研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

パーソナルブランディング

ブランディングとは、商品にブランドの力を付加すること。
パーソナルブランディングとは、企業や企業に所属している個人が、
企業の中の「個」として、企業のイメージ向上のために行うプロモーションです。


「企業ブランディング」に対して、「パーソナルブランディング」は
企業の担当者のブランド化と言っていいでしょう。

「□□会社の一社員」から、「□□会社の〇○さん」となり、
顧客との関係を強化することが目的です。

パーソナルブランディングの流れとしては、まず自分を俯瞰して強みやキャリアを確認し、次に顧客に何を提供できるかを予測します。

さらに競合を知ることでゴールを描き、これらを踏まえてポートフォリオを含むプロフィールを作成します。この時、率直な等身大の自己紹介にすることが重要です。

そして、SNS などを活用して持続的に発信を行っていくことで、自分と自社のファンを増やしていきます。

パーソナルブランディングが成功すると、企業側には社員が自社を好きになり、取引先の評価が上がるなどの効果が起き、個人としては、人脈が広がり、指名を受けやすくなることで仕事が楽しくなり、意欲が増すなどの好循環が起きます。

しかし、失敗すると、企業としても個人としても信頼回復が非常に困難になります。パーソナルブランディングを行う時は、あらかじめ正しい知識を得た上で、あくまでも企業内の個人として「信頼」と「共感」をやさしくわかりやすい表現で得ることを目的とし、運営には細心の注意を払うことが必要です。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