若手向けテスト

バージョンアップ情報

  • ◆新しい設問パターンが追加されました。
    これにより研修前後で、異なる設問での出題が可能です。
  • ◆ログイン可能期間がアカウント発行ご案内日から1年を超える6月末日までとなりました。

サービス内容について

「階層別テスト」では、当社がこれまで実施してきた研修・コンサルティング・アセスメント等に基づき、若手社員に求められるスキルを洗い出し、以下のカテゴリを作成しました。

※本サービスでは、若手社員を「入社2~4年目」の社員と想定しております。
内定者~1年目社員へのテストをご検討の場合は、「新人8大スキルアセスメント」を
推奨いたします。

カテゴリ スキル
①ビジネス基礎 ビジネスマナー/ビジネス文書/電話応対/ホウレンソウ/財務知識
②ビジネスマインド 仕事に対する姿勢/自立・規律/営業力
③業務遂行力 PDCA/QCDRS/タイムマネジメント
④論理的思考力 判断力/ロジカルシンキング
⑤コミュニケーション力 コミュニケーション/プレゼンテーション/チームワーク
⑥リーダーシップ力 指導力・OJT
⑦社会常識 ダイバーシティ/ワークライフバランス/コンプライアンス/リスクマネジメント

本テストではこれらのカテゴリ・スキルについて、ビジネス場面で必要な「知識」を問うとともに、ケーススタディなどを通じてそれを「活用できる力(活用力)」を有しているかどうかを測定します。また、各階層に求められる役割に応じて配点も異なり、「若手」は知識の配点が高く、階層が上がるにつれて活用力の配点が高くなっています。

①知識

多くの場面で使える知識を持っている

<例> 報告・連絡・相談の知識
PDCAの要素と意味
財務に関する基礎知識

②活用力

ケースに応じて知識を活用することができる

<例> 欠員が出た際のチームマネジメント(⇔通常時のチームマネジメント)
トラブル発生時のお客さま対応(⇔通常時のお客さま対応)
プロジェクトの進捗に遅れが出た場合の管理(⇔通常時の進捗管理)

設問数

全34問...知識26問(70点)、活用力8問(30点)

設問例

あなたは、B社に勤務しています。今は午前11:45で、取引先である●●商事のⅩ部長から、あなたの先輩である営業担当のC主任に至急連絡をとりたいと電話が入りました。
しかし、C主任は外回りの営業中で今は留守にしています。Ⅹ部長はとてもお急ぎのようで、なるべく早く折り返し電話が欲しいとおっしゃっています。

この状況におけるあなたの対応として、適切なものを1つ選んでください。

1.C主任が外出中であることをお伝えすると大変がっかりされたので、誠に申し訳ないと心からお詫びし終話する。

2.Ⅹ部長がお急ぎであることが感じられたので、「すぐにCに連絡を入れさせます」と電話を切り、C主任の携帯電話に何度も連絡を入れる。

3.いつまでに折り返しのご連絡を差し上げればよいのかを尋ねる。また、その時間内であれば、お昼休みと想定される時間であったとしても、連絡して良いのかについてもうかがう。

4.お急ぎのようなので、用件がどのようなことかをうかがう前に、C主任の上席である課長に電話を替わり、対応してもらう。

結果画面イメージ※総合結果

サービス実施方法

当社システム「Leaf」を使用したWEBテスト

サービスの流れ

  1. 1.ネットにてお申込み
  2. 2.当社受付、事務局よりメールにて対象者情報記入のご依頼(パスワード付き Excel ご送付)
  3. 3.ご担当者さまにて対象者情報記入のうえ、事務局にご返送
  4. 4.事務局にてシステムのセッティング
  5. 5.事務局よりメールにてアカウント情報の送付
  6. 6.ご担当者さまにてシステムを通じて対象者へ回答依頼メール送信
  7. 7.対象者は WEB 上で回答
  8. 8.ご担当者さまは WEB 上で結果を確認

※研修計画についてのご相談承ります

  • ・お申込み受付後、翌営業日には、弊社アセスメント事務局より対象者情報記入のご依頼をいたします。
  • ・対象者の氏名もしくはID、メールアドレスの2点を、専用Excel表にご記入いただきご返送ください。
  • ・ご返送確認後、1週間~10日前後でアカウントを発行し、ご連絡いたします。
  • ・アカウント発行完了メールが届き次第、ご利用が可能です。

