loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ハラスメント防止研修

ハラスメント防止研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

■ますます増え続けるハラスメント

近年では、パワハラやセクハラだけでなく、モラハラやマタハラ、パタハラ、ケアハラといった様々なハラスメントが問題視され指摘されるようになってきました。 時代の変化に伴い、今後ますます「ハラスメント」の種類が増加し、今までは当然視されてきたことがハラスメントとして訴えられる可能性が予測されます。
インソースでは、組織のハラスメントについて最新の知識の理解を深めるとともに、ご自身のハラスメント危険度をチェックできる研修をご用意しています。

◇【研究レポート】
 ハラスメント対策・防止の3つの視点 ~ 職場の事例から考える

■ハラスメント防止には「攻め」のマネジメントが不可欠

ハラスメントを防止するためには、組織に「攻め」のマネジメントが必要です。 「ハラスメントを招かないように」と相手と距離を保ったり、接点を拒んだりすることは、「逃げ」のマネジメントです。 「リスク回避のマネジメント」と解釈することもできますが、例えば、管理職が部下との接点を減らし、指導や指摘を放棄してしまっては、 組織を運営するうえで重要な人材育成ができなくなります。 必要な情報が滞れば、仕事に関するリスクは増大するでしょう。

◇ハラスメントに対する正しい知識を得るなら
【公開】(半日研修)ハラスメント防止研修
 ~ セクハラ・パワハラを生まない職場づくり

◇今、求められる「上司力」でハラスメントを招かないために
【派遣】ハラスメント防止研修
 ~ 上司力の向上でハラスメントを防止する(1日間)

■ハラスメントを招く大きな要因 ~「思い込み」と「決めつけ」

ハラスメントを招くリスク要因として、「男性は○○であるべき」や「妊娠した女性は○○だろう」、「管理職なら○○して当然」、「新人は○○だ」といった人に対する様々な思い込みや決めつけがあります。多様化の進む現在、働く個人一人ひとりが持つ異なる事情や働く背景、特徴や特性を、思い込みをはずして見極めることが必要です。

これまでの上司や部下との関係性や役割分担のあり方、業務の進め方、指導の仕方についても、思い込みをはずして考えてみる必要があります。「厳しい指導」や「熱い説教」、「プライベートへの関与」、「飲みニケーション」など、かつては当然視されてきたことが、時代が変わった今では、相手によって、また、程度やレベルによってはハラスメントとして訴えられる可能性が十分にあります。組織として、ハラスメントについての知識を最新のものに更新し、理解を深めるとともに、改めることも必要でしょう。

◇ダイバーシティ時代のハラスメントを理解するなら
 ~ パワハラ、セクハラだけでなく、「マタハラ」、
  「SOGIハラ(LGBTへのソジハラ)」、「障がい者差別」、
  「宗教蔑視」、「外国人差別」までを含むハラスメント
  全般を理解する
【派遣】ハラスメント防止研修
 ~ ダイバーシティ時代に備える編(半日間)

◇ハラスメントと合わせて「労務管理」の知識を習得するなら
【派遣】労務管理研修(1日間)

コア・ソリューションプラン
・ハラスメント防止への基礎知識と意識を醸成するプラン

・1年間でパワーハラスメントを撲滅し職場改善を行うプラン

ハラスメント防止関連のプログラムダウンロードはこちら↓
PDFファイルハラスメント防止研修ラインナップ

お問い合せ・お申込み

※各業界向けカリキュラムのカスタマイズは可能です

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

魅力的な講師

セクハラ防止研修やパワハラ防止研修では、それぞれに適任の講師を紹介しています。センシティブな問題がテーマになっているため、よりファシリテート力が高く、最終的に職場風土を変革するための本当のコミュニケーションを知り対応できる講師が担当しています。

研修ラインナップ

インソースのハラスメント防止研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

セクシュアルハラスメントからパワーハラスメントまで、バランス良く学ぶ研修から、それぞれに特化した研修まで取り揃えています。

【ハラスメントを正しく理解する】

おすすめリンク

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

豊富な実績

1.豊富な具体事例で分かりやすい
インソースのハラスメント防止研修は、豊富な事例を紹介し、ケーススタディを多用することによって、具体的に何が問題で、どうしなければならないかをイメージしていただける内容となっています。

2.チェックシートで自身を診断
セクハラ、パワハラともに、自身のハラスメント危険度を診断できるチェックシートを研修中に活用します。
他人事ではなく、自分自身の問題としてまず認識していただくことで、意識を高めていただけます。

3.経験豊富な講師陣
講師自身が管理職としての経験があり、かつ、多くの実例を知るハラスメントのエキスパートを派遣いたします。

1年間の総受講者数
44,506

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

93.4%

講師:大変良かった・良かった

89.8%

※2019年4月~2020年3月

受講者の声

    ハラスメント防止研修~ハラスメント相談員向け(1日間)

    実施、実施対象
    2019年5月     11名
    業種
    学校・学校法人
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    90.9%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • ハラスメント相談員として正式に受けた問題だけでなく、職場のちょっとした相談事にも活用していきたいと思います。
    • 相談員として活用するのはもちろんのこと、日頃の部下などへの声掛け、指導の際にも役立てたいです。
    • 相談員としてどのように対応すれば良いのか分からなかったのですが、少し整理ができました。

    実施、実施対象
    2018年 2月     49名
    業種
    中央官庁・国家機関
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    98.0%
    講師:大変良かった・良かった
    91.8%
    参加者の声
    • パワーハラスメントの認識を深めることができたので、傾聴の技法を使いながら適切に対処できるように努めたい。
    • ハラスメント相談員として、相談が起こったときに適切に対応することはもちろんのこと、まずはハラスメントが起こらない環境作りに努めたい。
    • ハラスメントの事実を把握したときの基本的な対応方法が学べた。

    実施、実施対象
    2017年 6月     10名
    業種
    学校・学校法人
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 守秘義務への意識を高めながら、普段から相談しやすい雰囲気を作り、1件でもハラスメントの解決につなげることができればと、改めて感じました。
    • 日頃の業務の中でもコミュニケーションを円滑にすることと、相手への思いやりを持って接することの大切さを学びました。今後も気をつけながら業務に励んでいこうと思います。
    • 誰かのSOSにすぐに気づけるようになる。相談を受ける際のクッション言葉や相手を気遣う声かけを行う。

    【オンライン通信教育】ハラスメント防止コース

    (一般職向け)ハラスメント防止研修~未然に防ぐ意思表示の仕方編(1日間)

    実施、実施対象
    2020年1月     46名
    業種
    情報通信・ITサービス
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    93.5%
    講師:大変良かった・良かった
    91.3%
    参加者の声
    • 今まで自分が感じていた不愉快な気持ちの原因が理解できてとても有意義でした。声かけや話し合いの機会を持って、お互いが不快にならないようなコミュニケーションを心がけたいです。
    • 少しでもハラスメントをされているかもしれないと感じたら周りに相談する、相談にのるということを心掛けていきたい。
    • 周囲とのコミュニケーションのとり方や、ハラスメントに直面した際の対応など非常に有益な情報を得ることができました。

    実施、実施対象
    2019年12月     23名
    業種
    中央官庁・国家機関
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    95.7%
    講師:大変良かった・良かった
    91.3%
    参加者の声
    • メンバーとのかかわり方を見つめ直して、仕事をしたり、時には相談をすることも必要だと感じました。改めてハラスメントとはという意識を持つことができました。
    • グレーゾーンの設問が参考になった。相手の気持ちをおしはかり、普段から良い関係を作っていくことに注力したい。
    • ハラスメントの事例を知ったので、常に意識したいです。他の受講者の考えを聞く時間では、様々な考え方があることも分かり、自分だけの考えで行動してはいけないと感じました。

    実施、実施対象
    2019年5月     66名
    業種
    製造業(電気機器・機械)
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    95.5%
    講師:大変良かった・良かった
    93.9%
    参加者の声
    • 相手が不快に感じるか感じないかの境界線を知るには、日頃のコミュニケーションが大切だと改めて実感しました。
    • 自分自身のつらい気持ちを吐露をすることの重要性が言語化されていたので、改めて参考になった。
    • 実はこれまでにハラスメントを受けてきたことに気づかされた。自分はそういったことをしないように意識を持ち、相手の立場になって行動したい。

