内部マネジメントの3パターン(2) ―伝統型マネジメントとその活用法―

著者:インソースマネジメント研究チーム

記事紹介文

ウェーバーによると、カリスマ型マネジメントが崩壊すると、組織は残りの2つの類型のいずれかの内部マネジメントの在り方に移行することになります。今回はその1つである「伝統型マネジメント」について見ていきます。

瀬倉研究員がまとめた記事のポイント

1.伝統型マネジメントというと、前例踏襲というネガティブな印象を抱きがちだが、どうでもいいような事柄(しかし、やらないといけない事柄)については、エネルギーを使わず物事を前進させることができるというメリットもある。

2.伝統型マネジメントを活用するには、自分に降りかかってくる仕事のうち、どれはきっちりエネルギーを最大限投入してコミットするか、そしてどれは適当に済ませばよいかを、識別できる能力を身につけることがポイントとなる。

瀬倉研究員がまとめた記事要約
■伝統型マネジメントとは
「伝統型マネジメント」とは、これまでの組織で慣行的に行われてきた通例のやり方に基づいて組織のマネジメントを行うことです。伝統型マネジメントは、カリスマ型マネジメントに比べると属人性は低く、その意味では近代的な内部マネジメントの在り方といっていいでしょう。
■伝統型マネジメントの特徴
ただし問題は、「これまでずっとそのように行われてきたから」というただそれだけの理由に基づいて、考えたり分析したりすることないままに、物事の進め方が正当化されることです。例えば、組織でプロジェクトを進める際に、とりあえず前例踏襲をして対応しておこうと考え、安易に前回と同じやり方で対応しようとする場合がよくあります。こうした対応の仕方が伝統型マネジメントの典型例です。
■伝統型マネジメントにもメリットがある
前例踏襲というネガティブな印象を抱きがちで、積極的な文脈で語られることの少ない伝統型マネジメントですが、実はメリットもあります。そして、このメリットを知っておくことが、皆さんが効率的に物事を進めていくうえでのヒントにつながります。
■「どうでもいいこと」への対応
皆さんの組織でもそうでしょうが、どうでもいいような事柄(しかし、やらないといけない事柄)については、わたし自身は、できるだけ素早く効率的に、最小限のエネルギーで済ませられるように、この伝統型マネジメントを活用するように心がけています。つまり、「こういうケースでは、以前はどのように対応していたか」を探し、殆ど考えることなくそのやり方に従って、物事を前へ進めていくようにしています。この場合、エネルギーは殆ど使いませんから疲れることもありません。そして、とりあえずは物事を前へ進めていくことができます。いわば省エネ運行ができるのです。
■識別できる能力
ここで重要なポイントは、自分に降りかかってくる仕事や作業のうち、どれはきっちりエネルギーを最大限投入してコミットするか、そしてどれは適当に済ませばよいかを、きっちり識別できる能力を身につけることかも知れません。後者の「適当に済ませばよい」(適当でも許容される)事項に対しては、思い切って伝統型マネジメントを適用してやればいいのです。
以前、当コーナーで「戦略的発想」の基礎は事項を列挙してその優先順位を付けることにあると説明しましたが、自分の為すべきことを列挙し、優先度の低い事項には伝統型マネジメントで対応するようにしてみると、仕事が一気に効率的にはかどるよう革新できるかも知れません。
次回は、伝統型マネジメントよりもさらに効率的なマネジメント手法について説明します。


バーチャルマネジメント研究所一覧TOP
全記事一覧
テーマ一覧
人的資源管理
リーダーシップ
ビジネススキル
営業
マネジメント
リスクマネジメント
シリーズ一覧
人事マネジメントシリーズ
日本的人事システムの先進性シリーズ
日本におけるMBA教育シリーズ
ロジカルシンキングの極意シリーズ
女性管理職育成シリーズ
プレゼンテーションシリーズ
テイラーシリーズ
経営資源考シリーズ
ビジネスに活かすリーダーシップシリーズ
内部マネジメントの3パターンシリーズ
モチベーションのマネジメントシリーズ
役に立つ逆転の発想シリーズ
経営理念の重要性シリーズ
「できる人」の見分け方・育て方シリーズ
人的資材管理の源流シリーズ
「見える化」で見えなくなるものシリーズ
成功する人材育成へ向けてシリーズ
ビジネスに活かせるプレゼンのコツシリーズ
経営学は実践にどのように役立つか
その他

インソースの階層別研修
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修


公開講座の管理職研修
関連研修テーマ
OJT研修
評価者・考課者研修
メンタルヘルス研修
ハラスメント防止研修
財務研修
マーケティング研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

動画百貨店ランキングページ

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

直近の公開講座開催研修