loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

プレゼンテーション研修

プレゼンテーション研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

「相手に伝わり、動かす」プレゼンテーションスキルが誰でも身につく研修とは

相手を納得させ、行動変容を促すプレゼンテーションスキルを身につける

上司への報告、部下への指導、お客さまへの提案など、ビジネスの現場はプレゼンテーションの機会で溢れています。プレゼンテーションのゴールは、相手を納得させ、相手の行動変容を促すこと。そのために欠かせないのが話し手のスキルです。

プレゼンテーションに特殊なテクニックは必要ありません。相手の立場に立ち、「簡潔に」「分かりやすく」伝えることが何より大切です。そして、表情や目線、立ち姿など相手が納得したくなる空気を作ることも重要です。また、プレゼンテーションがうまくなるための特効薬はありません。話す内容を整理し、ひたすら練習することが一番の上達への近道です。

インソースのプレゼンテーション研修では、分かりやすく話すスキルだけでなく、きき手を意識した立ち振る舞いまでを強化します。受講者のビデオ撮影を行い、まず自身の課題やクセを把握していただきます。演習を通して講師や他の受講者からフィードバックを得ることで、実践的に自身のプレゼンテーションスキルを改善していきます。


プレゼンテーション研修のポイント

「相手に伝わり、動かす」ためのプレゼンスキルを学ぶ

プレゼンテーションのポイントは、うまく話すのではなく、いかに「簡潔に」「分かりやすく」話すことができるかです。研修では、「プレゼンテーションの事前準備として、まず伝えるべき内容を整理する」「分かりやすく伝えるために、相手目線に立った配慮のある伝え方をする」ことを重視しています。

ビデオ撮影と繰り返しの練習で自身の課題を把握し、改善する

研修冒頭に受講者の自己紹介をする姿をビデオで撮影します。ビデオを講師と確認することで客観的に自身の弱点を理解することができます。弱点を把握したうえで具体的なポイントを学ぶことで、各ポイントをどう自分で実践すべきか、自分に置き換えて研修を受講いただくことができます。

プレゼンテーションのプロ講師が登壇する

インソースには、アナウンサーや営業出身など、「話す」スペシャリストに加え、官公庁や病院、IT、金融、アパレルなどあらゆる業界のビジネス現場で実践を積み重ねてきた講師がおります。話し方などのテクニックだけでなく、プレゼンテーションの内容に関しても、的確なアドバイスをすることが可能です。

豊富なラインナップと営業職・IT業界・新人向けなど対象やお悩みに合った演習がある

「基本」、「伝える力」、「話の構成力」、「提案力」、「説得力」、「パワーポイント」などの豊富な研修ラインナップに加え、お客さまのご要望、業界のニーズに応じて研修カリキュラムを組み、演習テーマのアレンジを行っています。
<テーマ・演習例>
・ 営業担当者向け「顧客先で商品を紹介する」
・ IT企業向け「システム導入先へサービスの紹介を行う」
・ 新入職員向け「社内の報告会で発表する」
・ 官公庁向け「記者会見、マスコミ対応」
・ 英語でプレゼンテーションを行う


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

研修のプロがお答え人気研修TOP5

  1. 若手層 中堅層 リーダー層

    分かりやすい説明の仕方研修(1日間)

プレゼンテーション研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!