研修に関する検索トレンドワード抽出研究

月のトレンドワード

職域接種

職域接種とは、ワクチン接種に関する地域の負担を軽減し、接種の加速化を図っていくため、企業や大学等において、職域(学校等を含む)単位でワクチンの接種を行うものです。

新型コロナウィルス感染の急拡大から約1年半を経て、日本でもワクチン接種が本格化しています。当初はワクチン供給量に限りがあったため、医療従事者・高齢者・基礎疾患を有する方など、接種優先順位を定めたうえでのスタートでした。

現在はワクチン供給の目処が立ったため、政府は可能な限り広範な接種機会の利用を推進しています。そこで、6月21日からの職域接種開始に向け、政府では6月8日から企業等からの申請受付を始めています。

主に1,000人以上の大企業からの申請が見込まれていますが、中小企業が商工会議所等を通じて共同で実施すること、企業が下請け企業など取引先も対象に含めて実施すること、大学等が学生も対象に含めて実施することも可能とされています。また職域接種でも、接種の優先順位を踏まえて高齢者や基礎疾患を有する者が優先的に接種できるよう求められています。

ただし、国や自治体による高齢者等への接種に影響を与えないよう、接種に必要な医療従事者や会場等は自ら確保しなくてはなりません。また、ワクチン保管用の冷凍庫、ワクチン、接種用の針とシリンジ、マスク・手袋等の個人防護具は国から提供されますが、それ以外の必要物品の確保・保管は企業等が自ら行う必要があります。

■企業等に求められる実施要件
① 医師・看護師などの医療職の他、会場運営にかかわる必要人員を企業等が自ら確保すること。また、副反応報告などに対応できること。
【必要人数の例】
・接種人数 400人/日
・接種時間 8時間(9:00~18:00 ※1時間休憩)
・レーン  3レーン設置 15人接種 (1レーン1時間に付)
・医師2名(問診)、看護師6名(接種に3名・予診票に2名・接種補助に1名)
・事務職6名(受付に2名・誘導に2名・消毒の対応に2名)
・会場責任者1名
② 接種場所・動線等の確保についても企業等が自ら確保すること。
③ 社内連絡体制・対外調整役を確保すること(事務局の設置)。
④ 同一の接種会場で2回接種を完了すること、最低2000回(1000人×2回接種)程度の接種を行うこと。
⑤ ワクチンの納品先の事業所でワクチンを保管の上、接種すること。

■職域接種を実施する方式
① 企業内の既存の診療所にて、産業医等が実施
② 外部の医療機関が、企業の会議室などに出張して実施
③ 職員が委託先の外部医療機関に出向いて実施

■準備するもの(例)
・医療法上の開設届け、巡回診療または新規開設の届出
(医療機関でない場所で接種を実施する場合)
・会場レイアウトの作成、導線確認
・卸売販売業者立ち会いのもと、ワクチンの配送リハーサルの実施
・冷蔵庫(2℃~8℃)、消毒用アルコール綿、体温計、救急用品、針捨て容器 など

■事務局で実施すること(例)
・従業員等のうち、接種を希望する者の把握、必要なワクチン量の算定
・スケジュール設定(接種計画の作成)
・会場運営にかかる企画・全体調整
(医療機関、都道府県、ワクチンを配送する卸売販売業者等との連絡調整などを含む)
・集合契約への加入等の行政手続き
・医療機関と連携しつつ、予防接種に係る費用の請求

以上が職域接種の概要となります。大まかに見ても準備から報告完了まで、担当部署はかなりの準備と労力、責任を伴います。接種案内や問診票の配布・回収、出欠・キャンセル・接種完了管理といった煩雑な事務作業については、システムを利用して簡便化して行うことも一案です。

関係者の健康のため、また企業活動の健全な再開のためにも、職域接種で従業員へのワクチン接種を加速化させたいと考える企業は多いと見込まれます。ただし、ワクチン接種は義務ではないため、接種を望まない従業員への配慮も忘れてはなりません。接種の有無で差別やハラスメントが起きないよう、いま一度社内のハラスメントへの対応フローを見直しておくとよいでしょう。

