loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

タイムマネジメント研修 ~仕事の効率アップ編(1日間)

タイムマネジメント研修 ~仕事の効率アップ編(1日間)

直近3日間のスケジュールを洗い出し、優先順位やトラブル対処法、効率化の手法を学んで、改善点を考える

研修No.B TMG180-0200-0254

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層

・自身の仕事をなんとかして効率化したいと考えている方
・日々時間に追われていて、思うように仕事が進んでいないと悩んでいる方
・突発的な業務が多く、毎日予定していた仕事が終わらずに帰ることになってしまうと感じている方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 仕事の優先順位付けを自己流でやっているが、よりよい方法があれば学びたい
  • 自身の仕事の進め方について、どこに改善ポイントがあるのかを知りたい
  • 効率的な仕事の準備の仕方を学びたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、自身の生産性向上のため、自分で洗い出した直近3日間のスケジュールをもとに、優先順位の付け方やトラブル発生時の対処法、チーム内での情報共有等効率化のポイントを学んだうえで、改善点を考えていきます。

具体的には自分の仕事を「緊急度×重要度」の2軸で分類し、改めて優先順位を明確化します。また、仕事を進める上で発生しうる突発事項を洗い出し、その対策についてディスカッションする、日ごろの情報共有(ホウ・レン・ソウ)のあり方について見直す、など多様なワークに取り組んでいただきます。

到達目標goal

  • ①具体的に洗い出した自身のスケジュールの改善点を持ち帰ることができる
  • ②優先順位のポイントを学ぶことで、仕事の成果をあげることができる
  • ③突発的な仕事や、手戻りなどの影響を少なくすることができる

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.時間管理について考える
    <時間管理における課題を明確にする>

    【ワーク】自分の苦手とすること・悩みを共有する
ワーク
  • 2.自分のワークスタイルを知る
    <自身の時間の使い方を客観視する>

    (1)自分のワークスタイルを知る
    (2)自分のワークスタイルから考える
    【ワーク】直近3日間の時間の使い方を洗い出し、自分のワークスタイルを考える
ワーク
  • 3.タイムマネジメントの原則
    <タイムマネジメント=仕事・行動の管理を理解>

    (1)原則:「時間」そのものは、現実には管理できない
    (2)原則:管理できるのは、仕事や行動
    (3)原則:時間を管理するとは、考え方や行動を変えること
    (4)原則:「計画のグレシャムの法則」を意識
    (5)原則:自分ひとりの仕事も予定化
講義
  • 4.仕事に着手する前に~QCDRを明確にする
    <仕事する際の要点を意識>

    (1)仕事の目的を明確にする
    (2)仕事のゴール(QCDR)を明確にする
    【ワーク】想定されるリスクと発生させない工夫を考える
講義
ワーク
  • 5.優先順位を明確にする
    <自分の仕事に優先順位をつけるコツを学ぶ>

    (1)優先順位をつけることが仕事の成果をあげる
    (2)優先順位のつけ方①~比較
    【ワーク】自身の仕事を「緊急度」と「重要度」で整理する
    (3)優先順位のつけ方②~自分の仕事かどうかを考える
    (4)突発的な仕事を考える
    (5)突発的な仕事に対応する
    【ワーク】突発的な仕事を考え、共有する
講義
ワーク
  • 6.効率を考えて徹底的に準備する
    <効率を上げる事前準備のコツを知る>

    (1)準備の悩みを考える
    (2)徹底した準備が全体の効率を上げる
    (3)よくある準備不足とその対策
    (4)やらない事を決める
    (5)業務の流れを振り返る
    【ワーク】準備がうまくいかなかったために失敗してしまった経験を振り返り、共有する
講義
ワーク
  • 7.日常感じる問題点と対策
    <タイムマネジメントを日常レベルで対策する>

    (1)時間の使い方が下手
    (2)ミスや手戻りのために時間がかかってしまう
    (3)資料などを探す時間が長い
    (4)難しい仕事が多い
講義
  • 8.トラブルの対処法
    <トラブルが起きた際の具体的な対応を学ぶ>

    (1)トラブル発生時の対処法
    (2)メイン処理のトラブルとイレギュラー処理のトラブル
講義
  • 9.コミュニケーションを円滑にし、効率を上げる
    <必要とされる情報を判断する>