    管理職向けハラスメント防止研修~事例検討編(1日間)

    実施、実施対象
    2019年12月     61名
    業種
    学校・学校法人
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    98.4%
    講師:大変良かった・良かった
    96.7%
    参加者の声
    • 職員との信頼関係をより良くするため、コミュニケーションをしっかりとるようにしていきたいと思います。管理者として考えるべきことが多く、勉強になりました。
    • 部下に期待の気持ちを伝える、仕事を任せることで育てていく視点をもう少し大切にしていきたいと思います。
    • これまで以上に相手を理解することに努めたい。真摯な気持ちで接するようにする。自分の言動に気を配る。

    実施、実施対象
    2019年11月     49名
    業種
    製造業(日用品)
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    91.8%
    講師:大変良かった・良かった
    98%
    参加者の声
    • 自分の行動を振り返り、パワハラを生まない環境を意識していきます。まずは相手のことをよく見てみようと思った。
    • 感情的になることが時々あるので、冷静によく考える時間を持ち、部署内のスタッフとよくコミュニケーションをとり業務効率につなげていきたい。
    • 自分のメンタルに余裕を持つことがいかに大切かを改めて理解できた。部下に業務を指示する際も、目的や理由をはっきりと伝え、相手に選択肢を与える状況を作る。

    実施、実施対象
    2019年6月     47名
    業種
    流通
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    89.4%
    講師:大変良かった・良かった
    89.4%
    参加者の声
    • まずは目を見てあいさつすることを実践し、メンバーの小さな変化に気づけるように努力します。感情に流されずに、丁寧に接するように心がけます。
    • ハラスメントを起こさない起こさせない、未然に防ぐように普段から部下の様子を見る。今まで無関心と言わないまでも、あまり関心を持っていなかったことに気づいた。
    • 普段の行動がどこまでハラスメントにあたるか、具体例もありわかりやすかった。日々のパートナーに対しての接し方に活かしていきたい。

    (一般職向け)ハラスメント防止研修~正しい理解を促し、いざという時の対処法を身につける(1日間)

    実施、実施対象
    2019年10月     23名
    業種
    金融
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    95.7%
    参加者の声
    • 自分の意識外で加害者になっている可能性もあるので、相手の立場に立って考えていきたい。
    • 個人の捉え方、認識のずれを考慮し、型にはまらず柔軟な対応をとりたいと思いました。
    • 自分や周りの職員がハラスメントの被害にあった時にどのように対応していくかが分かって良かった。

    実施、実施対象
    2019年9月     23名
    業種
    情報通信・ITサービス
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    91.3%
    参加者の声
    • ハラスメント防止にはコミュニケーションが有効だとは思ってもみませんでした。コミュニケーションをとり、自分が加害者にならないよう気を付けたいです。
    • 働きやすい職場となるように、積極的に声かけや挨拶をするなど、自らコミュニケーションをとっていくようにする。
    • 常日頃から注意して行動し、職場を見まわし早期発見ができるように努めます。ハラスメントをしてしまうとどうなるかもわかったので、職場での人間関係を大事にしていきたいと思いました。

    実施、実施対象
    2019年7月     117名
    業種
    製造業(素材・化学)
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    95.7%
    講師:大変良かった・良かった
    91.5%
    参加者の声
    • 部下・後輩と接する指導を行うときは、その行動や発言がパワハラにあたらないか考えて行動する。また、一人で判断せず、周りの意見も聞いてみる。
    • みんなが働きやすく、各人の成果が目一杯出せる職場づくりに活かしていきたい。自分の言動が客観的に他者にどのように映っているかを意識したい。
    • 自分の仕事の進め方を客観的に見直す良い機会となった。指導方法を改善したい。周囲の状況を把握し、良い職場をつくっていきたい。

    giraffeを用いたハラスメント防止研修~相手から大切なものを奪う行為を招かないために(半日間)

    ハラスメント防止研修~基礎知識を習得する(1日間)

    実施、実施対象
    2020年8月     6名
    業種
    流通
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 誰もが抱えているストレスに対応していけるように、言動に気を付けて社内の活性化に努めていく。
    • 部下とのコミュニケーションをより一層とり、スムーズな人間関係の構築に取り組む。改めてハラスメントについて意識できたので学習したことをもとに、労働環境がより良好になるよう努力する。
    • 他人を変えていくのではなく、自分自身を変えていく努力をして相手に気づきを与えていけるように努めていきます。

    実施、実施対象
    2019年4月     57名
    業種
    製造業(素材・化学)
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    91.2%
    講師:大変良かった・良かった
    80.7%
    参加者の声
    • 自分が無意識に行っていることがハラスメントにつながる可能性があることを学んだ。コミュニケーションを大切にしたい。
    • 判例等を参照しながらどのようなケースがハラスメントにあたるのかを分かりやすく学ぶことができた。言葉を発する前に相手がどう思うかを考える。
    • 当たり前のことがどれだけ難しいかということが分かったので、親しき中にも礼儀ありということを心がけます。

    実施、実施対象
    2019年1月     21名
    業種
    不動産
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 何気ない言動が他人を傷つける可能性があることを、常に意識しておく必要があると感じた。
    • ハラスメントをしないことはもちろんのこと、「させない」「見逃さない」ことも心がけていきたい。
    • 何でも話せる雰囲気づくりが重要だと思った。その場の雰囲気に流されて良くない言動をとる可能性があることにも留意したい。

    実施、実施対象
    2018年6月     65名
    業種
    建設・プラント
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    95.4%
    講師:大変良かった・良かった
    95.4%
    参加者の声
    • 両者の関係性について、第3者が不快に感じる場合もハラスメントにあたることを認識しておこうと思います。
    • 自分が良かれと思って言ったことも、相手がどう思うか分からない。まずこのことを知るのが重要だと思った。
    • 弱い立場の人がつらい目に合うことが無いように、知識を持っておくことが必要と感じた。

    (自治体・官公庁向け)ハラスメント相談員研修 中級編(2時間)

    実施、実施対象
    2019年5月     25名
    業種
    非営利団体・官公庁関連組織
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    96%
    講師:大変良かった・良かった
    92%
    参加者の声
    • 実際の相談事例は多様であると思うが、基本的な考え方を知ることができて有益であった。まずは相談しやすい雰囲気を出すように心がけていきたい。
    • これまで相談員として具体的に何をしたらよいのか分からなかったが、今回の研修を受けて明確になった。ゆっくりと耳を傾けて話を聞いてあげられるようになりたいと思う。
    • 相談事項を判断する前に、被害者の心をどれだけケアできるか、聞くことに徹することができるかを考える必要があると感じた研修でした。

    実施、実施対象
    2018年12月     25名
    業種
    医療
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    96%
    参加者の声
    • 日常的に相談される場面があるので、こじれる前に対応するよう、研修での学びを活かしたい。
    • 相談される立場にあるので、相手の話をきくこと、受け止めることを明日から行っていきたい。
    • 自分だけで結論づけず、相談者の話を聞く。どのような状況でも、基本の対応を意識していきたい。

    実施、実施対象
    2017年8月     7名
    業種
    非営利団体・官公庁関連組織
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • この研修に参加して、他の相談員の皆さんと情報共有の機会を得られてよかったです。相談者が納得して、相談して良かったと思ってもらえるような相談員になりたいと思います。
    • ゼロベースで相談を聞くということが、大変参考になった。
    • 今後相談を受けることがあったら、先入観を持たずに事実を聞くことが出来るように努めたいと思う。

    ハラスメント相談員研修 中級編(2時間)

    実施、実施対象
    2018年2月     14名
    業種
    学校・学校法人
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 相談を受けた際に、相手の様子を見ながら話を進めていけるようにしたい。
    • 話を聴くことの難しさを感じたため、今後聴く態度に気をつけたい。
    • 講師が、グループ内で活発に意見交換ができるように導いてくださったおかげで、様々な意見を聞くことができ有益だった。

