インソースのアセスメントサービス

アイコン

CS(顧客満足度)店舗調査サービス

概要

「プロ目線」または「お客さま目線」で現場の顧客満足度を調査する


1.社員・スタッフの現場での動きや対応を把握する
⇒サービス業を始め、多くの企業で実績のある店舗調査や窓口対応調査の項目を利用し、ポイントを絞った調査を実現

2.できている/できていないが明らかになる
⇒分かりやすく、具体的なチェック項目で、本人も納得の評価


■サービスの強み


※自組織に限らず、競合組織も可能!


10店舗調査の場合の使用例:
1.自店舗4店舗の研修前後調査 + 競合店舗2店の調査による比較
2.自社5拠点および競合3社 + 評価下位拠点2拠点の研修後調査 など

上記に加え、自店舗の調査結果に合わせた研修を実施いたします。


・業種ごとに評価項目を設定し、的確な評価を実現!(飲食、アパレルなど)
・顧客の自社店舗・窓口だけでなく、他社の店舗・窓口を含めることも調査可能!


■研修では、個別具体的な指導・フィードバックを実施
調査結果をもとにした指導は、受講者にとっても腑に落ちやすく、翌日からの実践を可能にします。


■再調査で、改善度合いの確認と新たな改善点を把握する

調査研修調査の流れにより、社員・スタッフのレベルアップが可能

CS調査の流れ


■各工程の目的
①【1回目調査[事前調査]】⇒現状把握が目的
顧客視点の評価と業態平均との比較により、自組織の接遇レベルの把握が可能。

②【研修】⇒事前調査から明らかになった課題を改善することが目的
お客さまに最適な研修を実施。調査結果に基づき、指導・フィードバックも行う。

③【2回目調査[事後調査]】⇒効果測定が目的
研修とその後の現場での実践を踏まえ、事前調査結果と比較し接遇レベルの変化を確認。報告書は、1回目調査からの数値の推移が一目で分かる
フォーマット。


■チェック項目

<調査項目>

1.仕草・身だしなみ
2.挨拶・声かけ
3.言葉遣い・話し方
4.環境
5.リピート意向、など

PDFファイル <診断項目サンプル>


■評価項目

<報告書項目>

1.カテゴリー別
2.総合評価
3.改善ポイント
4.得点率とリピート意向の傾向
5.リピート意向のポイント、など


◆電話応対・接客応対調査の総合ページはこちらへ


定価:プロ目線での評価の場合

5店舗で50万円(税抜)~ ~調査件数、調査エリアなどに応じて変動

  • ※店舗別レポート、全体報告書つき
  • ※調査項目のカスタマイズ可(別途料金)

実施期間

約3か月(調査計画の立案からレポートの納品まで)

調査対象

接客に携わる社員・職員

調査内容

  1. ①しぐさ、身だしなみ
  2. ②挨拶、声かけ
  3. ③言葉づかい、話し方
  4. ④環境
  5. ⑤リピート意向
    など、多数

調査後のサービス

・各種研修等のご提供

◆CS/接遇/クレーム対応関連研修の詳細はこちらへ

使用例

  • ・自店舗の研修前後の調査
    +競合店舗の調査による比較
  • ・自社5拠点及び競合3社
    +評価下位2拠点の研修後調査

調査レポートイメージ

※総合報告書と個別評価シートを納品

チェック項目の例

  • ・笑顔での挨拶があった
  • ・平易な言葉を使って説明が分かりやすかった
  • ・(店舗の)清掃が行き届いていた
報告書サンプル 報告書サンプル
年間実績導入実績
導入社数
1,577
受検者数
74,434

※ 2023年9月末時点(累計)

  • WEBins
  • 20周年特別タイアップ企画
  • モンシャン

アセスメント新着情報

アセスメントの活用事例

閉じる