※回答依頼メールはご担当者様より対象者に送付いただくため、利用期間内であれば回答開始時期は自由に決めることができます。

利用可能期間

回答可能期間
アカウント発行ご案内日から6ヵ月間
ログイン可能期間
アカウント発行ご案内日から1年を超える6月末日までとし、この期間内は全体結果および個人結果の閲覧、結果のダウンロード等が可能です。なお、当期間経過後は、システムへのログインができなくなります。
  • ※利用期間経過後は、自動的にユーザーアカウントおよび管理者アカウントは利用できなくなります。
  • ※複数回利用されたい場合にはアセスメント事務局にご連絡ください(有料)。

利用料金について

料金は1名単位となります。

2,200円/名(税込)

※上記の料金で、回答可能期間内に1回のみ回答ができます。

申込方法について

本サービスのご利用には、「かんたん研修お申込みシステムWEBinsource」へのご登録が必須となります。

※本サービスは、法人のお客さま限定のサービスです。個人・個人事業主の方からのお申込みは、お受けできませんので、ご了承ください。

【WEBinsource未登録のお客さま】

以下の「お申込みはこちら」ボタンよりお申込みください。
※WEBinsource及び階層別テストの両方に同時にお申込みいただけます。

お申込みはこちら

【WEBinsourceにご登録済のお客さま】

WEBinsourceログイン後、画面下部の「階層別テスト」の「お申込み」ボタンよりお申込みください。

WEBinsourceログインはこちら

テスト後のおすすめ研修

若手向けテスト回答後のおすすめ研修は以下の通りです。自社・自組織・各個人のスキルアップのため、以下の研修をおすすめします。

ビジネス基礎

ビジネスマナー

相手とのやり取りのベースになる「ビジネスマナー」。職種により求められるレベルに差がありますが、いかなるレベルであっても、ビジネスのスタート地点に立つために、確実に押さえたいテーマです。

ビジネスマナー研修接客サービス・接客マナー向上研修クレーム対応研修~苦情対応の正しい手順を学ぶ

ビジネス文書

文書作成スキルは、使用頻度が多いわりに体系的に教わることの少ないスキルです。基本を押さえ、訓練することにより、確実にレベルアップします。書き手だけでなく、読み手の業務効率を高めるテーマです。

ビジネス文書研修論理的で分かりやすい文書の書き方研修報告書・議事録の書き方研修

電話応対

年々不慣れな方が増えている電話応対ですが、ビジネスのコミュニケーションツールとして、不安なく使いこなせるスキルが求められます。

電話応対レベルアップ研修クレーム電話対応研修電話応対基礎研修

ホウレンソウ

ホウレンソウの難しさは「相手目線で必要な情報を端的に伝える必要がある」点です。チームとしてのタスク理解、求められる仕事の深い理解、伝達力などが求められます。

(若手向け)コミュニケーション研修~デキる「ホウ・レン・ソウ」(若手向け)仕事の進め方研修~PDCAを強化する

財務基礎

ビジネスにおいて、基礎、目的、推進力など様々な役割を持つ「財務」。知っている・読めることを実務に生かすための理解が求められます。

財務基礎研修会社のしくみを知る研修~経営数字から企業活動を理解する

ビジネスマインド

壁を乗り越える

壁の原因がスキル不足であれ、人間関係であれ、壁は一段高いステージに成長するためのチャンスです。貴重なチャンスをいかすための考え方や行動を身につけ、成長を加速します。

壁を乗り越える研修~考え方を切り替え、ワンランク上の仕事を目指す仕事の意欲向上研修~ポジティブシンキングを仕事に活用する

若手社員向けキャリア

離職の原因の多くは「先が見えない」ことか「つまらない未来が見えてしまった」ことです。人生を俯瞰して先を見る力や、よりよい未来を描くための力がキャリア形成を助けます。

20代向けキャリアデザイン研修~Must・Can・Willでキャリアを考える30代向けキャリアデザイン研修~主体的かつ戦略的にキャリアを考える

主体性発揮

若手に欠けると言われる主体性ですが、その発揮には「意識」だけでなく「技術」が必要です。組織からの期待を理解し、その期待を体現するための行動技術が求められます。

若手社員研修~主体性の発揮達成力強化研修~仕事を最後までやり抜く力を身に付ける社会人1年目・2年目ステップアップ研修~モチベーション向上編

業務遂行力

タイムマネジメント

働き方改革の加速もあり、時間管理は階層に関わらず重要事項となっています。優先順位や緊急度の考え方、業務を行うための資源の考え方、「ムダ」の見つけ方など、時間管理の基本をしり、実務で活用することが求められます。

