4年連続で就職が離職を上回る

2018年1月26日

4年連続で就職が離職を上回る

新しく就職した人の割合が離職した人の割合を4年連続で上回ったことが、厚生労働省が発表した2016年の雇用動向調査結果で分かった。

2016年の1年間の入職者は767.7万人(年初の常用労働者数に対する割合15.8%)、離職者は726.4万人(同15.0%)。この結果、事業所の新設や閉鎖等の影響を除き、常用労働者数は41万人の増加となった。

これを就業形態別に見ると、一般労働者は入職者424.2万人(年初の常用労働者のうち一般労働者の人数に対する割合11.6%)、離職者418.5万人(同11.4%)で、一般労働者は5.7万人の増加となった。

一方、パートタイム労働者は入職者343.4万人(年初の常用労働者のうちパートタイム労働者の人数に対する割合29.0%)、離職者307.9万人(同26.0%)で、パートタイム労働者は35.5万人の増加となった。

前年に比べ、入職率(15.8%)が0.5ポイント低下、離職率(15.0%)は同水準、入職超過率(0.8ポイント)は縮小した。4年連続で入職超過となっているものの、ここ2年は超過率の縮小が続いている。

入職者を職歴別にみると、転職入職者は477.8万人(前年502.8万人)、未就業入職者は289.9万人(同272.1万人)で、転職入職率は9.9%(同10.6%)、未就業入職率は6.0%(同5.7%)となった。3年連続で10%を超えていた転職入職率は4年ぶりに10%を割り込んだ。

入職者が多かった産業は、宿泊業・飲食サービス業(146.5万人)、卸売業,小売業(136.3万人)、医療,福祉(104.0万人)。

離職者が多かった産業は、宿泊業,飲食サービス業(137.3万人)、卸売業,小売業(123.6万人)、医療,福祉(97.3万人)で、入職者が多い産業は離職者も多かった。

入職超過となったのは16産業のうち11産業(前年13産業)となっている。

【産業別入職率・離職率】
鉱業・採石業・砂利採取業 入職率9.4%、離職率11.7%
建設業 同7.9%、同7.7%
製造業 同9.2%、同11.4%
電気・ガス・熱供給・水道業 同6.8%、同6.8%
情報通信業 同12.7%、同10.2%
運輸業・郵便業 同12.2%、同12.3%
卸売業・小売業 同15.5%、同14.0%
金融業・保険業 同10.0%、同9.4%
不動産業・物品賃貸業 同16.1%、同11.5%
学術研究・専門・技術サービス業 同19.1%、同13.4%
宿泊業・飲食サービス業 同32.0%、同30.0%
生活関連サービス業・娯楽業 同24.1%、同20.3%
教育・学習支援業 同17.4%、同15.0%
医療・福祉 同15.8%、同14.8%
複合サービス事業 同7.6%、同7.7%
サービス業(他に分類されないもの) 同19.5%、同19.1%

調査は、上半期調査9947事業所、下半期調査9444事業所から回答を得た。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

人事のお役立ちコンテンツ

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • 研修担当者の虎の巻

    はじめて研修担当となる方向け
    「研修の手引き」

    「そもそも研修ってどういうもの」「担当になったら何からやるの」など、研修ご担当者になったらまずは読んでいただきたい内容をまとめてご紹介しています。

    今すぐダウンロード

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。