株式会社インソース代表・舟橋が語ります オフィス節電プロジェクト

オフィス節電プロジェクト[6] クールビズ早期導入の節電効果

06

節電プロジェクト[6] クールビズ早期導入の節電効果

もう、早いもので5月に入りました。だんだん、世の中も節電が得意になってきたような気がしています。蛍光灯の抜き方も上手になり、極端に暗いお店とかは減っている気がします。また、少し暗いのに目が慣れてしまい、燦々と明るい場所にいくと目がくらくらしてしまうようになってきました。環境への順応は早いですね。節電が当たり前になれば、夏の電力逼迫は杞憂に終わるかも知れません。

5月1日からクールビスを導入しました!

インソースでは、5月1日より、「クールビズ」にいたしました。昨年は7月からクールビズを導入しましたが、今年は2ヶ月早いスタートになりました。服装で温度を調節するのは、原始的ですが確実な方法だと思います。業務改善として節電を実施していますので、効果を考えてみました。

クールビス効果を予測① まずは社内のエアコンの数を数える

まず、本社内でエアコンの数を数えてみましたところ、24台あることがわかりました。この24台は、機器により使用頻度が異なります。だいたいの利用状況は以下の通りです。

  • オフィス用冷暖房用エアコン:冷房時必要電力 2KW/時
  • 執務スペース:ほぼフルタイム利用されている 15台
  • 会議室・セミナールーム:だいたい5割程度利用されている 9台
  • 昨年の室温設定:25度ぐらい

このうち、「執務スペース:ほぼフルタイム利用されている 15台」について、稼動が減った場合の削減電力量を計算してみました。

 

削減できる電力量

すべてのエアコンについて、今より温度設定を1度程度上げることができると考えます。実は、室温を1度上げると、10%も電力削減が可能と言われているんですよ。
[出典:財団法人省エネルギーセンター(PDFで開きます)]

そうすると、計算式は以下のようになります。

2KW×15台×10%=3KW/h

1時間あたり、3KW(キロワット)も削減できることがわかります。

 

クールビスで削減できる電力量・電気代(5月~9月)想定

それでは次に、削減できる電力量と電気代を見ていきます。

3KW×8時間×5ヶ月×20日=2400KWh
→2400KWh×20円=約53千円

なんと、5~9月の5ヶ月で、約5万3千円も節約できるはずです。とは言え、実際に測定してみないと正確には分かりません。乞うご期待を!

オフィス節電プロジェクト 記事一覧へ


今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修