loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

分かりやすい説明の仕方研修

分かりやすい説明の仕方研修

相手に伝わる分かりやすい説明で、業務の生産性を高め、ビジネスパーソンとして信頼を得る

研修No.1200699

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 新入社員
  • 若手層
  • 中堅層

・社内外を問わず、説明や案内、提案をする機会が多い方
・話が分かりにくい、もう1回説明してほしい、などの指摘をされたことがある方
・自分の説明が相手に正しく伝わっているかどうか、不安に感じている方
・自分の話すスキルをもっと高めたいとお考えの方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 説明が長く、回りくどくなってしまう
  • ホウ・レン・ソウが上手くできない、相手に伝わりにくいと感じる
  • 説明スキルを上げ、窓口応対時の対応スピードとお客さま満足度を上げたい

研修内容・特徴outline・feature

分かりやすい話し方には、型があります。分かりやすくなる構造を理解すれば、誰でも「言いたいことを簡潔に、相手に分かりやすく説明する」ことができます。 そのため、本研修ではまず論理的思考を鍛え、話す内容を整理できるようになっていただきます。また、話の構造を視覚化することにより、「分かりにくい話」と「分かりやすい話」の違いを理解していただきます。学んだスキルをワークで実践しながら、説明力を高めていただけます。

<研修のポイント>
①意図の明確化~その話をする理由を伝える
②内容の整理~相手が話をのみこみやすい構造・展開
③話す技術~間の取り方・スピード・表情など

<主なワーク>
①型を理解するための構造化ワーク
②実践力を養うための長文の要約ワーク
③研修の仕上げとして、自ら選定したテーマの説明ワーク


テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

到達目標goal

  • ①目的・意図が明確になるように話を整理することができる
  • ②構造と展開を考えながら相手に訴求力のある内容で話の構成をまとめることができる
  • ③相手目線を意識し、要点をまとめて話すことができるようになる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.「伝える」ポイントを考える
    (1)過去に見聞きした説明を振り返る
    【ワーク】過去に見聞きした説明で、分かりやすかった説明を思い出す
    (2)相手に話が伝わらない理由
    (3)「伝える」ために必要な要素とは
講義
ワーク
  • 2.目的・意図を明確に
    (1)何を伝えたいのかを、事前に整理する
    (2)相手の立場に立って考える
    【ワーク】ある情報の中から伝えたい趣旨・内容を選別する
講義
ワーク
  • 3.話の構造を考える
    (1)何が話を分かりにくくしているのか
    【ワーク】ニュースリリースを読み比べ、分かりやすい内容とその根拠を考える
    (2)要素同士の関係を明確にすることで意味が通る~構造化
    (3)構造化のパターン
    (4)話の全体像を明らかにする~階層的に整理する
    (5)階層的に整理するメリット
    【ワーク】ある情報を読み、筆者の主張を階層的に整理する
講義
ワーク
  • 4.話の展開を考える
    (1)分かりやすい説明をするためには
    (2)話の展開例
    【ワーク】分かりやすく説明する~適切な展開方法を理解する
講義
ワーク
  • 5.実際の話し方をトレーニングする
    (1)話す際の心構え
    (2)声について
    【参考】発声トレーニング
    (3)間(沈黙)のとり方
    (4)話すスピード
    (5)姿勢・態度・表情
    (6)ワンセンテンスは短めに
    (7)使用する単語
講義
  • 6.総合演習①
    ~ニュースリリースを読んで、構造・主張を整理し、実際に説明する
ワーク
  • 7.総合演習②
    ~テーマを選んで説明し、チェックシートを用いてお互いにフィードバックを行う
ワーク
  • 8.まとめ
ワーク

企画者コメントcomment

ビジネスでは、分かりやすく話をすることを求められます。しかし、「報告・連絡・相談」や「説明」における分かりやすい話し方に苦手意識をお持ちの方は多くいます。それは、話の要点がまとまっていないことに原因があります。

