メンタルヘルス問題への対応策と体制構築の実務

1名さまから参加できる研修サービス・公開講座

  • 研修プログラム例
  • お問合せ

受講対象

人事部門・経営企画部門・総務部門をご担当の方

講義のねらい

企業におけるメンタルヘルスを巡るトラブルは、ここ数年増加の傾向にあります。社内体制が不十分であったり、間違った対応をしたために生産性の著しい低下を招いたり、さらには深刻な労務トラブルに発展するケースも多く、企業にとっては大きなリスク要因となっています。
メンタルヘルス問題の多くは、適切な予防策・対応策、制度構築を行うことで回避することができ、問題が表面化する前にしかるべき取り組みを行うことが重要です。
本セミナーではメンタルヘルスとは何かからはじまり、続いて企業の法的責任、労務トラブルに発展する典型的なケースと原因の解説を行い、休職者、復職者の管理体制の構築のポイント、職場でできる予防と発見などについて、詳解いたします。

研修プログラム例

内容
14:00~17:00

1.メンタルヘルスとは何か

  • 1)企業としてのメンタルヘルスケアの必要性
  • 2)精神障害を正しく理解することの重要性
    •   ・「うつ病」とそれ以外の精神障害の特徴、発生メカニズム

2.企業における社員の健康管理の法的責任

  • 1)精神障害に関する労災増加の背景と現状、今後
  • 2)安全配慮義務についての理解
    •   ・社員の「自己保険義務」と企業の「安全配慮義務」
  • 3)判例にみる管理監督者の法的責任範囲
  • 4)ストレスチェックの現状と企業の対応

3.労務トラブルが発生する典型的なケースと原因

  • 1)復職タイミングでのトラブル発生のプロセス、原因

4.休職者・復職者管理の社内体制構築

  • 1)休職・復職定義の明確化、変更をする際の留意点
    •   ・就業規則上の定義、ハンドブックなどの活用
  • 2)診断書が提出された場合の対応と制度上の留意点
    •   ・診断書の提出=休職ではないことの理解
    •   ・休職を決定する機関の設置
    •   ・「休職時提出書類」・「休職中提出書類」・「復職時提出書類」
    •   ・産業医、顧問医との連携
  • 3)休職についての、ルール・規定の明確化
  • 4)社内の対応体制の構築
    •   ・だれが、いつ、どのように対応するか、対応フロー例紹介
  • 5)休職者の管理、対応ポイント

5.職場でできる予防と発見

  • 1)管理監督者としての早期発見のポイント
    •   ・時間、仕事、行動と表情の3点からの発見
  • 2)メンタルヘルス不調者への気づきと対応
    •   ・不調者へ言って良いことといけないこと
    •   ・相談、アドバイスなどへの医学的観点からの対応
    •   ・受診に消極的な社員への対応
  • 3)早期発見、早期対応の重要性

※「休職時提出書類」・「休職中提出書類」・「復職時提出書類」ひな型「復職時のオペレーションフロー」シート 付き
※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

注意事項

  • ※最小催行人数に満たない場合には、開催を中止させていただく場合がございます

【事前に必ずご確認の上お申込みください】
*事前のお席の確保などのご対応致しかねます。
*お申込み内容は、翌営業日以降に確定いたします。
*お申込み後、満席などでご受講できない場合がございますので、あらかじめご了承ください。満席の場合は、別途ご連絡申し上げます。

お申込み後のキャンセルにつきましてはこちらをご覧ください

スケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

講師

株式会社MD.ネット 執行役員  高橋 裕之氏

主催団体

本講義は、一般社団法人企業研究会が主催しております。

お問合せはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:https://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp

お問合せ

お問い合わせフォームへ

※お問合せ内容ご記入欄に「メンタルヘルス問題への対応策と体制構築の実務」とご記入のうえお問合せください

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

公開講座LINK
公開講座の年間実績
  • 受講者数※1
    • 55,948
  • 開催数※1
    • 7,238
  • 講座数※2
    • 2,292種類

インソースの実績

  • 総受講者数※1
    • 49.0万
  • お取引社数※3
    • 25,210

※1 2017年10月~2018年9月

※2 2018年9月末時点

※3 2003年6月から2018年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

お申込みの流れ
お申込み後の流れ
FAQ
活用事例

ラインナップ
管理職研修
中堅社員研修
若手向け研修
新人研修
CS向上のためのスキル
コールセンター向け研修
SE向け研修
土曜日研修

豊富なサービス
受講したい研修を受講者自身が選べる公開講座申込みシステムです
4,500社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2017年3月末時点
公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております
スマートパックの価格表はこちらから

※税込価格

※上記表の1回換算は、インソース主催公開講座で最もスタンダードな10:00~16:45実施の研修(通常価格\26,000)をご受講の場合です

公開講座のカリキュラムや開催スケジュールなどの情報をカンタンに検索・ダウンロードができます!
上記サービスの活用や、公開講座の「豊富なラインナップ」「低コスト」「効率化」という特性を活かして、体系的な教育支援を行っております。
公開講座おすすめ研修
月間 人気研修ランキング
(階層別お申込み数)
階層別研修 推奨プラン
(若手・中堅・管理職)
おすすめ研修
(新作情報・キャンペーン)

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報