参考:
厚生労働省「職域接種に関するお知らせ」
首相官邸「新型コロナワクチンの職域接種の総合窓口」
(最終アクセス 2021/06/09)

Pick UP

インソースの次世代LMS『Leaf(リーフ)』でワクチン職域接種の受付が簡単に自動化できます


150万人が活用するハイパワーシステムでワクチン接種業務を迅速・簡便化




ハラスメントを正しく理解し、その知識を常にアップデートする


先月のトレンドキーワード10trend keyword

 緊急事態宣言の開ける時期が見えない中、引き続きリモートワーク・テレ―ワークに関するワードがランクインしております。また、新人フォローや部下指導に関連する問い合わせも先月より増えております。それ以外に、DX(デジタルトランスフォーメーション)に関係するワードも、先月に引き続いて注目されております。

先月の公開講座申し込みランキングopen seminar ranking

各階層、スキル系の講座が多数ランクインしております。具体的には、管理職向けでは「判断力強化研修」「調整力発揮研修」、中堅向けでは「クリティカルシンキング研修」「ファシリテーション研修」、若手向けでは「電話応対基礎研修」などが順位を上げています。総合ランキングでは「新人フォロー研修」がランクインしました。長引くコロナ禍において、新人のフォロー・ケアについてはより重要性が高まっています。

総合ランキング

  1. 【オンライン講座】OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編
  2. 【オンライン講座】ロジカルシンキング研修
  3. 【オンライン講座】クリティカルシンキング研修~本質を見抜く力を養う
  4. 【オンライン講座】リーダーシップ研修~意識改革し、部下、後輩を牽引するリーダーとなる
  5. 【オンライン講座】新人フォロー研修
  6. 【オンライン講座】段取り研修~管理職としての基本的マネジメントスキルを理解する
  7. 新人フォロー研修
  8. 【オンライン講座】タイムマネジメント研修~仕事を効率的に進めるための時間管理を学ぶ
  9. 【オンライン講座】論理的で分かりやすい文書の書き方研修
  10. 【オンライン講座】(半日研修)ハラスメント防止研修~セクハラ・パワハラを生まない職場づくり

管理職向けランキング

  1. (半日研修)ハラスメント防止研修~セクハラ・パワハラを生まない職場づくり
  2. 段取り研修~管理職としての基本的マネジメントスキルを理解する
  3. 新任管理職研修~自信を持ってマネジメントを始める編(2日間)
  4. 評価者研修
  5. チームマネジメント研修~仕組み作りと推進力を学ぶ
  6. 管理職向け研修~マネージャーとしての課題を整理する
  7. 上級管理職研修
  8. 判断力強化研修
  9. 調整力発揮研修
  10. プレイングマネージャー研修~時間・チーム・リスクをマネジメントし、走りながら成果を出す

中堅向けランキング

  1. クリティカルシンキング研修~本質を見抜く力を養う
  2. 中堅社員研修~管理職を補佐し、部の成果を出す!
  3. リーダーシップ研修~意識改革し、部下、後輩を牽引するリーダーとなる
  4. ファシリテーション研修
  5. 問題解決研修~ビジネス上の問題を解決する
  6. 中堅社員向けオーナーシップ研修~当事者意識をもって、周囲に働きかける存在になる
  7. メンター研修
  8. コーチング研修~部下の主体性を引き出すスキルを習得する
  9. 交渉力向上研修~ネゴシエーションスキルを上達させる
  10. Microsoft Office研修~Excel応用編

若手向けランキング

  1. OJT指導者研修~新人・後輩指導の基本スキル習得編
  2. ロジカルシンキング研修
  3. タイムマネジメント研修~仕事を効率的に進めるための時間管理を学ぶ
  4. 分かりやすい説明の仕方研修
  5. アサーティブコミュニケーション研修
  6. プレゼンテーション研修
  7. 若手社員研修~主体性の発揮
  8. (若手向け)コミュニケーション研修~デキる「ホウ・レン・ソウ」
  9. 論理的で分かりやすい文書の書き方研修
  10. 電話応対基礎研修

バックナンバーback number

2021年

2017年

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修