    ハラスメント防止研修 最新の法令を理解しケースで考える編(2時間)

    実施、実施対象
    2019年12月     22名
    業種
    人材・教育サービス・BPO
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    95.5%
    参加者の声
    • ハラスメントのもたらす影響をよく考えることができた。課員がハラスメントに対して不安にならないようにしたい。
    • 理解不足の部分やハラスメント相談窓口の重要性を理解できました。課内で周知していきたいと思います。
    • 改めて「ハラスメントとは何か」を理解できた。管理者としていかに職場におとすか、考えていきたい。

    実施、実施対象
    2019年9月     113名
    業種
    サービス業(BtoC)
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    97.3%
    講師:大変良かった・良かった
    88.5%
    参加者の声
    • ハラスメント防止の対策も重要ですが、そういった問題が起こりにくい職場環境をつくることが大切だと認識しました。
    • 自分だけなく周りにも気を配る。見て見ぬふりや過度な我慢はしないようにする。日々の声かけを今以上に行い、ハラスメント被害の早期発見に努めたい。
    • 今回の研修で学んだことを、ハラスメントに対する基準としていきたい。よかれと思うことが本当によいことか熟考して発言・行動する重要性を強く認識させられた。

    実施、実施対象
    2019年6月     27名
    業種
    人材・教育サービス・BPO
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    92.6%
    講師:大変良かった・良かった
    81.5%
    参加者の声
    • ハラスメントに関して知らないことが多くあったため、勉強になりました。今後に活かしたいと思います。
    • 自分自身の言動はもちろん、周囲でハラスメントに及ぶ言動があったら注意できるよう気を配りたい。
    • ハラスメントに対して意識が低いことを認識させられました。相手のことをよく考えて発言しようと思いました。

    役員向けハラスメント防止研修(2時間)

    実施、実施対象
    2019年12月     23名
    業種
    中央官庁・国家機関
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    95.7%
    講師:大変良かった・良かった
    91.3%
    参加者の声
    • 日頃学ぶことのできないハラスメントについて学ぶことができた。今回学んだことを参考に良い職場づくりをしていきたいと思う。
    • 立場をわきまえ、相手のことを考えて行動していきたい。職場でハラスメントが発生しないよう、引き続き気を付けていきたい。
    • 業務の妨げとなるハラスメントを起こさないように、学んだことを活かす。事務所の職場環境をより働きやすいものにしていく。

    実施、実施対象
    2019年9月     14名
    業種
    製造業(電気機器・機械)
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • パワーハラスメントは客観性で評価されるということを、今まで以上に意識します。まずは管理職と、この研修で学んだことを共有します。
    • 組織運営におけるハラスメント防止策を考える。従業員全員が幸せになれるように、自分も努力が必要と感じた。
    • 自分を見つめ直す機会となった。一人一人が互いに価値を認め合える職場にしていき、自組織を風通しの良い職場に変えていく。

    実施、実施対象
    2019年3月     45名
    業種
    その他市区町村など
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    88.9%
    講師:大変良かった・良かった
    86.7%
    参加者の声
    • 法令を遵守しながら仕事を行っていくことの重要性を改めて確認することができた。節度ある行動をしたい。
    • これまでの自分の行いを振り返るとともに、これからの業務に対する姿勢を改める機会となった。常に相手を意識する。
    • 自分が気づいていないところでハラスメントをしているかもしれないと感じたので、言動に注意する。自分の行動で職場にどのような影響があるのかを考えて行動する。

    ハラスメント防止研修 パワハラを防ぐために(2時間)

    実施、実施対象
    2019年12月     61名
    業種
    学校・学校法人
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    98.4%
    講師:大変良かった・良かった
    96.7%
    参加者の声
    • ハラスメントの範囲だけでなく、管理職としての態度や具体的なコーチング、リーダーシップにかかわる内容の研修でよかったです。日頃のチーム内でのかかわり方、職員とのかかわり方に活かしていきたいです。
    • 職員とのコミュニケーションをしっかりとるようにしていきたいと思います。特に「ほめる」ことを大切にしていきたいと思います。
    • ハラスメント対応というと強い主張に対処していかなくては・・・とマイナスの印象が強かったのですが、自身の受け止め発信の仕方をアップデート・見つめ直す機会となりました。あまりおびえすぎず、「良好な関係」を目指して前向きな挑戦をしていければと思います。

    実施、実施対象
    2019年11月     26名
    業種
    流通
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    88.5%
    講師:大変良かった・良かった
    88.5%
    参加者の声
    • 指導とハラスメントの違いがよくわかりました。部下とコミュニケーションをとり、自分の感情コントロールをしっかり行います。
    • ハラスメントについての知識が深まりました。部下とのコミュニケーション、職場の環境づくりに活かします。
    • 日々のコミュニケーションを密にする他に、部下がやって当たり前と思うことをやめ、感謝の気持ちで業務に臨みます。

    実施、実施対象
    2019年7月     48名
    業種
    製造業(素材・化学)
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    97.9%
    講師:大変良かった・良かった
    95.8%
    参加者の声
    • 業務上複数人で作業することが多いため、コミュニケーションが必要となる。相手の性格を理解して、コミュニケーションをとっていく。
    • 自分の日頃の行動について、ハラスメントになるか再認識できたため、有益だった。部下の指導には十分パワーハラスメントにならないように配慮していきたい。
    • 日頃から声掛けなどのコミュニケーションが重要だと再認識できた。役職がつくだけで注意が必要、という点を意識していきたい。

    ハラスメント防止研修 セクハラを防ぐために(2時間)

    実施、実施対象
    2019年3月     31名
    業種
    運輸・倉庫
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    83.9%
    講師:大変良かった・良かった
    80.6%
    参加者の声
    • どのような言動がハラスメントに該当する可能性があるのか再確認できました。何か起こる前に事前に気づくように、アンテナを張りたいと思います。
    • 世の中の環境が変化してきているので、気を付けなければならないことが多いと感じた。当事者同士の関係性と客観性も鑑みて自分の意識を変えていかなくてはと思う。
    • 自分の固定観念を押し付けないよう、話を聞くことを大切にして良好な人間関係を構築していきたいです。

    実施、実施対象
    2019年1月     21名
    業種
    不動産
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • チームとして「させない」「見逃さない」姿勢、行動につなげていきたい。振り返りにも良い機会となった。
    • 職場環境、業務運営で活用したい。職場での発言や行動に対して、他人事にならないように行動する。
    • 言動に気を付けて、セクハラやパワハラのない職場作りに努めます。特にセクハラは声があがりにくいため、社内に無いという意識は間違いだと認識します。

    実施、実施対象
    2018年6月     65名
    業種
    建設・プラント
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    95.4%
    講師:大変良かった・良かった
    95.4%
    参加者の声
    • セクシャルハラスメントは主観で判断されるものなので、相手の気持ちになることが大事だと感じた。言動に注意したい。
    • 何気ない発言がハラスメントにつながると理解できました。組織のより良い職場環境づくりに活かしていきます。
    • 相手が不快に思うかどうかを自分が気づけるように、普段からのコミュニケーションが重要であると感じた。

    女性のためのセクハラ防止研修 ハラスメントを受けないコミュニケーション編(半日間)

    実施、実施対象
    2020年1月     10名
    業種
    電力・ガス・水道
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 今までセクハラだと思っていなかったことが実はセクハラだった事実に気づいた。これからはアサーティブに、自分の意見を少しずつ相手に伝えられるように努力したいと思った。
    • セクハラを受ける側も、嫌なことはきちんと自分の意見を主張し、「アサーティブ」になっていく必要がある、とこの講義を通じ感じました。アサーティブな伝え方が業務でできるよう、練習していきたいです。
    • どこにでも使用できるコミュニケーションの仕方を教えていただけたので常日頃意識しようと思いました。セクハラ防止の研修でしたが、それより多くを学べたように思います。

    パワーハラスメント防止研修 怒りの感情をコントロールする編(1日間)