タイムマネジメント研修~仕事を効率的に進めるための時間管理を学ぶ(若手向け)仕事の進め方研修~PDCAを強化する

理論的思考力

ロジカルシンキング

コミュニケーションにおいても、頭の整理においてもロジカルシンキングは土台になる考え方です。物事をロジカルに捉えるというのがどういうことなのか、どのような型があるのか、仕事でどう役に立つのか、体系的に身につけることが求められます。

(若手向け)ロジカルシンキング研修~情報を整理し、結論を導く図解力向上研修~情報を整理し、分かりやすくする編

コミュニケーション力

コミュニケーション

「コミュニケーションが苦手は個性ではない」というのが弊社の考えです。相手と過不足ないコミュニケーションをとるためのスキルは、気持ちの良いビジネスを助けます。個性に関わらず習得すべき基本と、個性をいかすためのスキルが求められます。

コミュニケーション研修~エトス・パトス・ロゴスで伝える力を強化する社会人1年目・2年目ステップアップ研修~コミュニケーション力向上編コミュニケーション研修

プレゼンテーション

プレゼンテーションが日常のコミュニケーションと異なるのは事前準備ができる点です。徹底的な相手目線の獲得をベースに、話の組み立て、表現、準備期間の使い方、練習の方法等を学びます。

プレゼンテーション研修パワーポイントプレゼンテーション研修分かりやすい説明の仕方研修

チームワーク構築

「仕事はチームで進める」と言いますが、実際にチームとしての一体感を持ちながら業務に取り組む経験はさほど多くないかもしれません。チームにおける責任が大きくなる若手が、ケーススタディやアクティビティを通じてチームワークの本質に触れることをお勧めします。

(新人・若手向け)「アドベンチャーセミナー」社会人1年目・2年目ステップアップ研修~周辺配慮とマナー編対人関係構築研修~円滑なコミュニケーションのためのスキルを習得する

リーダーシップ力

OJT研修

年次が上がると新人・後輩を「気にかける」だけでなく、具体的な指導を求められることが増えてきます。日常業務に加わる「指導業務」のやりくり、効果的な育成計画、相手に伝わる話し方など、育成の基本を身につけることが求められます。

OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編ティーチング研修~適切な業務指導の進め方CSリーダー研修

社会常識

ダイバーシティ研修

もはや常識となったダイバーシティですが、様々なライフイベントが「まだ先のこと」という若手にとって、実感を伴う理解は難しいかもしれません。外国人、性的少数者、育児・介護中社員、高齢者などとの協働について、具体的な演習を解きながら理解を深めます。

(半日研修)ダイバーシティ推進研修~基本知識を習得し、当事者意識を醸成する(半日研修)ダイバーシティ時代のハラスメント防止研修

コンプライアンス

個人が情報発信手段を持つ現代において、従業員一人一人のコンプライアンス教育の重要性が非常に高まっています。近年特に注目度が高く、かつ、適用範囲が広がっている「コンプライアンス」について、世間の状況を知ること、個人の抱えるリスクに対し管理スキルを持つことは必須と言えるでしょう。

(半日研修)コンプライアンス研修~個人情報保護、情報セキュリティ、SNSのリスクを知る編

Q&A

本サービスについて、疑問点・ご不明点がございましたらこちらのQ&Aをご確認ください。
Q&Aにないご質問は、以下お問い合わせフォームまでお問合せくださいませ。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

おすすめサービス
コンサルティング事例集サービス
作り込み型研修
営業スキルアセスメント
全力!ins-pedia アセスメント
未来創造
一人ひとりの特性と組織全体の傾向を「見える化」giraffeアセスメント
コンサルティング実績
評価制度構築
12回
広告業界、人材サービス業界
育成体系構築支援
12回
IT業界、自治体
研修内製化
34回
金融業界、IT業界、製薬医療業界
マニュアル作成
54回
金融業界、IT業界、官公庁
応対コンサルティング
191回
金融業界、通信業界、サービス業界、インフラ業界、製薬業界
営業体系構築
13回
電気機器
階層別テスト実績
利用組織数
261組織
利用者数
9,592名
(2019年9月末時点 累計回答済先数)
コンサルティングサービス
コンサルティングサービスTOP
業務改善コンサルティング
CS向上コンサルティング
現場育成力向上サービス
人事評価制度支援コンサルティング
営業力強化プログラム
ファシリテーター派遣
コールセンターソリューション
コールセンターソリューションTOP
コンサルティング
研修ラインナップ
事例紹介
研修内製化支援サービス
研修内製化支援サービスTOP
研修資料の作成
研修の企画
講師養成
研修内製化支援
研修管理システム
企業内研修に使える助成金制度
インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
インソースの考える人材育成~人材育成の7つのポイント
Q&A