研修・社会人教育のインソースの人事・労務キーワード集

更新日:

先行オーガナイザー

「先行オーガナイザー」とは、これから学ぶ内容についての理解を促すために、あらかじめ概略的な情報として与える「枠組み」のことを言います。例えば、本の目次に目を通してから本文を読むと、難しい内容でも頭に入りやすくなります。この「目次」の役割を果たすのが先行オーガナイザーです。

先行オーガナイザーは、アメリカの心理学者D・オーズベルが提唱した考え方です。オーズベルは、新しい学習内容の概略を先に与えると、学習者は既に知っている情報と結び付けながら学ぶことができ、学習内容を"意味のあるもの"として記憶しやすくなる、という「有意味受容学習」という学習方法を提唱しています。

この有意味受容学習を実践するためのツールとなるのが、先行オーガナイザーです。新しい学習をする前に、概略的な全体像(枠組み)を先に提示しておくと、学習内容が理解しやすくなるという先行オーガナイザーの概念は、学校教育ではもちろん、社会人教育の現場においても広く活用されています。

学習機会だけでなく、ビジネスにおいても先行オーガナイザーの考え方が役に立つ場面が多くあります。例えば、社内外の相手にプレゼンテーションを行う場合、話す内容の章立てを記したレジュメをあらかじめ配布しておくと、聞き手は章立ての構造に沿って話を理解しようとするので、より話し手の意図が伝わりやすくなります。

また、顧客との交渉を始める前に、まずは話し合いの目的を一言で端的に伝えておくと、双方の気持ちを一つの方向にまとめやすくなります。顧客相手との話に限らず、忙しい上司に対しての日常的な報連相を行う際も同様です。

相手に分かりやすく説明できるよう、伝えたい内容の「枠組み」をつくるには、話を構造化してまとめるスキルや、ロジックツリーやMECE(モレなくダブリなく)といったロジカルシンキングのフレームワークを身につけておくとよいでしょう。

先行オーガナイザーの考え方や実践に必要なスキルを日頃のコミュニケーションにも活用し、多様な考え方を持つ相手とのスムーズな信頼関係構築に役立ててみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

キーワード一覧