4

再任用制度、楽しく働ける職場作り

人事担当者30のお悩み

悩み
再任用職員向けの研修・教育はどのようにしていけば良いか。
回答
  • 誇りを持って「有終の美」を飾るための矜持を学ぶ
  • 再任用職員研修では、以下の2点をねらいとして実施すると
  • 効果的です。
  • ・再任用職員に寄せる周囲の期待に応えるべく、立ち位置の変化を
  •  理解し、自己変革を遂げる。
  • ・キャリアの集大成としての「有終の美」を、どのように飾るのか
  •  について真剣に考える。

周囲の期待と不安を正しく理解する

周囲は再任用職員に一定の期待とともに不安を持っています。

期待としては先輩として知識と経験を伝承してもらうこと、不安としてはモチベーションが上がるのか、といったことが現場では多く指摘されています。こうした声に再任用職員本人がまず耳を傾ける必要があります。

環境変化を理解する

再任用職員としてスムーズに仕事をスタートさせるためには、まず自身が置かれている環境の変化について理解し、現実を受け入れていただく必要があります。

たとえば、同じ部署で再任用された場合、元部下の指揮下で働く可能性が高くなります。自身の立ち位置を理解していないと、周囲を困らせるだけではなく、最終的には自分が浮いてしまうリスクさえあります。

また、異なる部門・部署ではこれまでの知識や経験が活かされない可能性があります。こうした場合、自分に何が伝えられるかを冷静に分析することが大切です。

自己変革の好機と捉える

再任用期間を単に「雇用と年金の接続」として捉えているだけでは、こうした周囲の期待や不安よりも、自身の都合や制度への不満のほうが大きくなりかねません。

これまでとは異なる立ち位置に戸惑うことなく、非連続によって生じる壁を乗り越えるためにも、多かれ少なかれ、自己変革の必要性があることを理解してもらわなければなりません。「周囲に受け入れられなければ、何も前に進めることができない」ということに後から気づいても、リカバーすることは難しいからです。

リーダーよりもメンターとして活躍する

再任用職員は、これまで求められていたリーダーとしての役割よりも、メンターとしての役割を理解する必要があります。自身が組織の長ではない場合でも、共通スキルとしての知識と経験の伝承、シニアにふさわしい視座といったものをメンターとして後進に受け継ぐことは重要です。

インソースは、再任用職員の方々が、職場で頼られるメンターとなり「有終の美」を飾っていただけるよう各種研修サービスを提供しております。


今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修