2017年の希望・早期退職募集が5年ぶりに前年増、事業の

2018年1月30日

2017年の希望・早期退職募集が5年ぶりに前年増、 事業の"攻め"の構造改革進む

東京商工リサーチの調査によると、2017年に希望・早期退職者を募集した上場企業は25社で、5年ぶりに前年を上回ったことが分かった。

2017年に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業数は前年の18社から7社増加した。「人手不足」が深刻さを増す中で、希望・早期退職者を募った上場企業数が5年ぶりに前年を上回った。

2017年に希望・早期退職者募集を実施した上場企業数が前年を上回ったことについて東京商工リサーチは「業績不振から人員削減に踏み切った企業に加えて、業績が好調な時に将来のビジネス展開を見据えて既存事業の構造改革を進めるといった、"攻め"のケースも増えていることによる」と指摘した。

さらに、「有効求人倍率が高水準に推移し、転職が比較的容易になった雇用環境の緩和も組織スリム化の追い風になっていることも見逃せない」としている。

募集人数は3087人で、前年(5785人)から減少した。

2000年以降で募集企業が最も多かったのは2002年の200社で募集人数も過去最多の3万9732人、次いでリーマン・ショック後の2009年に191社(募集人数2万2950人)。 円安が進行して大手企業の業績が好転した2013年からは減少傾向をたどり、前年は調査開始以来最小の18社にとどまっていた。

2017年の募集企業25社を産業別に見ると、日立国際電気、ジャパンディスプレイ、ウシオ電機など電気機器が8社で最多だった。次いで小売が3社で続いた。

個別企業で募集人数が最も多かったのはニコン(グループ会社を含む)の1000人(募集)。次いで、スズケン(グループ会社を含む)の350人、みらかホールディングス(グループ会社を含む)の350人、ジャパンディスプレイの240人、スリーエフの180人など。

募集(応募)人数が100人以上になったのは8社で、前年と同数となった。

東京商工リサーチでは今後の動向について、昨年秋のメガバンク3行による店舗の統廃合や人員スリム化方針の公表に注目して「今後も業績にかかわらず、企業競争力を高めるための人員の適正化や、新たな事業参入に向けた既存事業の見直しなど、次の事業展開を視野に、人員削減に踏み切る企業が続く可能性もある」と指摘した。

同調査は、1月18日公表分までの資料に基づき、2017年に希望・早期退職者募集の実施を情報開示、具体的な内容を確認できた上場企業を抽出している。

配信元:日本人材ニュース

関連サービス

無料PDF資料 人材育成、成功のコツ

  • ウィズコロナ時代の教育とオンライン研修のコツ

    2020年度 社内教育のご紹介
    ~コロナ禍での全社階層別研修

    今すぐダウンロード

  • 主体的に判断し、行動できる強いリーダーの育成

    ジャパン・ソリューション推進冊子
    「ENERGY vol.2 夏号」

    今すぐダウンロード

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修