    (1)「適切な情報」が仕事の効率を向上させる
    (2)情報発信の徹底見直し講座~「情報発信20選」
    (3)情報発信(ホウ・レン・ソウ+指示)のポイント
講義
  • 10.組織で考える仕事の効率化
    <情報発信を通して組織的な効率化を図る>

    (1)組織全体で効率化させる仕事
    (2)「分業の不経済」をなくす
    【ワーク】分業すべき仕事、一人で行った方がいい仕事を洗い出し、改善点を考える
講義
ワーク
  • 11.仕事を円滑に進める~仕事の管理とは
    <PDCAサイクルの活用法を学ぶ>

講義
  • 12.まとめ
    <明日からやることを決め、決意表明>

    (1)目標の立て方~いきなり100でなく1つずつ消化していくイメージ
    (2)3カ月の目標シート作成
ワーク

800

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年9月     34名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 他の人との会話・コミュニケーションから気付きや意識すべき点が分かった。自分の問題点を意識し、他の方との会話を大切にして、業務を行っていく。
  • 特に優先順位付けは、すぐにでも活かせると思いました。今自分が抱えている仕事を仕分けしていきます。おかしいと感じる部分があればそのままにせず、なぜそうなったのか原因を原因を突きとめておくことも意識します。
  • 計画をしっかりと立てることや、作業を行った後に振り返って改善することを取り入れます。日日々の業務が効率よく行えているかを都度振り返ります。

実施、実施対象
2020年2月     47名
業種
流通
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.9%
講師:大変良かった・良かった
95.7%
参加者の声
  • 突発対応を含めた見込み時間、スケジュールを立て、業務の効率化を図りたいです。効率よく時間を使えるようにします。
  • 自分でタイムマネジメントができていないとわかってはいながらも直さず仕事をしていたので、改めて研修で学んだことを実践していこうと思いました。
  • 自分の独自ルールで仕事の優先順位付けを行い、大まかな予定の立て方をして自身で困っていました。今回の研修で得たヒントをもとに見直しを図っていきます。

実施、実施対象
2019年10月     10名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 昔からのやりかたを疑って、業務のムダをなくしていきたい。大きく間違う前に、こまめに上司に確認をとるようにしたい。
  • 研修内のワークで自分の仕事を客観的に見ることができた。仕事の目的等を今一度見直してみたい。
  • タイムマネジメントは組織で運用していくことも必要だと思うので、組織の効率化を進めることに活かす。

実施、実施対象
2019年3月     15名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の仕事を洗い出し、優先順位をつけることで、効率的に仕事をこなせるようにできればと思います。
  • 常にすべきことの全体を把握し、自分の時間をどれほど確保できるのか、記録で把握したうえで着手してみようと思います。
  • 限られた時間で効率的に重要な事を学ぶことができた。また、やっていることに自信を持ち、改善点を知ることができた。

実施、実施対象
2018年12月     37名
業種
製造業(電気機器・機械)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.3%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今後、仕事が増え時間が取れなくなっていった時に、どうすれば時間を作れるかが分かったため、時間を有効に使っていきたい。
  • ムダな業務がないか、効率的に出来ることはないか、自身の業務の振り返りと今後のスケジュール作成に生かしていきます。
  • 時間の意識を持つこと、組織に求められていることをしっかりやること、そのやり方を自分の業務に落とし込んでいきたいと思います。

開発者コメントcomment

本研修は、単に概念的に「タイムマネジメントとは何か?」を理解だけではありません。自身の仕事を題材にした様々なワークに取り組み、その具体的な改善策を考えることで、即現場に持ち帰ることができるスキルや方法を身につけていただくことができます。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

タイムマネジメント研修
働き方改革推進対応研修の評価
年間総受講者数
67,676
内容をよく理解・理解
94.7
講師がとても良い・良い
92.8

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「インソースのもと」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

テレワーク・リモートワーク導入支援コンサルティングサービス

オンラインセミナー支援サービス

Remote-Plants(リモートプランツ

オンライン通信教育

remonade~メンバーの心が見えるリモートワークツール

無料で始めるクラウド勤怠管理システム「IEYASU(イエヤス)」

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!