loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキング研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

仕事に役立つ論理的思考力を身につけるには

論理的思考力を身につけるための充実のラインナップ

ロジカルシンキングとは論理思考或いは論理的思考と訳されます。一貫していて筋が通っている考え方であり、自分の考えや複雑な問題を客観的に見つめ、矛盾や飛躍なく筋が通るよう整理することを指します。

ロジカルシンキングができるようになるとどのようなベネフィットがあるのでしょうか。まず、一つ目はコミュニケーションです。相手の意見を正確に理解する理解力、自分の主張を的確に伝える能力が向上します。簡単に言うと「説得力」が上がり、コミュニケーションが円滑に行えるようになります。もうひとつは問題解決能力の向上です。問題を表面だけで判断してしまうと、そこから導き出される解決策も根本的な解決策とはなり得ません。ロジカルシンキングを活用し、なぜその問題が起きているのかを突き詰めて考えることで、問題を表面的にではなく本質的に捉え、根本原因を特定しやすくなります。

ロジカルシンキングは思考法です。フレームワークなどの知識を得るだけでは、習得したということになりません。インソースのロジカルシンキング研修は演習に多くの時間を割きます。これにより、自分の頭の中に論理的思考法が身につき、自然に使えるようになります。最終的には実際のビジネスの現場においても活用できるレベルを到達目標にしています。


ロジカルシンキング研修のポイント

実践を繰り返し、思考方法を身につける

最初のステップとして、ロジカルシンキングの思考方法を確実に身につけることが重要です。インソースの基本となる「ロジカルシンキング研修」は代表的なフレームワークを学ぶと同時に、その思考方法を自分のものとするため、実践的な演習に6割の時間を費やします。また、それらの演習は具体的かつ身近なテーマで構成されており、無理なくロジカルシンキングを身につけることができます。

次に、他の思考方法も併せて習得する

次のステップとして、習得した論理的思考に幅を持たせるために、他の思考方法を併行して習得します。例えば、批判的思考と呼ばれる「クリティカルシンキング」、これを習得することにより、ありのままを受け入れず、現状を「疑う力」を身につけることができます。或いは水平思考と呼ばれる「ラテラルシンキング」、これを習得することにより、新しい発想を生み出すための柔軟な考え方を鍛えることが可能となります。これらの思考方法を身につけることにより、ロジカルシンキングによって得た自身の判断の正誤の再認識を行い、課題を的確に認識する能力を高めることができます。

最終的に、ロジカルシンキングを活用する実務スキルを身につける

ロジカルシンキングを実際のビジネスの現場で活用するには、交渉力や伝達力、問題解決能力など様々なスキルを身につける必要があります。例えば、根拠を伴う論理的思考をベースとした説得力ある文書が作成できることや論理的な図解表現を伴う文書表現ができること。同時にそれらを使って、相手に分かりやすい説明やプレゼンテーションができることが重要です。また、ロジカルシンキングにより、組織の問題を的確に認識し、原因を追求し、問題を解決できるようになれば、完全にロジカルシンキングを実務で応用できていると言えます。


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

ロジカルシンキング研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!