    実施、実施対象
    2019年12月     16名
    業種
    情報通信・ITサービス
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 自分の苦手なことが整理できた。Iメッセージを意識して発信したい。研修での学びを後輩指導に活かす。
    • セルフコントロールをし、良いコミュニケーションを築こうと思った。アサーティブコミュニケーションを身につけて、自分も周りの人も楽しくしたい。
    • スタッフがより活躍できる環境づくりに、学んだことを活用したい。怒りの裏側に、どのような感情があるのかを考える。

    実施、実施対象
    2019年11月     43名
    業種
    その他市区町村など
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    97.7%
    参加者の声
    • 多様なハラスメントを理解したうえで職場の人間関係の構築に活かしていきたい。客観的に見て周りがどう思うかを考える。
    • まずは自分がハラスメントを行わないように気をつけます。部下への指導の仕方について、今回の研修での学びを思い出すようにします。
    • ハラスメントに対する知識は上司側にも部下側にも必要だと感じた。今以上に、周りに関心を持つようにしたい。

    実施、実施対象
    2019年6月     59名
    業種
    製造業(日用品)
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    96.6%
    講師:大変良かった・良かった
    96.6%
    参加者の声
    • 自分の怒りのポイントを知り、ハラスメントをしないように気を付けていきたい。笑顔で明るく振舞う。
    • 業務の研修・引継ぎの際に、伝え方の工夫、言葉に気を付けて、被害者を出さない。イライラするときには時間を置くようにする。
    • 忙しい時ほど感情のコントロールが難しいので、研修で学んだことを思い返すようにしたい。ハラスメントから自分も相手も守れるようにする。

    ハラスメント発生時対応研修 管理職向け(1日間)

    実施、実施対象
    2018年5月     25名
    業種
    年金・共済・健康保険
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • ハラスメントの原因はやはりコミュニケーション不足だと思う。自分が所属している部署だけでなく、さらに支部全体のコミュニケーションを向上させたい。
    • 「言い方ひとつで相手の受け取り方が違う」と思った。相手の気持ちに立って規律を守り、対応していきたい。風通しの良い職場を目指し、環境を作っていく意義を職員にもしっかり伝えていく。
    • ハラスメントが発生していそうな部署で、全職員と面談をする予定である。加害者と思われる方と話す際には、今回の研修で学んだことを活用したい。

    (役員・部長級向け)組織マネジメント研修 パワハラを根本的に防止する(1日間)

    実施、実施対象
    2019年11月     28名
    業種
    流通
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    89.3%
    講師:大変良かった・良かった
    85.7%
    参加者の声
    • 部下に限らず、他部門、上長に対しても怒りを制御していきたい。自分を見つめ直す良いきっかけとなった。
    • 無意識は悪であり、部下の意識をコントロールできるようにマネージメントをすることが大切だと気づきました。できることから始めていきたいと思いました。
    • 部下に対して適切な叱り方を心掛ける。一方的ではなく、部下に悪い点を気づかせるようにする。

    実施、実施対象
    2019年10月     27名
    業種
    その他市区町村など
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 自分では気づかない点や、時代と共に価値観も変化するためハラスメントも変化していくことなど、学ぶ点は多かった。
    • 何気ない一言でもハラスメントとして受け取られる現在のため、考えていかなければと改めて気づかされた。意識して学んだことを活かしたい。
    • パワハラと指導の違いがわかった。パワハラと思われるような言動はしない。

    ハラスメント防止研修 セクハラ・パワハラを正しく理解する編(1時間)

    実施、実施対象
    2019年12月     61名
    業種
    学校・学校法人
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    98.4%
    講師:大変良かった・良かった
    96.7%
    参加者の声
    • チーム内のコミュニケーションを大切にし、メンバーの変化に敏感になろうと思いました。まず自分のふるまいを振り返るところから始めたいと思います。
    • 言葉の選び方に気を付け、考え方をポジティブにしようと思います。また、冷静さを失わないようにしたいと思います。
    • 自分の物差しよりも相手の物差しを知ることから始め、相手の良いところを声に出していこうと思います。

    実施、実施対象
    2019年11月     44名
    業種
    流通
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    95.5%
    講師:大変良かった・良かった
    90.9%
    参加者の声
    • 自身だけでなく、周りに対しても問題がある場合はフォローするようにしたい。自他ともに、言動に注意していく。
    • これからは発言する前に一度頭で考えて、落ち着く時間をもちたいと思う。
    • 内容に該当するような状況に遭遇した際に適切な対応をしていきたい。ハラスメントの現場に遭遇した際には、声をあげられるようにしたい。

    実施、実施対象
    2019年6月     66名
    業種
    製造業(日用品)
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    98.5%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • ハラスメントについてとてもよく理解ができ、なかなか普段しっかりと考えることがなかったので、良い時間になりました。周りに人をよく気にかけたり、話しかけやすいように振る舞っていくようにします。
    • 自分で意識していなかった注意の仕方がハラスメントになり得るということを知ることができたので、注意していきたい。
    • ハラスメントは自分自身にはあまり関係のないことだと意識が低かったですが、相手がどう思うかが大事だと思いました。

    ハラスメント防止研修 管理職としてセクハラ・パワハラを防止する編(1時間)

    実施、実施対象
    2020年7月     19名
    業種
    非営利団体・官公庁関連組織
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    94.7%
    参加者の声
    • コミュニケーションを密にし、明るく前向きに仕事に臨める環境を自分が作っていく。ハラスメントのない職場づくりを目指したい。
    • 部下の調書に目を向け、否定的な感情が浮かんだら肯定的な側面を思い浮かべるようにする。チームメンバーにいつも感謝の気持ちを持つ。
    • 部下とのコミュニケーションを深め、良い人間関係を築くことでハラスメントの抑制につなげる。

    実施、実施対象
    2020年2月     19名
    業種
    運輸・倉庫
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 日々の部下との話し方や指導方法に注意していこうと思います。現場に落とし込み、風通しの良い会社にしていきます。
    • ハラスメントに注意し、自分がしないようにする。もっともっと部下とコミュニケーションをとるようにする。
    • ハラスメントの考え方が変わりました。大丈夫と思っていたことがそうでないことに気づきました。今後の参考にしていきます。

    実施、実施対象
    2019年12月     71名
    業種
    医療
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    95.8%
    講師:大変良かった・良かった
    87.3%
    参加者の声
    • ハラスメントについては普段から意識して行っているが、定期的に研修を受講することで振り返り、原点に立ち返ることができた。
    • 叱ることは管理者の責任と自覚し、叱るときのステップとして具体的な内容を教えてもらった。パワハラを起こさないためには、叱ることはよくないのではと思っていたので、有益だった。
    • 自分自身が課員に注意するのが苦手です。ほめる、ねぎらう、感謝することから始めて指摘・指導をし、期待の言葉を伝えるように実践してみたいと思います。

    ハラスメント防止研修 マタハラ・パタハラ・ケアハラ編 (1.5時間)

    実施、実施対象
    2017年9月     14名
    業種
    金融
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    92.9%
    参加者の声
    • どのような言葉がハラスメントになるのかが分かったので良かった。自分の思い込みで物事を判断するのではなく、もっと部下の考えや希望を汲んでいきたい。
    • 男性の育児休暇についての考え方を変えることができた、良い機会となった。「配慮する」ということがキーワードなのだと感じた。
    • メンバーとのコミュニケーションの取り方の参考にしたいと思った。自分の意識を変える材料として、研修資料を活用したい。

    ハラスメント防止研修  ハラスメントのない職場づくりコミュニケーション編(半日間)

    実施、実施対象
    2020年9月     73名
    業種
    サービス業(BtoC)
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    98.6%
    講師:大変良かった・良かった
    95.9%
    参加者の声
    • パワーハラスメントをしていると思う人にどうやって気づいてもらえるか、難しい課題ですが取り組みたいです。より良い職場環境を整えていきたいです。
    • 現場における自分の言動がハラスメントにならないように注意し、意識を持ち続けます。普段も気を付けているつもりでしたが、相手がどう思うか、常に思いやりの気持ちを持つ重要性を改めて感じました。
    • ほめることの重要性が分かったので、後輩の育成に役立てていきたいです。職場で誰かと話すときには、お互いに不快にならないよう、発言に気をつけたいと思いました。

