお時間をいただきます旨、ご了承ください。

レンタルスケジュール

お申込み期限は、視聴開始日2週間前の月曜日です

■定額制eラーニングSTUDIOプラン

STUDIOについて、詳しくはこちら

  • 最低利用数は50IDです。50ID未満での購入はできません
  • 最低利用期間は、半年間です。半年未満での購入はできません
  • 50ID以上の購入であれば、1ID単位で購入いただくことも可能です
  • 1IDを用いて、複数人が同時ログインすることはできません
  • 1ID あたりの動画再生数が100動画再生/月を超えた場合は、超過分として20円/再生の超過料金が発生いたします
  • 50IDよりも少ないIDでeラーニングご利用をご検討のお客さまは、別途サービスをご案内いたしますので営業担当者にお問合せください

定額制eラーニング視聴サービス「STUDIO」

■ベンチャーパックプラン

社員数が少ない成長企業で、インソースの公開講座とeラーニングをあわせて社員研修を組み立てたい場合は、こちらのベンチャーパックがおすすめです。

ベンチャーパックについて、詳しくはこちら

本研修に関連する全力Q&A

~様々なeラーニングサービスについて詳しくご説明

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

eラーニング 被評家者

eラーニング 下位評価の伝え方

eラーニング 人事評価・人事考課

動画教材 OJTの進め方

動画教材 メンター

動画教材 リモートワークでのOJT

動画教材 新人の報連相を上達させる方法

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!