2020年度の求人情報提供サービス市場規模は4150億円、前年度比45.9%減

2022年2月28日

2020年度の求人情報提供サービス市場規模は4150億円、前年度比45.9%減

2020年度の求人情報提供サービスの市場規模は4150億円で前年度比45.9%減となったことが、全国求人情報協会の集計で明らかとなった。

求人情報提供サービスの市場規模は2018年度まで増加していたが、2019年度に減少に転じ、2020年度はさらに落ち込んだ。

【市場規模の推移】
2015年度 7402億円
2016年度 7954億円
2017年度 8530億円
2018年度 9528億円
2019年度 7669億円
2020年度 4150億円

なお、ソーシャルリクルーティングやアグリゲーター、クラウドソーシングといった新形態サービスの市場規模は、この数字には含まれておらず、2020年度は1886億円で前年度比69.1%増となっている。

2021年の年間求人広告掲載件数は、職種別件数合計で1089万209件(前年1143万1302件)で、前年比4.7%減少した。

求人広告掲載件数は4月まで前年同月比マイナスが続いたが、5月以降はプラスに転じている。

雇用形態別では「正社員」が前年度比プラスとなったものの、全体の7割を超える「アルバイト・パート」の伸びが鈍く、「人材派遣他」とともにマイナスとなった。

掲載件数上位10職種では「専門(医療・福祉専門職)」(32.3%増)、「生産工程」(30.3%増)、「サービス(医療・福祉サービス)」(5.5%増)、「事務」(3.6%増)、「運搬・清掃・包装等」(3.1%増)が増加した。

一方、「サービス(給仕)」(18.2%減)、「販売(販売)」(16.8%減)、「サービス(接客)」(14.0%減)、専門(教員・講師・インストラクター)(13.1%減)、「サービス(調理)」は減少した。

これを正社員だけでみると、「生産工程」(88.2%増)、「専門(医療・福祉専門職)」(45.6%増)、「専門(技術者・研究者)」(34.8%増)、「建設・採掘」(29.6%増)、「販売(営業)」(29.3%増)、「事務」(22.3%増)、「運搬・清掃・包装等」(12.2%増)、「サービス(医療・福祉サービス)」(10.6%増)が増加した。

一方、「サービス(給仕)」(45.8%減)、「販売(販売)」(6.2%減)は減少した。

調査は、2021年10月、求人広告を印刷・WEB 等の自社メディアに掲載して提供する事業者とSNS等により求人等の情報サービスを提供する事業者663社を対象に郵送で実施し、140の有効回答を得た。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

人事のお役立ちコンテンツ

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。