    実施、実施対象
    2020年3月     18名
    業種
    非営利団体・官公庁関連組織
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    88.9%
    講師:大変良かった・良かった
    94.4%
    参加者の声
    • 「きく」の種類やリフレーミング、立場によっての役割の違いなど参考になった。
    • コミュニケーションを大事にし、風通しの良い環境づくりに努めていきたい。言葉や態度に気をつけて、部下をよく観察する。
    • 良い反省材料となった。今後はとにかく部下の話を聞く。気軽に相談を受けられるような間柄になりたい。

    実施、実施対象
    2019年12月     61名
    業種
    学校・学校法人
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    98.4%
    講師:大変良かった・良かった
    96.7%
    参加者の声
    • ハラスメントの範囲だけでなく、管理職としての態度や具体的なコーチング、リーダーシップにかかわる内容の研修でよかったです。日頃のチーム内でのかかわり方、職員とのかかわり方に活かしていきたいです。
    • 職員とのコミュニケーションをしっかりとるようにしていきたいと思います。特に「ほめる」ことを大切にしていきたいと思います。
    • ハラスメント対応というと強い主張に対処していかなくては・・・とマイナスの印象が強かったのですが、自身の受け止め発信の仕方をアップデート・見つめ直す機会となりました。あまりおびえすぎず、「良好な関係」を目指して前向きな挑戦をしていければと思います。

    実施、実施対象
    2019年7月     34名
    業種
    その他市区町村など
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    85.3%
    講師:大変良かった・良かった
    91.2%
    参加者の声
    • グレーな部分を含めアウトとなるラインの認識が変わりました。
    • 各種のハラスメントに注意し、部下の指導を行っていくとともに、自分が加害者にならないように注意したい。
    • 普段から職場の状況に注意しながら、日々コミュニケーションを取り、自分自身を振り返ることを意識したい。

    実施、実施対象
    2019年3月     18名
    業種
    コンサルティング・調査
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    94.4%
    講師:大変良かった・良かった
    94.4%
    参加者の声
    • 自分ではそういった意図がなくても受け手がハラスメントと感じたり、相手との関係性(信頼関係の有無)によって受け取り方も変わってくると思うので、良く考えて行動したい。
    • 自分の行動について気付かされることがあったので、今後は気を付けていきたい。
    • 相手を尊重し、言い方に気を付け、ポジティブな言葉選びに努めていく。

    パワーハラスメント研修 統計と裁判事例をふまえて部下指導を考える編(1日間)

    実施、実施対象
    2017年 9月     23名
    業種
    医療
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    95.7%
    参加者の声
    • ハラスメントについて、人によって感じ方、とらえ方が違うということをグループワークを通して学びました。本日の研修によって得た正しい知識を組織で共有することが大切だと思います。とても分かりやすい講義でした。
    • 今後様々なハラスメントに合うことも予測されます。その時々で本日のことを思い出し、活用させてもらいながら対応していきたいと思います。
    • 簡潔でかつわかりやすかったです。講師の方のお話のペース、お声のトーンも理解度を高める一因と感じました。

    実施、実施対象
    2017年 8月     48名
    業種
    その他市区町村など
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    95.8%
    講師:大変良かった・良かった
    93.8%
    参加者の声
    • グループワークもあり、聞くだけでなく、自分が考えたうえで話を聞けた。ポイントを教えてもらって分かりやすかった。
    • パワハラ防止のために、感情コントロール・冷静さの必要性・ねぎらい・期待を示すことが、大事であることを理解できた。
    • 内容については分かりやすく、現状に即していてよかった。

    実施、実施対象
    2017年 5月     70名
    業種
    その他市区町村など
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    97.1%
    参加者の声
    • ハラスメントを防ぐために、相手には言い換えて伝えること、前向きに伝えることが特に印象に残りました。実践したいと思います。
    • ハラスメントになるかならないかの線引きが非常に難しいと思いましたが、日頃からコミュニケーションをとり、信頼関係を築いていく事が大事であると思います。
    • 日頃気にしていない言動が、ハラスメントとなってしまうことがあるため、気をつけなければならないと感じた。

    ハラスメント防止研修 上司力の向上でハラスメントを防止する(1日間)

    実施、実施対象
    2020年7月     19名
    業種
    非営利団体・官公庁関連組織
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    94.7%
    参加者の声
    • 直感や気分で発言することが無いように気を付ける。また、ハラスメント防止を自分だけの心がけにせず、周囲や組織全体にも広めていく。
    • パワーハラスメントなどの防止だけに留まらず、より良好な職場環境作りや、部下との関係について示唆深い研修でした。各人が働きがいを感じられる職場作りに努めたいです。
    • 「ハラスメント防止」という目的の研修だったが、「よい職場とは何か」という基本を気づかせてもらえた。部下とのコミュニケーションのを深め、いい人間関係を築くことでパワーハラスメントの防止に努める。

    実施、実施対象
    2020年2月     28名
    業種
    その他市区町村など
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    92.9%
    参加者の声
    • 相手に関心を持ち、育成する。叱る場面でも、成長の糧となるような言葉遣いやほめることを意識する。
    • 部下の話を聴く「積極的傾聴」を業務に活かしていきたい。コミュニケーション向上のため、皆をよく観察し声をかける。
    • ハラスメントだけでなく、コミュニケーション面からも充実した内容であり、業務全般に活かしていきたい。

    実施、実施対象
    2018年 2月     12名
    業種
    年金・共済・健康保険
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • ハラスメントについてあいまいだった線引きが、少し分かった。注意するときの指導もしっかりと行いたい。
    • ハラスメント防止について再認識ができ、明日から実践する自信がついた。
    • 誰が悪いということではなく、なぜハラスメントが起きたのか、どうしたら防ぐことができるのか、管理職で話し合いができたので良かった。

    実施、実施対象
    2017年 8月     66名
    業種
    現業系公務
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    92.4%
    講師:大変良かった・良かった
    86.4%
    参加者の声
    • 具体的で大変分かりやすかった。自らを振り返り、改善すべき点を洗い出すことが必要だと感じました。
    • 職員への対応の振り返りや、日ごろの自己の行動を反省する機会となりました。
    • 研修を通して、知っているつもり・理解しているつもりになっていた部分を把握できた。職場環境を良好な状態にするためにこのような研修を受講することが大切と感じた。

    実施、実施対象
    2017年 7月     18名
    業種
    運輸・倉庫
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    94.4%
    講師:大変良かった・良かった
    94.4%
    参加者の声
    • 今まで以上に自分の言動に注意を払い、コミュニケーションを取っていこうと思います。
    • ひとことでハラスメントと行っても多岐にわたることが理解できました。業務に活かせるようにしていきたいです。
    • 具体的で分かりやすく、すぐに実践できるものばかりでした。今まで気づかなかったことを学べました。今後の部下との接し方に活かします。

    ハラスメント相談員向け研修 相談員に求められるものを考える編(半日間)

    実施、実施対象
    2020年7月     25名
    業種
    非営利団体・官公庁関連組織
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    92%
    参加者の声
    • 相談を受けた際は、親身になって話が聞けるように準備をしておく。ハラスメントは身近な存在であり、加害者にも被害者にもなり得る問題であることがよく分かった。
    • 自分一人でシミュレーションをしていても、相手の反応によって対応を変える必要があるため、相談のロールプレイングがとても有益だった。
    • 普段からハラスメントを防止できるようにしていきたい。セクシュアルハラスメントの対応が難しいと感じた。

    実施、実施対象
    2019年11月     38名
    業種
    医療
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    97.4%
    参加者の声
    • 相談があったときの初期対応に活かしたい。ハラスメントかどうかの判断基準に「合理性があるか」があることを知り、勉強になった。
    • 被害者とされる人、加害者とされる人の両者の心情に気を配って、丁寧な対応をしていく。
    • 経験ではなく多様性を踏まえて相談に乗ることに注意を払いたいと思います。相談に来てもらいやすい雰囲気づくりに努めます。

    実施、実施対象
    2018年 3月     15名
    業種
    学校・学校法人
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 相談者に不安をあたえないように相談を聴きたいと思います。
    • ケーススタディやワーク、意見交換の時間があり、自分以外の人の意見を聞けて勉強になりました。相談を受けたときの参考にしたいです。
    • 相談を受けるときのポイントが分かりました。実際に相談されたときに今日の研修を活かして話をききたいと思います。