本講座では、話の構成方法の座学と実践ワークの繰り返し行うことで、話し方が受講前とは見違えるほどに上達いたします。受講を機に、苦手意識を克服していただければ幸いです。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.2%

講師:大変良かった・良かった

97.4%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年6月     13名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • お客様に説明する際に、本日の内容を活かします。何かを伝える際に、自分が一方的に伝えるのではなく、相手に「伝わる」ことを意識して話を展開していくようにします。
  • 説階層を頭の中で考えながら説明をし、結論を先に述べる。お客様に説明する際に活用できると感じました。
  • 話を階層化して整理する手法は状況に応じて話す内容をまとめるうえで有益に感じたため、ミーティング等で活用します。
  • 職場での上司を始めとする多くの方々に、正確かつわかりやすく業務に関する情報を連絡する機会が多くあるので、その時に今回学んだ「わかりやすい説明の仕方」を基に、わかりやすい連絡を目指します。
  • 話しているうちに結局何が言いたかったのかわからなくなったり、逆に肝心な事を伝え漏れたりすることがあり、事前の準備、話したい事の階層化でまとめやすくなることがわかりました。

実施、実施対象
2021年6月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
88.9%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • いつも結論を先に述べることを意識していましたが、結論を後回しにしたほうがいい内容もあるというのは新たな発見です。この使い分けを工夫します。
  • 問題解決で階層別に落とし込む方法は知識として知っていても、実際使用する際にハードルが高くて使いこなせていませんでした。階層別イメージ図を普段から意識して使っていきます。
  • お時間が限られているお客様への説明時に、ホールパート法で端的に明瞭な説明を意識していきます。また、発表の場が多くあるので、ポイントをおさえながら、改善に活用します。
  • 分かりやすい話の構成、聞きたくなるような話し方について学ぶことができました。会社でもそのような話し方の癖付けを行っていき、マスターしたいと思います。
  • 取引先とのやりとり、上司への報告に対し、明瞭な説明を意識します。相手の立場になって、話す内容や構成を考えることを意識して業務を遂行します。

実施、実施対象
2021年6月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • どうしても説明がまわりくどくなってしまうため、早速上司への説明等は結論から話すようにします。本日学んだPREP法・ホールパート法を実践します。
  • 構造化やPREP法など、教えていただいたポイントを頭に入れて、トレーニングだと思って説明場面で積極的に活用していきます。
  • 苦手に感じている、相手に伝える際の話しの順序立てが非常に有用だった。話の構成を意識して伝える。

実施、実施対象
2021年5月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 社内の非開発部門から開発会社、上司・部下など幅広いレベル感の方とコミュニケーションをとる機会が増えております。今回の学んだことを活かし、相手のレベル感に配慮した説明ができるようにしていきます。
  • よくない話し方にあてはまることが多く、改善点が沢山見つかりました。言葉の取捨選択、簡潔にまとめ話すことを心がけます。
  • 主語述語があいまいで上司を困らせることが少なくないので、主語をしっかりと分別するよう努めます。そして、アリストテレスの説得の3要素を活かしてかして分かりやすい、かつ説得力のある話し方を身につけます。
  • 今回の研修で相手にどうやって説明したらいいか学ぶことができました。私は一方的に話をしてしまうことがあるので気をつけます。
  • 準備と誰に伝えるかの意識を大切にします。説明をする時やメールを送るときは、一文は短くすること、句読点で長々と繋げないとい点を意識していきます。

実施、実施対象
2020年6月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手の話の内容によって使い方を工夫する、相手の話を聴くときは手を止めて聴くということを意識していきたいと思います。
  • もともと見切り発車的に話し始めるところがあるので、ロジックツリーを使って一度自分の中で理解し、話を組み立てる癖をつけていきたいです。
  • 普段苦手意識がありながら、どう改善すればよいか分からなかったので、今回の研修で学んだ「階層化」を使って状況を整理するよう習慣化していきたいです。
  • 相互理解を意識して相手のペースに合わせる、必要に応じて結論から先に伝えるなどを実践していきます。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.2
講師がとても良い・良い
97.4

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修