研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

先行オーガナイザー

「先行オーガナイザー」とは、これから学ぶ内容についての理解を促すために、あらかじめ概略的な情報として与える「枠組み」のことを言います。例えば、本の目次に目を通してから本文を読むと、難しい内容でも頭に入りやすくなります。この「目次」の役割を果たすのが先行オーガナイザーです。

先行オーガナイザーは、アメリカの心理学者D・オーズベルが提唱した考え方です。オーズベルは、新しい学習内容の概略を先に与えると、学習者は既に知っている情報と結び付けながら学ぶことができ、学習内容を"意味のあるもの"として記憶しやすくなる、という「有意味受容学習」という学習方法を提唱しています。

この有意味受容学習を実践するためのツールとなるのが、先行オーガナイザーです。新しい学習をする前に、概略的な全体像(枠組み)を先に提示しておくと、学習内容が理解しやすくなるという先行オーガナイザーの概念は、学校教育ではもちろん、社会人教育の現場においても広く活用されています。

学習機会だけでなく、ビジネスにおいても先行オーガナイザーの考え方が役に立つ場面が多くあります。例えば、社内外の相手にプレゼンテーションを行う場合、話す内容の章立てを記したレジュメをあらかじめ配布しておくと、聞き手は章立ての構造に沿って話を理解しようとするので、より話し手の意図が伝わりやすくなります。

また、顧客との交渉を始める前に、まずは話し合いの目的を一言で端的に伝えておくと、双方の気持ちを一つの方向にまとめやすくなります。顧客相手との話に限らず、忙しい上司に対しての日常的な報連相を行う際も同様です。

相手に分かりやすく説明できるよう、伝えたい内容の「枠組み」をつくるには、話を構造化してまとめるスキルや、ロジックツリーやMECE(モレなくダブリなく)といったロジカルシンキングのフレームワークを身につけておくとよいでしょう。

先行オーガナイザーの考え方や実践に必要なスキルを日頃のコミュニケーションにも活用し、多様な考え方を持つ相手とのスムーズな信頼関係構築に役立ててみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

キーワード一覧


ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

動画百貨店ランキングページ

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

直近の公開講座開催研修