    実施、実施対象
    2017年 6月     20名
    業種
    建設・プラント
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    95.0%
    講師:大変良かった・良かった
    95.0%
    参加者の声
    • 相談員としての役割認識や具体的なふるまい方が理解できた。相談がないことが一番良いことだが、周りに悩んでいる人がいるかもしれないという意識をもつ。
    • 相談を受けた時に、どのように受け応えするかといった初歩的なことから、ハラスメント防止に向けての社員への啓蒙活動に至るまで、研修で得たことを業務に活かしていきたいです。
    • 実際に相談を受けた時に、今回の研修での学びを活かしたい。ハラスメントを撲滅できるよう努める。

    ハラスメント防止研修 LGBTと共に働く編(半日間)

    実施、実施対象
    2018年 1月     42名
    業種
    労働組合
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    88.1%
    講師:大変良かった・良かった
    81.0%
    参加者の声
    • LGBTの知識がほとんどなかったので、大変勉強になったと思います。個人の考え方(個性の尊重)を変えていく必要性があると感じました。
    • 日常の会話、自分の当たり前と思っていた行動にNGワードが多く有ることに気が付いた。
    • 意識を改善していくことは可能だと思うので、まずは自分が意識を変えていこうと思います。

    実施、実施対象
    2018年 1月     52名
    業種
    大型市・区
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    96.2%
    講師:大変良かった・良かった
    96.2%
    参加者の声
    • 気づかぬうちに傷つける言葉を言っているのではないかと振り返ることができました。今後、ふまえて業務にも活かしたい。
    • 接し方が分からない為、苦手意識、距離を置きがちだったが、考えを変える事ができた。
    • LGBTの方が周りにいらっしゃることを想定して、否定するような発言・行動や、はじめから男女を決めつけるようなことはしないよう心掛ける。

    実施、実施対象
    2017年 5月     21名
    業種
    年金・共済・健康保険
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • ダイバーシティ時代の管理職としての役割を十分に自覚するとともに職場内に周知し、ハラスメントのない風通しの良い職場作りに取り組みたい。
    • 伝達研修のシュミレーションを行うなど、今まで経験したことがなかったので、大変参考となった。自支部での伝達に活かしたい。
    • 資料の内容、説明ともに分かりやすい。伝達用資料があることも助かります。

    実施、実施対象
    2017年 5月     24名
    業種
    年金・共済・健康保険
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    95.8%
    講師:大変良かった・良かった
    95.8%
    参加者の声
    • ダイバーシティ時代におけるメリット・デメリット、そしてハラスメントとの関係性について分かり易く解説していただきました。
    • 資料も分かりやすく、講師の説明も理解しやすかったです。

    モラルハラスメント防止研修 一般職編(90分)

    実施、実施対象
    2018年 3月     38名
    業種
    医療
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 職場にも活かすことができる内容だった。自分の何気ない言葉や行動に注意していきたいと感じた。
    • 指導員としてだけでなく職場の上司としてハラスメントのない職場環境を作ることが大切であることを再認識した。
    • 自分の価値観を押し付けるのではなく、相手の立場にたって尊重しながら接していこうと思いました。

    実施、実施対象
    2017年 7月     33名
    業種
    介護・福祉
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    93.9%
    講師:大変良かった・良かった
    81.8%
    参加者の声
    • ハラスメントになるかどうかは関係性の問題であることが分かりました。職場環境をよくするために常にアンテナをはって対応していきたいと思います。
    • 自分がハラスメントを起こさないように注意していくと共に、管理職として自分の部下・同僚・上司とのかかわり方を再度見直しハラスメント防止を伝え、意識を高めていきたい。
    • 自分の考え方、相手の考え方、発想などを常に考えながら仕事に取り組むことが大事だと思いました。

    実施、実施対象
    2016年 12月     31名
    業種
    介護・福祉
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    96.8%
    参加者の声
    • 被害者、加害者へのハラスメントに対しての対応、大変勉強になりました。伝え方を「自分が言われてどうか」を意識して今後の業務に活かしたいと思います。
    • とてもわかりやすい内容でした。みんなでワークする中で色々な意見を聞け、様々な物の見方をする大切さや他の人の意見を聞くことも重要なんだな、と感じました。
    • 今後、ハラスメントが起きないような職場の雰囲気作りを行っていきたい。人材育成において悩んでいることがあったが、研修でヒントをたくさんいただいた。

    ハラスメント防止研修 「パワハラ」と言われない伝え方を身につける編(半日間)

    実施、実施対象
    2018年 3月     11名
    業種
    年金・共済・健康保険
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 相手の思い・考えによりそう事が必要と感じた。
    • アサーティブは知らなかったので、考え方に活かしていきたい。
    • コミュニケーションの取り方に留意していきたい。

    実施、実施対象
    2017年 12月     53名
    業種
    運輸・倉庫
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    98.1%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 日頃から言葉遣いに注意して、相手に誤解されないようにしていきたい。また周りに仕事など辛い思いをしている人などがいたら、積極的に声掛けをしたい。
    • 何気なく声掛けしていた事があるが、接し方、言葉遣いを考えて接するようにしたい。
    • 実例を多数聞けたので、その情報を活かし気を付けていきたい。

    ハラスメント相談員研修(半日間)

    実施、実施対象
    2020年8月     42名
    業種
    サービス業(BtoC)
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    97.6%
    講師:大変良かった・良かった
    95.2%
    参加者の声
    • ハラスメントは個人の問題だけにとどまらず、組織を弱くしてしまうものだと理解できた。配下社員との信頼関係を構築するために普段から声かけをし、コミュニケーションをとるように心がける。
    • ハラスメントを発生させない環境作りが大切だと感じました。相手に寄り添ったコミュニケーションをとるように、配慮します。
    • ハラスメント防止のために管理職がすべき事がよく理解できました。常に相手の立場を考え、自分がその立場だったらどう思うかを意識して行動していきます。

    実施、実施対象
    2020年1月     43名
    業種
    非営利団体・官公庁関連組織
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    97.7%
    参加者の声
    • 相談員としての立場、対応のポイントがよく理解できました。窓口担当者として、相談しやすい雰囲気をつくっていきます。
    • 相談を受けるときにどうしたらよいか、大変参考になった。傾聴を心がけたい。相手を受容すること、応答の仕方に学んだことを活用したい。
    • これから相談件数が増えると思うので、落ち着いた態度でしっかり話を聞くところから始めていきたい。

    実施、実施対象
    2019年11月     44名
    業種
    医療
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    93.2%
    講師:大変良かった・良かった
    88.6%
    参加者の声
    • 日々、業務をしている中で、中立性を忘れがちになるので時々振り返ることが必要と感じました。ハラスメント相談を受けた時だけでなく、日々発生する問題の解決にも活かします。
    • ハラスメントの知識と具体的にどう対処するのかがわった。一つでも実践できるようにしていきたい。
    • 相談員として求められる役割を果たすため、資料に戻って演習を思い出して、ハラスメント知識、相談のためのコミュニケーションスキル能力を高めていきたいと思う。

    実施、実施対象
    2019年7月     20名
    業種
    医療
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    95%
    講師:大変良かった・良かった
    90%
    参加者の声
    • 相談のうけ方として、相手の気持ちを引き出すことが想像以上に難しく細やかな配慮が必要という事が理解できた。
    • 部下との関係性について気を付け、コミュニケーションを適切にとっていきたい。
    • 日常業務の中で起こりうるハラスメントに、アンテナを高くして慎重に対応しようと思った。

    ハラスメント防止研修 ~一般職編(半日間)

    実施、実施対象
    2020年1月     64名
    業種
    製造業(日用品)
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    87.5%
    講師:大変良かった・良かった
    93.8%
    参加者の声
    • パワーハラスメントが客観的に見て判断されるということ、本人や加害者も自覚があまりないということも再認識しました。
    • 「パワハラ」には職場環境を悪化させる行為も含まれ、本人同士が全く気にしていなくても、それを見た第三者が気分を害したらパワハラになることがあるという点が新たな発見でした。
    • 加害者にも被害者になりうる可能性が誰にでもあることを感じました。相手のことを思いやり、余裕をもって仕事をするのが大事ということを心において取り組みたいと思います。

