【新卒採用】インターンシップ実施の母集団形成への効果を感じている企業が約7割

2018年5月16日

【新卒採用】インターンシップ実施の母集団形成への効果を感じている企業が約7割

 ディスコ 駒形 一洋 キャリタス就活 編集長

 当社が企業に対し採用戦線序盤の感触を調査したところ、多くの企業が苦戦を強いられている様子がみてとれます。一方では、インターンシップを効果的に活用する動きが活発になってきています。

 今年の採用戦線を企業はどのように感じているかというと、3月下旬に行った調査では、ここまでの採用活動について「大変苦戦している」(13.9%)、「苦戦している」(32.4%)を合わせて半数近い企業が「苦戦」と回答(計46.3%)。「大変順調である」(0.8%)、「順調である」(17.1%)を足し合わせた17.9%を大きく上回り、多くの企業が苦戦を強いられている様子が明らかになりました。

 最も「苦戦」が多いのは、従業員規模別では「300人未満」、業界別では「商社・流通」。いずれも半数を超える企業が「苦戦」と回答しています。

 「3月に大学内のセミナーに参加したが、学生の参加が例年に比べかなり少なく、思うように学生と接点がもてなかった」、「昨年に比べ、プレエントリー数が激減した。会社説明会の参加者数は昨年の50%まで減ってしまった」、「説明会を開催しても、直前や当日のキャンセルが多くて、実施できない回もある」など、採用の現場からの苦しい声も多数寄せられました。

 一方、早期からの学生との接点を求めてインターンシップを実施する企業からは、多くはありませんが活動の順調さがうかがえる声も聞かれます。インターンシップを実施したことで採用母集団形成への効果を感じている企業は7割近く(計68.4%)に及びます。

 「インターンシップでの早期接触により、プレエントリー数は前年度に比べ増えている」、「エントリー数、受験者数ともに前年並みだが、インターンシップ参加者が増加したため、理解度や志望度の高い学生の割合が多くなり、応募者の質が上がっていると感じる」などの声が聞かれました。

 これらのことから、短期戦ともいえる就活戦線においてのインターンシップの位置づけは年々高まっているといえ、今年度も増加するといえそうです。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • ウィズコロナ時代の教育とオンライン研修のコツ

    2020年度 社内教育のご紹介
    ~コロナ禍での全社階層別研修

    今すぐダウンロード

  • 主体的に判断し、行動できる強いリーダーの育成

    ジャパン・ソリューション推進冊子
    「ENERGY vol.2 夏号」

    今すぐダウンロード

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修