    実施、実施対象
    2019年10月     13名
    業種
    法律・会計
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    92.3%
    参加者の声
    • 上司の視点から役立つフォロワーとして、進捗報告等工夫していきたいです。
    • 上司・後輩との関わり方を意識して、一日一日を無駄にしないよう努める。
    • 後輩とのコミュニケーションの取り方を学んだので、ハラスメントにならないよう相手の立場に立って考えることを忘れずに接したい。

    実施、実施対象
    2018年 2月     26名
    業種
    電力・ガス・水道
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 自分の職場からハラスメントが出ないように、コミュニケーションを大事にし、まず相手を思いやることを実践していこうと思います。
    • 日頃何気なくしている会話や行動がハラスメントへつながる可能性があることに気付くことができました。今後は相手の気持ちを考え、行動します。
    • これまで職場や親睦会等でそれほど意識をしてこなかったので、自身も周囲のメンバーも誰もがハラスメント関係者になり得ると意識して行動します。

    実施、実施対象
    2017年 7月     32名
    業種
    電力・ガス・水道
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    96.9%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • なんとなく感じていたことを明確化されて、今一度考えるいい機会になった。ハラスメント防止も含め、コミュニケーションがよく取れる環境は自分、部署、会社にとってもプラスになるので心がけたい。
    • 具体的な事例を用いて講義していただき、大変興味深かった。
    • 研修の内容は、日々の業務に活かせることが多く、参考になった。

    実施、実施対象
    2017年 3月     35名
    業種
    医療
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    97.1%
    参加者の声
    • ハラスメントは自分の近い場ではないと思っていました。研修の内容を聞いて、身近な部分でハラスメントは起きやすいと気づきました。
    • 非常に分かりやすかったです。今後の業務を円滑に進められるきっかけになったのではと考えております。
    • パワハラ・セクハラのグレーゾーンもパワハラ・セクハラにあたることが分かり、とても勉強になりました。

    ストップ「セクハラ・パワハラ」研修(半日間)

    実施、実施対象
    2017年 9月     64名
    業種
    電力・ガス・水道
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    93.8%
    講師:大変良かった・良かった
    93.8%
    参加者の声
    • 日頃の会話でも受け取り側にとってはハラスメントになることが分かり、気をつけようと思った。
    • 気づかないうちに加害者になっているような気がしました。今回の研修を受けることができて良かったと思います。
    • ハラスメントの種類が増えていく中で、理解を深められた。

    実施、実施対象
    2017年 8月     49名
    業種
    電力・ガス・水道
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    93.9%
    講師:大変良かった・良かった
    93.9%
    参加者の声
    • ハラスメントの種類が増えていく中で、理解を深められた。
    • 有効なコミュニケーションを取りつつ、被害者、加害者にならないようにしたいと思います。
    • 再認識できたところと、新たに認識できたところがありました。有意義に活かしていきたい。

    実施、実施対象
    2017年 7月     81名
    業種
    その他市区町村など
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    84.0%
    講師:大変良かった・良かった
    84.0%
    参加者の声
    • 日頃の言動について、改めて振り返ることができた。相手を傷つけず共に理解し合える話し方を意識していきたいと感じた。
    • ハラスメントが与える影響が非常に大きいことから、学んだ事を今後の業務に活かしたい。
    • 改めてハラスメントというものを認識することができた。

    コンプライアンス・ハラスメント防止基礎研修(1日間)

    実施、実施対象
    2020年1月     44名
    業種
    非営利団体・官公庁関連組織
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • テキストの中の「ハラスメントに当たるかどうか」のワークが、簡単そうで間違えてしまったものもあって、よく理解できました。これぐらいは、と思うことをやめます。
    • 雇用形態によって業務内容、時間を変えることがパワハラになることもあるとは思っていなかったので、臨時職員の方への対応に気をつけたい。
    • 今まで自分では気が付かないことでもハラスメントに該当すると感じたので、今後、研修で学んだことを思い出し、行動に移したいと思います。

    実施、実施対象
    2019年11月     48名
    業種
    現業系公務
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    85.4%
    講師:大変良かった・良かった
    89.6%
    参加者の声
    • 今後の業務遂行していく上で、部下に対する接し方、話し方が勉強になりました。
    • ハラスメントがあると職場の雰囲気だけではなく、組織のリスクとなることが分かった。自分、周囲からハラスメントをなくしていきたい。
    • 頭で考えていたことでも資料内の文章をよく読むと気づかなかったこと、普段の何気ない発言が実はハラスメントにつながっていることなど勉強になりました。

    実施、実施対象
    2019年10月     91名
    業種
    不動産
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    97.8%
    講師:大変良かった・良かった
    92.3%
    参加者の声
    • 日頃から業務に対する意識・行動・仕組みをチェックする習慣を身につけ、不祥事が発生しない職場づくりを実践していきたい。
    • 日々のメンバー間のコミュニケーションを重視し、本日学んだことをアクションプランに落とし込み、実行する。
    • 自分ではなかなかコンプライアンスについて考える時間を作ってこなかったので、今回の研修を受講して気を引き締めるということができて良かった。

    セクハラ・パワハラ研修 ~損害と社会的責任の理解編(1日間)

    実施、実施対象
    2018年 2月     68名
    業種
    製薬
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    98.5%
    参加者の声
    • 自分が考えていた以上に些細なことがハラスメントになることを学んだ。普段の言動に気をつけていきたい。
    • コミュニケーションを雑にしないことはハラスメントだけではなくメンタルヘルスにもつながることを認識できた。
    • 職場で留意するポイントなどが明確であった。適切な指導ができるよう、また周囲の変化に気をつけて生かしていければと思う。

    実施、実施対象
    2017年 7月     33名
    業種
    介護・福祉
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    93.9%
    講師:大変良かった・良かった
    81.8%
    参加者の声
    • 自分ではハラスメントはしていないと思っていたが、再度細かい部分で振り返り確認していきます。資料も保存版とします。
    • 自分がハラスメントを起こさないように注意していくと共に、部下・同僚・上司とのかかわり方を再度見直しハラスメント防止を伝え、意識を高めていきたい。
    • 自分の考え方、相手の考え方、発想などを常に考えながら仕事に取り組むことが大事だと思いました。

    実施、実施対象
    2017年 1月     38名
    業種
    医療
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    94.7%
    参加者の声
    • 自分の何気ない言動がどのように他者に伝わるかということを改めて考えさせられました。思いやりをもって行動していきたいです。
    • 自分の言動がまさにハラスメントである事例があり、ハッとする内容でした。すべては円滑なコミュニケーションから始まると考え、心掛けて参ります。
    • 細かい基本的なことをおろそかにすると大事になるということは大変よく理解できた。反省する点も多いので参考にします。

    セクシュアルハラスメント研修 ~職場環境悪化を防ぐ編(半日間)

    実施、実施対象
    2018年 2月     30名
    業種
    製薬
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    90.0%
    講師:大変良かった・良かった
    86.7%
    参加者の声
    • 社内外でハラスメントを防止し、トラブルを防いでいきたい。
    • ハラスメントを「しない」「させない」を意識していきたい。
    • セクハラ・パワハラについて、これまで間違った言動をしていたことを知る良い機会となりました。今後は意識して自分の取るべき行動を考えていきたいです。

    実施、実施対象
    2017年 8月     19名
    業種
    情報通信・ITサービス
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    94.7%
    参加者の声
    • 初めて勉強することでした。言葉自体は知っていても、内容は知らない事が沢山でした、すごく分かりやすかったです。
    • 非常に分かりやすかったです。普段意識せず行動することが多かったため、自分の行動や発言をもう少し考えてから行いたい。
    • 特定の状況に偏ることなく事例も交えての内容だったので、非常にわかりやすかったです。

    実施、実施対象
    2017年 8月     26名
    業種
    サービス業(BtoC)
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    96.2%
    参加者の声
    • 今までハラスメントについて学ぶことがなかったので、興味を持って聞いた。話がわかりやすかった。
    • ハラスメントに対する対応、相談への対応等がわかったのでとても良かったです。
    • 自分の発言や態度のひとつひとつに気をつけて、部下やその他の方にも誤解のないように努力が必要だと思いました。

    ハラスメント防止研修(半日間)

    実施、実施対象
    2017年 11月     40名
    業種
    その他市区町村など
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    95.0%
    講師:大変良かった・良かった
    92.5%
    参加者の声
    • 自分の中では意識できていなかったことに気付くことができた。職場で誰もがやっている内容もあり、考える機会になった。
    • 自分の物差しで相手に価値観を押し付けないなど、自分の行動を振り返って改善すべきことに気付いたので、意識して改善していきたいと思った。
    • ハラスメントに関する理解が深まった。部下や自身の言動に注意を払っていきたいと感じた。

    実施、実施対象
    2017年 8月     29名
    業種
    電力・ガス・水道
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    96.6%
    講師:大変良かった・良かった
    96.6%
    参加者の声
    • 内容が理解しやすかったです。ハラスメントに対して、今までの自分の認識が甘かったと気がつきました。
    • 自分が加害者にも被害者にもなる可能性があることを強く感じました。
    • ハラスメントは他人ごとと思わず、ハラスメントの芽になるものは、自分も積極的に取り除いていく必要があると感じた。それが、良い会社の環境づくりの力になると感じた。

    実施、実施対象
    2017年 7月     65名
    業種
    電力・ガス・水道
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    98.5%
    講師:大変良かった・良かった
    95.4%
    参加者の声
    • 具体的な事例が多く分かりやすかったです。
    • 誰にでも加害者になりうるとのことが、よくわかりました。
    • 知らない間に相手に対してイヤな思いや苦痛を与えてハラスメントに発展することがないように注意していきたい。

    セクハラ窓口担当者研修(1日間)

    実施、実施対象
    2017年 11月     34名
    業種
    人材・教育サービス・BPO
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    97.1%
    参加者の声
    • 今まで無意識に聞いていた事も、相手にはどんな意図があってその話をするのか、というような言葉の裏側まで把握しようとする意識が大切なのだと思いました。
    • 相手の心情や背景にもっと心を向けて、丁寧な対応を心がけていきます。
    • すごく分かりやすかった。自分が今までやってきた応対の良かった点とできていなかった点がわかったので、今後の応対に活かしていきたい。

    実施、実施対象
    2017年 8月     61名
    業種
    非営利団体・官公庁関連組織
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    96.7%
    講師:大変良かった・良かった
    93.4%
    参加者の声
    • 相談担当者としての姿勢について学ぶことができ有意義でした。
    • 実際の相談はなくてもハラスメントになっていないかという目でみていきたいです。
    • ロールプレイングで看護師役となり、話す方の立場がよくわかりました。聞く方だけではなく話す人の思いを感じることができ、大変勉強になりました。

    セクシュアルハラスメント防止研修 ~コミュニケーション編(1日間)

    実施、実施対象
    2017年 10月     38名
    業種
    サービス業(BtoC)
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    97.4%
    講師:大変良かった・良かった
    92.1%
    参加者の声
    • 若い社員との世代ギャップが広がりつつある中、注意すべき点の内容も変わってきていることが理解できた。注意していきたい。
    • まずは本日の内容を部のメンバーに理解してもらい、部全体としてハラスメント防止の意識を高める。
    • 自分はないと思っていたが、当てはまることも多かった。無意識に行う言動に注意したい。

    実施、実施対象
    2017年 3月     23名
    業種
    学校・学校法人
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    95.7%
    講師:大変良かった・良かった
    91.3%
    参加者の声
    • 自身のハラスメントに対する認識と講師との考え方とで比べられて良かった。
    • 個人的に気をつけること、相談を受けた際の参考にすること、社会に出る学生にアドバイスすることなど、活かしていきたい。身につけておくべき「常識」として、学べたことがよかった。
    • 自分、そして相手を守れるように、組織としてよりよい環境作りができるように心がけていきたい。

    実施、実施対象
    2017年 2月     78名
    業種
    その他市区町村など
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    93.6%
    講師:大変良かった・良かった
    97.4%
    参加者の声
    • 自分の何気ない言動が相手の受け取り方でセクハラになることが分かった。
    • 日頃からコミュニケーションを取り信頼関係を築いていきたいと思います。
    • ワークを通していろんな人の意見や考え方を聞くことができ、共有できる機会となりました。

  • 時代は変わり、今までと一緒の価値観、意識ではいけないことが分かりました。(2016年6月/製造業(電気機器・機械))
  • 日頃意識せずにしている話し方や態度でもハラスメントになりうるということが分かり、設問や説明も分かりやすかった。コミュニケーションを取るように気をつけているが、相手が不快にならないよう、必要な苦言を上手にしていくようにします。(2015年12月/自治体)
  • これまでセクハラ、パワハラ対応研修をきちんと受けたことがなかったので、とても勉強になりました。自分が受けるという意味だけではなく加害者になる可能性もあるということに改めて気づかされました。(2015年3月/官公庁関連団体・組織)
  • 今回の研修会で、パワハラに対する意識が変わりました。自分自身が感情に流されて指導等を行ってはいけないことがよく分かりました。叱り方のポイントもよく分かりました。部下とのコミュニケーションをよく取ってパワハラを起こさないように今後も努めたいと思います。(2015年2月/自治体)
  • セクハラやパワハラ等難しい内容だったのに、講師の方のお話が分かりやすく面白かったので、楽しく聞いて覚えられました。セクハラやパワハラは気づかないうちに自分もする可能性があるかもしれないし、相手の心で感じることなので、気をつけていきたいと思います。ありがとうございました。(2015年2月/不動産)
  • 「人は育てられたように人を育てる」という言葉は世代間ギャップと関連していると思います。自分自身は指導と思っていることでもパワハラと受け止めてしまっている場合をいつも頭の中に入れておきながら今後の後輩の指導に努めていきたいです。(2014年11月/自治体)
  • 今までの自分が思っていた事以外の事についてのハラスメント内容が有り、反省する点もあり勉強できました。職場環境が重要であり、自己の言動に注意していきたいと思います。(2014年10月/鉱業)
  • ハラスメントは、どの職場でもおこりうる事なので、未然に防止する意味でも、話しやすい雰囲気、相談しやすい環境、あるいはハラスメントなど間違ったことをしている人に対してきちんと指摘できる風土などを整えていくことが、当たり前であるけれど、重要であることを再認識した。(2014年10月/官公庁関連団体・組織)
  • 今まで、パワハラ等自分が受ける側だと思っていたが、加害者の側にも回るかも知れないことに注意していこうと思います。( 2014年8月/ 年金・共済・健康保険)
  • 主観的、客観的に自らの立場および他の方の立場について考える良い機会になりました。被害者側立場だけでなく、加害者側についての考えを知ることができ、有益だったと思います。ありがとうございました。(2014年8月/官公庁関連団体・組織)
  • あらためて普段の自らの行動をみつめ直して部下を含め一緒に働く人たちに嫌な思いをさせてないか考えてみたい。今後パワハラがおきて悩む者がでてこないようにコミュニケーションを多くとり、よく感心をもって接していきたい。(2014年7月/製造業)
  • 日頃何気ない職場でのスタッフとのやりとりの中で、パワハラとセクハラ、およびハラスメントの視点で考えることができた。今後の自己の行動に活かしていきたい。Iメッセージを日頃から使うようにしているが、改めてそのIメッセージの大切さを感じた。ハラスメントを生まない職場作りを目指して日頃から部下とのコミュニケーションを大切にしていきたい。(2014年7月/ 製薬・医療・介護)
  • 事例をとりあげながら話していただいたり、グループ討論をしながら進めていただいたのであっという間に時間が過ぎ、合わせてハラスメントについて改めて再認識ができました。ハラスメントを起こさない土壌づくりが大切であり、今後も行っていくべきだと感じました。今日はありがとうございました。(2014年7月/自治体)

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!